ライブ演習による新コンセプト構築の体験

グループ・インタビュー使い方セミナー

グループインタビューを通じて顧客の本音を探り、革新的なコンセプトを創りたいと考えている方の道標となるセミナーです。

本セミナーでは、プロのインタビュアーが実際にインタビューを行うところを見学/観察してもらう演習を軸として、次の3つを学んでいただきます。

(1) どのように企画・設計するのか
(2) どのように活用するのか
(3) 他の定性調査と何が違うのか

セミナー概要

あなたは普段の業務でこのようなことにお悩みではありませんか。それならば、当セミナーがあなたの悩みを解決する一助となります。最後まで是非お読みください。

  •会社内にグループインタビューのノウハウが不足しているため、本当にこの進め方でよいのか不安がある

  •途上国を含め、自身があまり関わってこなかった調査対象への調査を行う際、自身の調査能力の低さと
  インタビュー計画立案の難しさに悩んでいる

  •グループインタビューを営業戦略に組み込んでいきたいが、マクロ視点ではどのようなフローで進めれば
  いいのか、ミクロ視点ではどのような手段・方法で進めればよいのか分からない

  •他社事例などのインプット量が少なく、自分で調査設計する際にこれで大丈夫だという確信が持てない時がある

  •売れる商品作りにつながるリサーチを習得したい。市場調査結果を活用し、アイディアをブラッシュアップする
  力が不足している

  •業務で調査に携わることが多いが、体系的に学んだことが無い。OJTばかりでコンセプト構築や企画の
  立て方が正しいか不安だ

  •提案したソリューションが顧客に合致していたかを明らかにするインタビューを行いたいが難しさを感じている。


商品・サービスの飽和など市場の成熟化を背景に、生活者の“生声”からニーズを探るインタビュー調査が再注目されています。特に、一度に大勢の生声を聴くことのできるグループインタビューは、顧客ニーズを探るための有用な方法として知られています。しかしながら、グループインタビューの進め方・使い方のノウハウが社内に蓄積されている企業は少なく、自己流で行っている方は多いです。その上、一度に多人数の話を聞かなければならないグループインタビューの難易度は高いため、効果的に運用できている企業は多くありません。


顧客ニーズを確実に聞き取り、革新的なコンセプトを生み出すグループインタビューを実践できるマーケターの育成は急務であり、育成を疎かにしてしまうと、貴社にとってはこのようなリスクが生じてしまいます。

   ・グループインタビューは準備も含めると多くのリソースが必要であり、いい結果が
    得られないと何度も繰り返してしまうと本当に必要な業務へリソースが割けなくなってしまう 

   ・適切なインタビュー結果の取得と適切な分析が行えなければ、せっかく行った
    グループインタビューを自社の価値向上につなげられないため、長期的な自社の競争力低下につながる

   ・外注する場合であっても、社内に適切なノウハウが蓄積されていなければ、協力会社との
    連携がうまくいかず、本当に欲しい結果が得られない



一般社団法人日本能率協会では、グループインタビューの適切なプラン構築と進め方を学ぶことはこれからのマーケターに必須であると考え、「グループ・インタビュー使い方セミナー」を開催しています。



なかなか理解しづらいグループ・インタビューの進め方ですが、当セミナー講師陣は3つのポイントを抑えることで、グループインタビューの進め方を適切に理解していただけることを突き止めました。すなわち、

1.どのように企画すればいいのか
  生活者が発する貴重な“生声”から新商品・サービスのコンセプト開発につながる「気づき」を得るために、
  どのようにインタビュー調査を活用すればいいのかを学ぶ

2.どのように活用すればいいのか
  演習を通じて実際に手を動かしながら、インタビュー調査の企画やインタビューフローの作成、
  コンセプトワークを体得する

3.他の定性調査と何が違うのか
  グループインタビュー以外にも活用されている「観察調査」「コミュニティ・リサーチ」といった手法の
  活用法も学ぶことで、グループインタビューが有用な場面を学ぶ


です。


本セミナーでは、この3つのステップを座学だけではなく、演習を通じて体験していただきます。知識と体験により磨きをかけ、自身の持つ知識、知恵を顧客価値へ昇華させるため、実際にどのように手を動かせばいいのかを習得していただきます。

また、本セミナーの特徴として、講師が行うプロのグループインタビューを演習で見学/観察していただきます。インタビュイーを数名お招きし、皆様が計画・作成したフローを参考にして講師が実際にグループインタビューを行います。


当セミナーを受講した方々からは、このようなお話を伺っています。

・本物のインタビュイーへのインタビューを見る、を含めて、実際に体験できたところが良かった。社内に戻ってからは、企画推進者に対して、インタビュー設計についての指導、指示で活かしていく。
(その他製造業 5年以上)

・自身でインタビューを行うことが多いので、研修の最後に聞き方、分析方法まで確認させていただいたのは、これからの業務で活用できそうです。早速自社に戻って、グループインタビューや一対一のインタビューを実践してみます。
(輸送用機器 5年以上)

・実際に企画→フローを作成したグループインタビューを2日目で見ることができ、そこからコンセプト構築までできるので、全体の流れをつかむことができた。企画を立てる際に、はっきりとした調査課題を設定することをまずは実践したい
(食料品 1年目)

・実習した内容で、実際にグルイン体験ができます。まさに活きた教育!グルイン以外の部分も、アイディアのブラッシュアップに活用していきます。
(その他製造業 3年目)

・定性調査のノウハウを勉強しに受講しましたが、グループインタビューの毛化をどう生かし、アイディアに結び付けるのかのヒントもグループ演習で体験でき、予想以上に実りのある2日間でした。定性調査のまとめをカウントせずに構造化することは目からうろこで、すぐにやってみたいし人にも勧めたい
(化学 5年以上)




本セミナーに興味のある方は、下記詳細をご確認のうえ、お申込みにお進みください。
本当に実りのあるグループインタビューを実施し、その結果を通じて新しい価値を世の中に発信したいと考えているあなたのご参加をお待ちしております。

開催概要

ねらい


(1) どのようにインタビュー調査を、企画・設計したら良いのかをアンケート調査or定量調査と比較しながら学ぶことができます。
(2) 実際にグループ・インタビューを“その場”で見学し、その結果の活用アプローチを体得することができます。
(3) 商品開発で、アイディアやコンセプトにつながる“気づき”方、発想の勘所を学ぶことができます。

対象


・商品開発部門に新たに配属された方や、まだ経験が浅い方
・企業のブランド・マネージャー、商品企画・新商品開発担当者の方
・生活者研究や市場調査に関わる方

参加のおすすめ


商品・サービスの飽和など市場の成熟化を背景に、生活者の“生声”からニーズを探るインタビュー調査は注目を集め続けています。しかしながら、インタビューを通して革新的なコンセプトを継続的に生み出す仕組みが構築できている企業は少ないと思われます。コンセプトとは、ターゲットとベネフィットで構成されます。アイディアや新技術(Seeds)を、ターゲット視点に立ち、生活価値(ベネフィット)に置き換え提案していくことが求められます。
本セミナーでは、実際に対象者を呼集してグループ・インタビューを実施しながら下記のポイントについて学んでいきます。

(1) 生活者が発する貴重な“生声”から新商品・サービスのコンセプト開発につながる「気づき」を得るために、どのようにインタビュー調査を活用したら良いのかを体系的に学びます。
(2) インタビュー調査の活用経験豊富な講師による講義に加え、グループ演習を通してインタビュー調査の企画やインタビュー・フローの作成、コンセプト・ワークを体得していただきます。
(3) コンセプト構築のニーズ探索によく活用されるグループ・インタビューといった代表的な手法はもちろんのこと、「観察調査」、「コミュニティ・リサーチ(MROC)」などの他の定性調査の活用方法も紹介します。

受講者が抱える課題


次のような実務上の課題をお持ちの方が受講しています。
 ・インタビューフローの構築のやり方、インタビュー技術・分析・解析の仕方がわからない
 ・グループ・インタビューのモデレーターをすることがあるが、設計・分析が本当にこれでいいのか確信が持てない
 ・調査の設計と結果の分析、そこからのコンセプト構築から開発との連携までの一連の進捗がうまく進まない
 ・有益な情報の拾い方と、その活用の方向性についての判断スキルを高めたい

受講者の声
 ・実際のグループ・インタビューの様子を見て、自分でまとめることができたので、経験がなく不安であったが全体像がつかめてよかった
 ・調査後の報告書のまとめ方や、調査フローの作成方法など、とても参考になった
 ・定性調査の経験はあったが、調査目的の明確化の重要性、モデレーターとしての話の回し方など、気付きの多いセミナーであった
 ・モデレーターをする際の注意すべきポイントを学ぶことができた

プログラム


1日目 10:00~17:00


1.コンセプト構築の「勘所」を学ぶ
 (1)コンセプト=ターゲット×ベネフィット
  ・コンセプトの構成、生活価値に置き換えた提案
 (2)Point of Parity+Point of Differenceのバランス
  ・商品カテゴリが備えるべき基本ベネフィット、差別性・独自性のバランス

2.インタビュー調査の「基本」を学ぶ
 (1)定性調査が適したリサーチ課題
  ・開発プロセス、育成プロセス、通常時
 (2)”定性”調査と定量”調査の違い
  ・対象者の選定
  ・インタビュー技術
  ・分析力(推察力)
 (3)定性調査の各手法の特徴
  ・グループ・インタビュー、デプス・インタビュー、観察調査、他
  ・定性調査の特性、活用時の留意点

3.インタビュー調査の「企画」を学ぶ
 (1)インタビュー調査の企画のたて方の勘所
  ・インタビュー調査における企画の立て方
  ・コンセプト構築に活用する際の留意点
  ・企画書の事例
 (2)インタビュー・フロー作成のポイント
  ・インタビュー・フローの役割
  ・インタビュー・フローの作り方

4.コンセプト構築のための「調査企画」と「インタビュー・フロー」を作成する 【グループ演習1】
【学習のポイント】
数名のグループに分かれ、演習課題に対して実際にインタビュー調査の「調査企画」と「インタビュー・フロー」を作成します。これをベースに、翌日のグループ・インタビューが行われます。テーマは、参加者にとって身近な食品・飲料など具体的な新商品のコンセプト開発です。
  - 企画・フローの発表(各グループ)、Q&A
  - 講師総評~講師が作成した企画・フローの紹介

5.インタビュー見学の「勘所」を学ぶ
 (1)対象者をリクルートする際の勘所
 (2)インタビュー中の対象者チェック・ポイント
 (3)インタビュアーのチェックポイント
  ・本音や潜在的な思いを引き出すインタビュー技術

2日目 10:00~17:00


6.グループ・インタビューを実施して「発見事項」をピックアップする 【グループ演習2】
【学習のポイント】
グループ演習で作成したインタビュー・フローに基づき、プロフェッショナルである講師がインタビュアーを務め、本セミナーのためにリクルートした、演習課題に適した対象者に、実際にグループ・インタビューを実施します。セミナー受講者の皆様には調査依頼主の立場で、見学しながら「発見事項」をメモしていただきます。

7.新商品のコンセプトを構築する 【グループ演習3】
グループ・インタビュー見学で記入したメモをベースに、実際にコンセプト構築を行います。           
  - 構築したコンセプトの発表(各グループ)、Q&A
  - 講師寸評

8.定性調査を有効に活用するコツとポイントを学ぶ
 (1)講師作成の分析レポートの紹介    
  ・同日に実施したグループ・インタビューの分析事例の紹介
 (2)インタビュー調査のまとめ方の勘所
  ・「発言と発言」の行間を読む
  ・選別した情報の構造化
 (3)定性調査の外部機関選定ポイント   
  ・外部の調査機関へ委託するときのポイント
 
9.クロージング
 (1)新しいアプローチの活用方法    
  ・ビジュアル活用
  ・観察調査、エスノグラフィ
  ・MROC
 (2)セミナー全般の質疑応答 

ご案内

講師


小田 宜夫 (株)インデックス・アイ 代表取締役社長
        芝浦工業大学 大学院 工学マネジメント研究科 非常勤講師

橋本 紀子 (株)リサーチ・アンド・ディベロプメント 取締役 カスタマーサービス本部 本部長


会場について


開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

料金について


・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

定員


30名(10名に満たない場合は延期する場合があります)

プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

会場(東京)

日本能率協会・研修室(東京)


〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル
日本能率協会研修室 15階・16階
TEL: 03-3434-6271


交通アクセス


東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口より 徒歩2分
東京メトロ半蔵門線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営三田線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営新宿線 神保町駅 A1出口より 徒歩7分

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)


日本能率協会法人会員企業一覧を確認する


  • 「日本能率協会法人会員参加料」は、お支払方法を「個人で振込」にした場合は適用されません。
    適用を希望される場合は必ず「会社から振込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

開催期間 会場 タイトル 参加料(税抜)
2017/08/28 月

2017/08/29 火
東京
(日本能率協会・研修室)
グループ・インタビュー使い方セミナー
参加料

受付中

99,000

2018/01/16 火

2018/01/17 水
東京
(日本能率協会・研修室)
グループ・インタビュー使い方セミナー
参加料

受付中

99,000

終了したセミナーを表示する

開催期間 会場 タイトル 参加料(税抜)
2016/06/07 火

2016/06/08 水
東京
(日本能率協会・研修室)
グループ・インタビュー活用セミナー
日本能率協会法人会員参加料
受付終了
グループ・インタビュー活用セミナー
上記会員外参加料
受付終了
2017/01/24 火

2017/01/25 水
東京
(日本能率協会・研修室)
グループ・インタビュー使い方セミナー
参加料
受付終了

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず) 無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず) 参加料の30%
    開催前日および当日 参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

パンフレット/参加申込書はこちら

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

関連する公開セミナーはこちら

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。