展示会開催趣旨
 ものづくりにおいて、従来の資源活用技術だけでなく、生物多様性の保全と持続可能な利用を両立した新たな発想での技術開発が求められている。
 本展示会は、生物が持つ特異な構造と、それらが有する様々な機能を模倣した、省エネルギー・省資源型ものづくりとして注目されている「次世代バイオミメティクス」と「ネイチャーテクノロジー」等に関する研究成果、製品等の展示コーナーを会場内に設け、その技術紹介、商談等と技術情報交流の促進を目的として開催する。
出展対象

バイオミメティクス、ネイチャーテクノロジーに関する「ロボット」「塗料、粘着素材」「化粧品・洗剤」「衣料用素材」「建築部材」「エレクトロニクス素材」「光学材料」「食品」「関連する測定・製造機器、開発支援ソフト」「大学等研究機関の成果」 他

来場対象 (併設展示会と合わせ、来場者述べ4万人予定)
繊維、建築、輸送用機器、エレクトロニクス、メカトロニクス、環境、ライフサイエンス・食品分野などの材料利用技術者、製品設計者、加工技術者、購買担当者 等
開催概要
会   期 2012年11月14日(水)〜16日(金)10:00〜17:00
会   場 東京ビッグサイト展示場西ホール ものづくりNEXT↑展示会場内
(東京都江東区有明 3-11-1 TEL 03-5530-1111(代表))
主  催 一般社団法人日本能率協会
共  催
(予定)
バイオミメティクス研究会 ネイチャーテック研究会 エアロ・アクアバイオメカニズム学会
バイオテンプレート研究会
展示規模 併設展示会と合わせ300小間(予定)
出展小間料 105,000円(特別料金/小間単価、消費税5%含)
*小間サイズ(間口1.98m×奥行1.98m×高さ2.7m)
*料金に含まれるもの
 システムパネル、床面カーペット、パラペット、社名サイン、受付カウンター、パイプイス、貴名受
 
ページトップに戻る