「企業と情報セキュリティ」特別セミナー

※このセミナーについては受付を終了しておりますが、ご参考までに内容を表示しております。

開催にあたって


本セミナーは、経営レベルで情報セキュリティの課題にどのように対処していくか、その見識を深めていただくことを目的として開催いたします。学識経験者と専門家からなる講師陣より、問題提起と今後の方向性について示唆をいただきます。多数のご参加をお待ち申し上げます。

ご参加者特典

先端のデータセンター見学会(11月下旬予定)へご招待

開催概要

対 象


企業の情報セキュリティ管理または
リスク管理に携わる役員、管理者、担当者

開催にあたって


機密情報の管理、個人情報の適正な取扱い、標的型攻撃など外部脅威への対策、社内外の不正抑止等、企業が情報漏えいのリスクに対処していく上では、業種を問わず共通の課題が見受けられます。また、国内においても大規模災害が記憶に新しいことから、有事の際の事業継続の確保は経営課題の一つとして再認識されているところです。こうした企業の情報セキュリティ対策では、技術的対策・物理的対策・人的対策といった側面から、経営資源を配分しながら投資対効果で判断がされています。しかし、何をどこまで対策を実施すれば十分と言えるのか、また、予防的処置が行き過ぎることで事業活動を過度に制約していないか等、実務担当者の悩みは尽きません。企業経営においては、こうした現場の課題を踏まえながら、適切な対策をしていくことが求められます。
本セミナーは、経営レベルで情報セキュリティの課題にどのように対処していくか、その見識を深めていただくことを目的として開催いたします。学識経験者と専門家からなる講師陣より、問題提起と今後の方向性について示唆をいただきます。多数のご参加をお待ち申し上げます。

プログラム


基調講演 10:20~12:00


人間と組織から考える情報セキュリティ対策の本質
組織のセキュリティ文化のあり方、セキュリティ教育・訓練の有効性を高めるには

講 師: 内田 勝也 氏 情報セキュリティ大学院大学 名誉教授 博士(工学)、元 横浜市役所 情報統括補佐監(CIO補佐監)

セキュリティ事故では、人的要因が大きな割合を占めると言われます。最近は、標的型攻撃など End Poin(t 利用者)への攻撃が盛んになっています。人為ミスや故意に起因した事故の再発防止策として、しばしば「社員の意識向上」、「ルールの再教育・順守」、「管理体制の強化」などが挙がります。このような問題解決への取組みにおいては、セキュリティ技術だけでなく「人間の脆弱性」を見据えていく必要があります。情報セキュリティ心理学から得られた知見では、ヒューマンエラーの発生と対策、要員の教育訓練や行動規範のあり方など、人や組織面からのアプローチが肝要であることが指摘されています。また、「人間は弱いものである」という「性弱説」の考え方や、組織的に事故への抑止力を高めるセキュリティ文化の醸成など、企業の活動に取り入れるべき視点が数多くあります。


特別講演 13:00~14:30


激変するクラウドはITリスク対応をどのように変えるのか、その経営へのインパクトを探る

講 師: 山口 大輔 氏 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 ビジネスソリューション推進部 エグゼクティブコンサルタント

いまや事業プロセスは情報システムなくしては成り立たたず、クラウドコンピューティングの激変により、その情報システムの前提が従来とは全く別のものになっていることを、経営者は認識する必要があります。情報セキュリティの脅威は、内部(組織内からの情報漏えい)と外部(外部からの攻撃)に分類されますが、組織内外の境目のないクラウド環境へ移行することで、新たなリスクが生じることを認識しなければなりません。その一方で、企業の事業課題の解決にクラウドが大きな貢献をしていることも注目されます。例えば、事業活動の基盤・インフラとなるIT-BCP(情報システムの事業継続計画)は、クラウドへの移行が一定の解決策となりつつあります。また、ISMSを始めとする第三者認証(監査)にも、クラウド環境下においては新たな視点が取り入れられていくことが予想されます。


特別講演 14:45~16:30


経営課題としての情報セキュリティ 経営者が認識すべき三原則とは

講 師: 荒木 吉雄 氏 APRIS Management 代表 プライバシー・リスク・情報セキュリティ コンサルタント 
     (元)日本アイ・ビー・エム(株)チーフプライバシーオフィサー(CPO)、(元)特定非営利活動法人 個人情報保護有識者会議 理事長

企業経営におけるセキュリティやプライバシーへの脅威に対して、経営者のリーダーシップの下で、どのようにリスクマネジメントをするべきか解説します。情報セキュリティ対策は、企業内で情報システム部門だけが取り組む仕事とするのではなく、経営層が自ら組織全体として取り組む姿勢を示す必要があります。セキュリティ事故から事業活動の停止や法令違反に至ると、経営への影響は不可避です。経営層はセキュリティへの投資は企業価値を維持するために必要不可欠であるという認識を持つだけでなく、その投資にも不確実さが伴うことを踏まえた上で、自社はどの程度までリスクを受容していくかといった判断も求められます。また、系列企業やサプライチェーンのビジネスパートナーを含めた平時からの対策とコミュニケーションにも万全を期すことが大切です。


データセンター見学会 本セミナー参加者限定(定員8名様)


求められる事業継続性、クラウドを支えるインフラの現場を知る
2016年11月下旬予定(1日間)  15:00~16:00 *現地集合14:30

解 説:山口 大輔 氏 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

見学会参加お申し込み締切り2016年11月4日(金)。定員に達した場合、及び同業他社様のご参加はお断りすることがございます。ご参加可否は11月11日(金)までにご連絡いたします。現地までの往復交通費等の諸費用は、ご参加者にてご負担をお願いいたします。見学会に関するお問い合わせは、下記ISO研修事業部へお願いいたします。

見学先:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 MDC(目白坂データセンター)
これからの情報化社会に求められる高度な事業継続性。山手線内の耐災害性に優れた立地。「信頼性とグリーン」をコンセプトにした都心型データセンターです。

ご案内

講師


内田 勝也 氏 情報セキュリティ大学院大学 名誉教授 博士(工学)、元 横浜市役所 情報統括補佐監(CIO補佐監)
山口 大輔 氏 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 ビジネスソリューション推進部 エグゼクティブコンサルタント
荒木 吉雄 氏 APRIS Management 代表 プライバシー・リスク・情報セキュリティ コンサルタント 
         (元)日本アイ・ビー・エム(株)チーフプライバシーオフィサー(CPO)、(元)特定非営利活動法人
          個人情報保護有識者会議 理事長


会場について


開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。
(注)データセンター見学会は別日程・別会場となります。


料金について


・テキスト(資料)費・昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。


プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

関連リンク

http://isoweb.jma.or.jp

会場(東京) ※2018年1月より住所が変わります。








日本能率協会・研修室(東京)


〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル
日本能率協会研修室 15階・16階
TEL: 03-3434-6271


交通アクセス


東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口より 徒歩2分
東京メトロ半蔵門線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営三田線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営新宿線 神保町駅 A1出口より 徒歩7分

2018年1月以降

日本能率協会・研修室(東京)


〒105-8522
東京都港区芝公園3-1-22
TEL: 03-3434-6271

交通アクセス


[地下鉄]
日比谷線 神谷町駅 3番出口より 徒歩7分
都営三田線 「御成門駅」 A1出口より 徒歩5分
都営浅草線・大江戸線 「大門駅」 A6出口より 徒歩12分

[JR線]
浜松町駅 北口出口より 徒歩15分

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)


日本能率協会法人会員企業一覧を確認する


  • 「日本能率協会法人会員参加料」は、お支払方法を「個人で振込」にした場合は適用されません。
    適用を希望される場合は必ず「会社から振込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

お申込み受付を終了しました。

終了したセミナーを表示する

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
2016/11/18 金東京
(日本能率協会・研修室)
「企業と情報セキュリティ」特別セミナー
日本能率協会法人会員参加料
受付終了
「企業と情報セキュリティ」特別セミナー
上記会員外参加料
受付終了

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
    開催前日および当日参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

パンフレット/参加申込書はこちら

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。