データ有効活用のための

多変量解析実務コース

データアナリストとして結果を出したいと考えているマーケターの道標となるセミナーです。

①比較する手法(差異として捉える)
②関係性を見る手法(原因と結果で捉える)
③分離する手法(グルーピングして捉える)

を学ぶとともに、多変量解析ソフト「R」を用いた演習を通じて、明日から使える知識を学べます。

セミナー概要

あなたは普段の業務でこのようなことにお悩みではありませんか。それならば、当セミナーがあなたの悩みを解決する一助となります。最後まで是非お読みください。

 ・事業運営や戦略立案などで多変量解析に興味がある。因子解析やクラスター分析を
  Rソフトを使ってやってみたいが、まずどうすればいいかがわからない
 ・市場調査から新製品の提案を行っているが、統計手法の活用不足が課題である。Rの
  実践を通じて、回帰・因子分析を学びたい
 ・ビッグデータは目の前にあるのだが、それを解析する手段や知識、ノウハウが社内に
  ないため、新たに構築したい 
 ・既存得意先に対しての改善提案において、過去からの蓄積データはあるが、
  使いこなせていない。



AIの発達やビッグデータというバズワードの出現で、データ分析の重要性は日夜高まっています。多くのマーケターの方々も、大量に生まれる数字をどのように分析し、どのように解析し、どのように提案すべきか、日々悩まれています。その一方で、データ分析についての人材が今後不足するという報道もされています。日本の大学では統計学を先行する学科は存在しておらず、欧米と比べても人材育成が遅れていることは大きな懸念点といえます。

そのような中で、あなたがデータ分析について学び、自社で活かすことは急務ではないでしょうか。


この課題を解決せずにいると、貴社にとってはこのようなリスクが生じます。


 ☑データの量は増えるが、適切な解析や解析を基にした仮説提案が行えない。そのため、前例踏襲や経験値に頼った
   商品開発やマーケティング戦略に頼らざるを得ない
 ☑リサーチ会社へ依頼する際に、相手の提案内容に対して自社の理解が不十分となり、本当に欲しいデータ結果を
   手に入れることができない。
 ☑データ解析のできる人材は今後も不足するため、中途採用で専門家を雇うことは難しい。そのため、データ解析の
   進んでいる他社との差を埋めるための人材/手段が確保できず、差が開く一方となってしまう



一般社団法人日本能率協会では、データ分析のできる人財が将来にわたって不足することを予期し、様々な改良を加えながら、30年以上にわたって「多変量解析実務コース」を開催し続けています。


当セミナーを通じて、多変量解析によってデータ(情報)を解析するためには大きく3つの型があることを一般社団法人日本能率協会では突き止めました。
その3つの型とは、以下の通りです。

①比較する手法(差異として捉える)
②関係性を見る手法(原因と結果で捉える)
③分離する手法(グルーピングして捉える)


当セミナーでは、上記の3つの型を活用するための手法をわかりやすく学ぶことで、データを実務に有効に活かすことを目的として開催しています。

また、フリーソフトとして世界中で使われている統計解析ソフト「R」を用いた実習を行うことで、統計解析のために実際に手を動かすにはどうすればいいのかまで学んでいただけます。


当セミナーを受講した方々からは、このようなコメントをいただいています。

・統計の基礎がわかっている方には、一歩前に進むことができる内容です。自社に戻ってかあらは、顧客の特性を数値・グラフ化して、共通の物差しで測れるようにしてみたいと考えています。
(運輸 5年以上)

・基礎的な部分からしっかり学ぶことができたので、統計解析の基本を知ることもできます。統計解析を社内に広めることにも役立ちそうです。今後はもっと複雑なデータを使用して解析できるよう、学びを深めていきます。
(鉄鋼 1年目)

・文系でも参加できる内容でした。ただ、事前に統計検定2級レベルを学んでいるとより深い学びになります。田窪講師と中山講師の二人での説明やフォローコメントの進め方がとても分かりやすいセミナーです。自社でRを使った分析を定着させて、会社全体の分析のレベルを高められるようにこのセミナーで学んだことを活用します。
(サービス 5年以上)


当セミナーの受講者は本セミナーを通じて、統計解析の基本を学んだうえで、フリーソフト「R」の使い方を学び、自社で実践するための第一歩を踏み出し始めています。

当セミナーに興味のある方は、下記詳細をご確認のうえ、お申込みにお進みください。
多変量解析を学び、自社に眠っている価値あるビッグデータをよみがえらせたいと考えているあなたのご参加をお待ちしております。

    開催概要

    対象


    ・各企業のマーケティングリサーチ担当の方々
    ・経営企画・マーケティング企画等の部門の方
    ・商品開発、広告、宣伝、販促などマーケティング戦略立案のためにデータ活用について学ぼうとお考えの方々

    特長


    <最新の生データを使った演習>
    ●楽天リサーチ(株)の協力により、本セミナー専用に設計したスマートフォンとソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に関するネット調査結果を演習に活用し、多変量解析の代表的手法を基礎から学べます。
    ※本セミナー専用に設計したネット調査結果以外のデータも扱います。

    <定性的な深い分析力の向上>
    ●多変量解析の知識をベースに、仮説にもとづいた調査設計や分析の重要性を理解し、消費者理解や顧客価値の創出の糸口をつかんでいただきます。

    本コースのおすすめ


    「データが増える一方で統計を用いた分析も今後やってみたいのですが、今さら統計学と言われてもよくわからないんですが…。」そのようなご相談を最近受けることが多々あります。
    多変量解析とはマーケティング上の知見を見出すための統計的技法の総称であり、データ解析には料理を作るのと同じように、焼く、煮る、蒸す、揚げるといった調理方法の型が存在します。
    多変量解析によってデータ(情報)を解析=調理する方法には大きく3つの型があり、(1)『比較する』手法、 (2)『関係性を見る』手法、 (3)『分類する』手法 となります。
    本セミナーでは、上記の3つの型から、データを実務に有効に活かす事を目的として、代表的な多変量解析を学びながら実習していただきます。

    プログラム


    1日目・2日目 【基礎編】 10:00~17:00


    【多変量解析の基礎と体系】
    ■ 分析を構成している概念の理解
     ・平均、分散、標準偏差
     ・因果と相関と仮説
     ・データの尺度

    【比較する手法(差異として捉える)】
    ■ 比較をすると大なり小なり差が生じますが、その差に本当に意味があるのか、統計的な検定を行うことにより「差」が明確になります。
     ・平均値の差の検定
     ・比率の差の検定
     ・分散分析
     ・クロス表のカイ二乗検定

    【関係性を見る手法(原因と結果で捉える)】
    ■ 原因→結果の関係を定式化します。影響力を把握することにより、原因を変化させた時の結果の変化を予測できます。
     ・回帰分析
     ・ロジステイック回帰分析

    【分類する手法(グルーピングして捉える)】
    ■ 変数間の背後に潜む関係から変数を少数の因子に縮約したり、サンプル同士の類似性を手掛かりにサンプルを分類します。
     ・因子分析
     ・クラスター分析
     ・コレスポンデンス分析

    ■ その他、応用的な分析について

    3日目 【応用編】 10:00~17:00 ※ソフトインストール可能なPCをお持ちください。


    ■ 統計解析ソフト「R」(フリーソフト)による演習
         1日目・2日目の手法
               +
         応用的な分析について
           ・テキストマイニング
           ・共分散構造分析
    応用編では、「R」を用いることにより、分析にチャレンジする環境を提供いたします。

    データ分析のスキル向上には、座学による手法の知識の習得と実践が肝要ですが、初めて分析ソフトに触れられる場合、以下のような壁に当たることがあります。
     ・社内で蓄積されているデータからどのように準備したらいいのか?
     ・分析のオペレーションはどうしたらいいのか?
     ・数値がたくさん出力されているが何を見て、どのように解釈すべきか? 等

    実際やってみると単純なことなのですが、これだけでも心理的なハードルが高くなってしまいます。応用編の目的は、講座の中で実践を経験することにより、今後、皆様方が取り組んでいかれる時のハードルを下げることにあります。統計ソフトは、フリーの統計ソフト「R」とそのパッケージである「Rコマンダー」を使用し、初心者の方でも操作しやすい環境で実践いたします。

    座学で取り組んだ左記の手法を中心に、言葉や文章の分析であるテキストマイニング、イメージ的には、因子分析と回帰分析を組み合わせた手法である共分散構造分析のモデルの指定の仕方等、座学で学んだことの一段上の分析手法もご紹介いたします。

    ※一部の手法は、Rコマンダーで対応していないため、記述されたコマンドを用いて演習を行います。
     ・統計解析ソフト「R」「Rコマンダー」の使い方
     ・基本的な統計量の算出
     ・比較する手法の実践
     ・関係性をみる手法の実践
     ・分類する手法の実践
      因子分析による企業や製品のポジショニング
      因子分析とクラスター分析によるセグメンテーション
     ・共分散構造分析の考え方とモデルの指定の方
     ・テキストデータ分析の実践

    【携行品】下記条件のPCを必ずお持ちくだ い。
     ・EXCELファイルの利用が可能
     ・ネット環境に接続可能
     ・ソフトウェア(「R」、テキストマイニングソフトウエア)がインストール可能

      ご案内

      3日間とも 10:00~17:00
      基礎編のみの参加も可能ですが、3日間の参加をおすすめします。

      講師


      大石 展緒
      (株)アイ・エム・シー開発 代表取締役社長
      元 愛知学泉大学 教授
      専門:統計解析及びマーケティング
      著書:「マーケティング意思決定(講談社サイエンティフィック)」
      「販売予測入門(東洋経済新報社)」
      「EXCELによる販売予測入門(日刊工業新聞社)」
      「Amosで学ぶ調査系データ解析(東京図書)」その他多数

      田窪 正則
      ヒストリカルデザイン(株) 代表取締役
      (社)日本産業広告協会
      BtoB広告大学 講師(マーケティングリサーチ担当)
      専門社会調査士
      著書:「SPSSで学ぶ調査系データ解析(東京図書)」

      中山 寛仁
      ヒストリカルデザイン(株) ディレクター
      専門社会調査士
      著書:「EXCELによる販売予測入門(日刊工業新聞社)」


      会場について


      開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

      料金について


      ・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
      ・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

      定員


      36名(10名に満たない場合は延期する場合があります)
      【携行物】ソフトインストール可能なPC1台

      プログラムについて


      ※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

        会場(東京)


        日本能率協会・研修室(東京)


        〒105-8522
        東京都港区芝公園3-1-22
        TEL: 03-3434-6271

        交通アクセス


        [地下鉄]
        日比谷線 神谷町駅 3番出口より 徒歩7分
        都営三田線 「御成門駅」 A1出口より 徒歩5分
        都営浅草線・大江戸線 「大門駅」 A6出口より 徒歩12分

        [JR線]
        浜松町駅 北口出口より 徒歩15分

          お申込み

          参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

          「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。
          適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

          参加される方のお名前を入力してください。必須

          下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

          開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
          2019/03/05 火

          2019/03/07 木
          東京
          (日本能率協会 研修室)
          多変量解析実務コース
          全日程(3日間)参加

          受付中

          156,000

          多変量解析実務コース
          基礎編(2日間)のみ参加

          受付中

          104,000

          終了したセミナーを表示する

          開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
          2018/08/07 火

          2018/08/09 木
          東京
          (日本能率協会 研修室)
          多変量解析実務コース
          全日程(3日間)参加
          受付終了
          多変量解析実務コース
          基礎編(2日間)のみ参加
          受付終了

           

          以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

          次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


          〔登録済みの参加者〕

          参加者を登録してください


          参加者を追加する >>

          海外からの参加お申込みについて

          海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

          キャンセルについて

          参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
          代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

          1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
            折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
          2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
            キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
            お振込期限までにお支払いください。
          3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
          4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
            キャンセルご連絡日キャンセル料
            開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
            開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
            開催前日および当日参加料の全額
          5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

          ※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
          ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

          メニュー

          お気に入り一覧お気に入りに追加

          ログインいただきますと、
          お気に入り機能が利用可能となります。