日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール
様専用ログアウト

インタビュー イカリソース株式会社 様

経営企画から人事、各種研修企画を統括されている、執行役員総務部担当の佐藤有亮様にインタビューを行いました。

(2018年9月発行のJMA関西便り2018秋号より  ※部署・役職・インタビュー内容はすべて取材当時のものです)

土台づくりは人材づくりから=社員が育つ環境づくりのための取り組み=

イカリソース株式会社インタビューjpg1

―社員教育の必要性とはなんでしょうか―

 社会人として必要な能力や常識をしっかりとマスターし、業績につなげてほしいと考えています。企業としての目標を達成するために研修が必要だと認識しています。日本能率協会の研修には多大なお力になってもらっています。

―管理職研修で学んでほしい点とは?―

 一般社員から管理職になるときは、会社員にとって大きな節目に当たります。「新入社員研修」と「管理能力開発コース」、この2つは必ず押さえておくべきだということで、もれなく毎年派遣しています。他には毎年昇格者がいるわけではないのですが、部門長の研修も何回か派遣しています。

 節目を大事にしてきたのは、社風が関係していることが非常に大きいと思います。私自身が「管理能力開発コース」を受講し、研修の内容がとても良かったので、日本能率協会の研修には今も良いイメージを持っています。そのため、自信を持って社員を研修に送り出すことができています。参加者たちは研修仲間で集まり、懇親会みたいなものもやっているようです。

 やはり、マネジメントで人を動かすことが、管理職として最も大事であり、部下に対する心配りや互いに信頼し合うことを大切にすべきだと感じています。管理職に昇格すれば、それまで以上にお客様目線になることも重要になってきますし、特に管理職になりたての方は今まで1プレイヤーだったのに、他者の仕事ぶりを見なければならず、自分自身の行動そのものを変えていかなければいけません。会社の仕事というものは人に動いてもらわなければどうにもなりませんが、優秀な人材でもやり方が分かっていないこともあるでしょう。ですので、何年かおきに定期的に研修をするのは良いことだと感じています。

―新入社員研修に期待するところは?―

 社会人になってこれから仕事を始めるわけですから、責任を持つことと指示された仕事を間違えずに効率よくこなすことを学んできてほしいと考えています。具体的には社会人としてのマナーや共通意識、規律、規範を守ることなどです。それと業務を遂行するスキルの習得も欠かせません。どれも社会人として基本的な部分になりますが、そこをしっかりと学んでほしいですね。

―高卒向け新入社員研修についての評価は?―

 生産部門は製造業にとって最も重要な心臓部分ですから、この辺りも新入社員のときからしっかりと学んでおいてほしいと考えました。言い方として悪いかもしれませんが、大卒と高卒を一緒に研修させることには、以前から疑問を感じていました。この年頃だと、高卒と大卒の差がすごく大きいと思います。ですので、高卒に限定した研修に参加させることができて良かったと思います。研修もしっかりと的を射た考え方(内容)であったと満足しています。

―今後の課題は?―

 研修に参加するだけではなく、帰ってきたあとで検証し、1人ひとりの能力を十分に発揮できるような形にしたいと考えています。優秀な人材を採用しても教育をできなかったら、その人材の能力を十分に発揮することができません。教育をして会社の業績につながるようにしたいと思いますが、なかなか難しいです。研修派遣を通じて人材育成・社員が育つ環境づくりに取り組んでいきたいと思います。

イカリソース株式会社インタビューjpg2
左:執行役員総務部担当 佐藤有亮様 右:総武部長 東村浩直様

【会社概要】

会社名
イカリソース株式会社
本社所在地
大阪市福島区福島3-14-24
代表者
代表取締役社長 石垣 幸俊
従業員数
96人
設立
昭和60年11月25日(創業/明治29年2月20日)
製造品目
ソース類、ドレッシング、トマト加工品、たれ類、味付けごま、その他調味料
ページトップへページトップへ