2019 計装制御技術会議

HOME

プラントショー

プログラム

10月29日(火)
10:00~17:00
(敬称略) スピーカ チェアパーソン パネリスト
S1
50周年「ものづくり・計装の未来を語ろう」
橋本 芳宏
名古屋工業大学 社会工学科 教授
開会挨拶
山下 善之
東京農工大学 大学院 工学研究院 教授
特別講演① 計測で始まり、制御で締めるSociety 5.0
  • 計測制御とSociety 5.0
  • 物からサービス、通信で変わる計測制御
  • Cyber Physical System(仮想と現実の融合)とAI(人工知能)で変わる計測制御
新  誠一
電気通信大学 情報理工学研究科
特別講演② 世界標準、認証基準から見える計装制御技術の50年と今後
  • SIS、HSE(Health, Safety and Environment)
  • 制御システムセキュリティ/制御セキュリティ/安全セキュリティ対策
  • AI、データモデル/情報モデル(Companion Specification)
村上 正志
㈱ICS研究所 代表取締役社長
昼休み (12:10~13:10)
特別講演③ 化学工場におけるデジタルトランスフォーメーションへの取り組み
  • DX-PLANTの取り組み経緯
  • DX-PLANTの運用例紹介
  • DX-PLANTの今後の展開
坂田 英二
東洋エンジニアリング㈱ 事業開発本部本部長代行/IoT推進部 部長
特別講演④ 化学プラントにおけるスマート化の展望
  • 化学産業を取り巻く環境変化と課題、その解決にはICT技術の活用が不可欠である。
  • AIは万能ではない。ICTで全ては解決できない。人の役割はどう変わっていくのだろうか。
  • スマート化は省力化を加速するものではなく、人間の能力を引き出す手段である。
松尾 英喜
三井化学㈱ 代表取締役専務執行役員(CTO)
パネルディスカッション 
「この10年の変化を顧みながら将来を語る」
村上 正志
㈱ICS研究所 代表取締役社長
山下 善之
東京農工大学
橋本 芳宏
名古屋工業大学
小谷野 寛之
日揮㈱
源吉  聡
横河電機㈱
川津 公志
ライオンエンジニアリング㈱
及川 真里
味の素㈱
鏑木 健太
出光興産㈱
鈴木 龍一
㈱日立ハイテクソリューションズ
 計装制御技術会議が50周年を迎えました。その記念会議の最初のプログラムとして、この会議の企画運営に長年携わっている新先生と村上氏から、これまでの50年を振り返るとともに、今、取り組むべき課題とこれからの時代変革に適応できる計装制御技術に資する展望をご講演いただきます。そして、化学産業で先端的な取り組みをされている二社から、その取り組みと将来展望をご紹介いただきます。その後、企画委員による「この10年の変化を顧みながら将来を語る」パネルディスカッションを企画しています。ぜひフロアーからも積極的に発言していただき、一緒にこれからの計装制御技術を考えましょう。
【橋本 芳宏/名古屋工業大学】
(注)テーマ、スピーカ等が若干変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。