~マーケティング指向で考える~

BtoB製品開発基礎セミナー

※このセミナーについては受付を終了しておりますが、ご参考までに内容を表示しております。

開催概要

主な受講対象者


・素材・部品・機器・装置など産業材メーカーの研究・開発・技術・企画部門等の若手社員・新任社員
・自社の技術を事業化につなげるための仕組みや手法の導入を検討している企業・部門の方
・マーケティングの基本的な考え方や手法を学びたい技術者


セミナーのねらい


BtoB製品の開発は、その分野のプロである顧客の明確な要求にもとづいて進めることがこれまでの主流でした。しかし近年は、顧客の要求に頼らず、企業が自ら市場を開発し、製品コンセプトを創りあげていく事が必要となっています。これらの取り組みには製品開発とマーケティング活動を一体的に進める「製品開発マーケティング」が効果的です。
本セミナーでは、日ごろの業務ではマーケティングになじみの少ないBtoB企業の技術者に必要なマーケティングの考え方や基礎知識と、市場志向の製品開発の実践的な手法を体系的に理解して頂くことをねらいとしています。常に変化する市場の動きを的確に把握し、自社の強みを活かした製品開発を推進できる技術者を目指している方々のご参加をお待ちしております。 
事前にマーケティングの知識は必要ありませんので、安心してご参加ください。


本セミナーで得られること


・BtoB企業の研究・開発・技術部門の実務者がもつべき製品開発マーケティングの基礎知識習得。
・研究・開発・技術部門の実務者のマーケティング感覚・事業マインドの向上。
・製品開発のためのテーマの発想法、コンセプト構築法の手法の習得。
・技術を起点に開発する製品の市場検証の考え方や方法。
・営業・企画部門など他部門とのコミュニケーション、交渉力の向上。

プログラム


1日目 10:00~17:00


1.BtoBビジネスの特徴

2.研究開発・技術部門のマーケティング機能と開発
 ・マーケティングの基本
 ・BtoBマーケティングの特徴や動向
 ・技術のビジネス化

3.製品開発マーケティングの概要
 ・市場志向の製品開発メカニズム
 ・BtoB企業の製品開発マーケティングによる製品化

4.開発テーマの創出と事業・製品構想
自社の技術を起点に開発テーマを創造するまでの方法を検討する

 ①市場開発
  ・市場開発とは
  ・市場検証の必要性と市場検証の概要
  ・外部環境分析
  ・技術動向/競合動向/政策動向
  ・ターゲット市場分析
  ・市場へのアプローチ方法 (学会/展示会)
  ・デザイン思考による市場の声の収集

  ■個人演習  ユーザインタビュー
  ・用途開発によるターゲット顧客の想定
  ・技術のブランディング化による有望顧客の吸引

 ②市場志向による実用化開発
  ・自社の技術・強みの活用
  ・外部連携(産産・産学)
  ・競争資金の活用
  ■個人演習 自社技術の評価

 ③ビジネスモデル
  ・技術起点のビジネスシナリオ構想
  ・ビジネスモデルキャンパス
  ■個人演習 ビジネスモデル作成


2日目 10:00~17:00


5.製品開発の実践

 ①製品アイディアの創造
  ・アイディア創造の要件
  ・デザイン思考によるアイディア創造
  ・アイディア創造法
  ・アナロジー発想法によるアイディア創造
  ■個人演習 発想法を利用したアイディア創造

 ②製品アイディア検証・選択
  ・アンケートによる定量分析
  ・インタビューによる定性分析
  ・観察による定性分析
  ■個人演習 アンケート設問表作成

 ③コンセプト創造
  ・コンセプトとは
  ・ポジショニング分析
  ■個人演習 ポジショニングマップ作成

 ④コンセプト検証
  ■個人演習 コンセプトの可視化

 ⑤市場テスト
  ・価格と機能・性能のトレードオフ
  ・コンジョイント調査による価格検証

 ⑥技術ブランドの開発
  ・BtoBブランディングの概要
  ・成分ブランドの創造
  ■技術ブランドの可視化

 ⑦プロモーション
  ・プロモーションにおける研究・開発・技術部門の役割

6.事業性評価
  ・事業採算性
  ・事業戦略性

7.製品開発マーケティング実践における課題

ご案内

講師


石川 憲昭
アイマーケ㈱ 代表取締役
1984年大学卒業後、オムロン(株)入社 産業財の事業企画・商品企画部門に所属しグッドデザイン受賞商品など多くの新商品を創出。 その後、アメリカ駐在にて北米の半導体・電機業界を担当。2002年同社退社後、大学院にて企業経営及びマーケティング・製品開発を専攻(MBA取得)。その他、大学非常勤講師や経済産業省の産業施策に関する委員を務める。


会場について


開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。


料金について



・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。


定員


40名
参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。


プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

会場(東京)



日本能率協会・研修室(東京)


〒105-8522
東京都港区芝公園3-1-22
TEL: 03-3434-6271

交通アクセス


[地下鉄]
日比谷線 神谷町駅 3番出口より 徒歩7分
都営三田線 「御成門駅」 A1出口より 徒歩5分
都営浅草線・大江戸線 「大門駅」 A6出口より 徒歩12分

[JR線]
浜松町駅 北口出口より 徒歩15分

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)


日本能率協会法人会員企業一覧を確認する


  • 「日本能率協会法人会員参加料」は、お支払方法を「個人で振込」にした場合は適用されません。
    適用を希望される場合は必ず「会社から振込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

お申込み受付を終了しました。

終了したセミナーを表示する

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
2016/12/20 火

2016/12/21 水
東京
(日本能率協会・研修室)
BtoB製品開発マーケティング基礎セミナー
参加料
受付終了
2017/07/19 水

2017/07/20 木
東京
(日本能率協会・研修室)
BtoB製品開発マーケティング基礎セミナー
参加料
受付終了
2017/12/13 水

2017/12/14 木
東京
(日本能率協会・研修室)
BtoB製品開発基礎セミナー
参加料
受付終了

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
    開催前日および当日参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

パンフレット/参加申込書はこちら

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。