ファンを創るブランド・コミュニケーション

広告・販促・SNS・PR実践セミナー

自社のプロモーションを通じてファン顧客を増やしたいと考えているマーケターの道標となるセミナーです。

①消費現場に密着して顧客インサイトを深堀
②顧客に刺さるコンテンツやメッセージを開発
③プロモーション戦略を見直し、最適なメディア計画を構築

を実践するためにはどうすればいいのかを2日間で学ぶことができます。

セミナー概要

あなたは普段の業務でこのようなことにお悩みではありませんか。それならば、当セミナーがあなたの悩みを解決する一助となります。最後まで是非お読みください。


 ・時代に合ったSNSを使ったコミュニケーション戦略が、自社であまり活用できて
  いない。また、販促費にあまり費用をかけられず、新しいことにチャレンジできていない。
 ・ソーシャルメディアに対しての知見が社内で足りておらず、人員も確保
  できないため、必要とは感じているがつかえてない。
 ・お客様目線でうれしさを感じてもらえる広告をつくりたい
 ・ブランドの育成が下手である。今後Web広告を増やしていく予定なので、
  ブランド育成のような戦略も絡めてノウハウを学びたい



顧客の嗜好の多様化により、個々に合わせた商品・サービス提供が求められるようになっている中で、プロモーションもマス広告だけではなく、個別の顧客に対応することが求められています。SNSやIT技術の発達によりそれが可能になった今、プロモーション戦略は大きな変換点を迎えています。



そのような中で、自社のプロモーションについて見直し、新しい戦略を提案できる人材は急務であり、この課題を解決せずにいると、貴社にとってはこのようなリスクが生じます。

 ☑様々なプロモーションを駆使しなければ、自社の本当の顧客へ適切な情報を
  提供できなくなり、自社のリソースが疲弊する。
 ☑また、自社商品を本当に求める顧客が購入しない恐れがあり、自社商品の
  評価の低下や、ブランド毀損につながる。
 ☑本当の顧客を探し出すことを怠ってしまう為、顧客ニーズを探求できる人材や
  社内風土が失われてしまい、長期的に見ても自社の競争力低下につながる


一般社団法人日本能率協会では、プロモーション戦略が高度になることを事前に予期し、様々な改良を加えながら、10年以上にわたって「ファンを創るための広告・販促・SNS・PR実践セミナー」を開催し続けています。



当セミナーを通じて、消費者にファンになってもらい、継続的に顧客になってもらうためには、3つの段階を踏む必要があることを一般社団法人日本能率協会では突き止めました。すなわち、

①消費現場に密着して顧客インサイトを深堀
②顧客に刺さるコンテンツやメッセージを開発
③プロモーション戦略を見直し、最適なメディア計画を構築

です。



当セミナーでは、上記の3つの段階をサイクルとしてうまく回すための考え方を学ぶとともに、多くの実例を参照することで具体的に明日から自社で活かしてもらうことを目的として開催しています。

当セミナーを受講した企業の派遣責任者の方からは、このようなお話を伺っています。


「参加者は実務の幅がものすごく広がったと感じています。

受講前は、販促に関しての基本的な知識はしっかりと身についているのですが、体系的な知識に乏しかったのです。なので、現場に寄り添ったミクロな課題解決はできるのですが、もうすこし広い視点での課題解決を苦手としていました。現場ですぐやる、というところに目が行きがちでしたね。

必要なことは、広告やSNSなど多様なプロモーション手段がある中で、販促はどのような位置づけなのかを理解してもらうことでした。

販促ももちろんとても大事なのですが、それだけでは売上上昇は限定的です。店頭に客を呼ぶための前工程や、購入後の後工程まで、体系的に理解することで、販促も効果を発揮します。

セミナー受講後の業務を見ていると、今まで販促にこだわっていたところを様々な戦術から選べるようになってきています。


セミナーの内容としては、新しい事例が豊富だった点がとてもよかったと聞いております。今回のセミナーでいただいたたらしい情報はグループミーティングで共有してもらいました。
他のプランナーにとっても有益な情報でしたが、なかなか自社だけで集めることは難しいんですよね。

時代が変わっても、セミナーの普遍的な芯の部分は変わらないのでしょうが、事例などの新しくすべき部分はしっかりリニューアルしていただけているのは、派遣する側としても安心です。」




本セミナーに興味のある方は、下記詳細をご確認のうえ、お申込みにお進みください。
自社のプロモーション戦略を変えたい考えているあなたのご参加をお待ちしております。

開催概要

対象


・メーカー、小売業、サービス業等における、マーケティング、商品企画、営業企画、広告、広報PR、宣伝、経営企画部門のスタッフならびに管理者の方々
・マーケティングと広告・販促・SNS・PRの基本を学びたいとお考えの方々
・ブランド担当としてブランド・コミュニケーションの効率化をお考えの方
・他業界の多くの事例を参考にしたいと考えている方

ねらい


(1) メディア環境が激変する中で、効率良くお客様とつながり、共感を獲得してファンを創り、顧客ロイヤルティを向上させるブランド・コミュニケーションの構造を読み解きます。
(2) コンセプト・フレームワークを活用して、ブランド価値を高め、購入を促すブランド・コミュニケーションを学びます。
(3) 戦略的PRやソーシャルメディアの効果的運用により口コミを誘発させ、商品・サービスに対する親近感や信頼感を醸成する仕組みについて理解します。
(4) 最適なコンテンツ開発と広告・販促・SNS・PR 等の全体最適化を行い、投資対効果を高めるコミュニケーション戦略構築を多くの実例を参照に実践力を養います。

ご参加のおすすめ


本セミナーでは、多くの実例を参照しながら、生活者のライフスタイルの変化やメディア環境の変化を読み解き、ブランドに好感と愛着を持つファンを創り出し、ロイヤル顧客化するためのブランド・コミュニケーションの仕組みを学びます。

ソーシャル時代という興味関心の争奪戦の時代において、ブランド・コミュニケーションに求められることは、個客主導でターゲットとつながりを創り、的確にメッセージを伝え、ファンになってもらい、そして、共感を獲得して購買の動機付けを促進することです。

また1回買って終わりでは顧客とのコミュニケーションは生まれません。
継続購入を促し、企業や商品に対する親近感と信頼感を獲得し、ブランドとの絆を強化することが大事です。
ファン顧客には、自身の好体験を自律的に拡散してもらい、新たなファン層を創り出すという好サイクルが生まれます。

具体的には、
 (1) 消費現場に密着して顧客インサイトを行い、本質的なニーズを深掘り
 (2) 顧客と共振するスイートスポットを炙り出して、刺さるコンテンツやメッセージを開発
 (3) これまでの広告・販促・SNS・PRを見直して、それぞれの役割を再定義し、最適なメディア計画を構築。
が必要となります。

本セミナーでは、多くの実例を参照することで、具体的に自社での活動に活かせるよう、学んでいただきます。

次のような実務上の課題をお持ちの方が 本コースを受講しています


【受講者が抱える課題】
・効果の数値化をどのように行なうかが分からない
・製品の改良はすぐにはできない、webも海外本社の指定の条件があるという規定の中、様々な例を知り、自社に合う方法を見つけたい
・Webを中心としたクロスメディアのプロモーション戦略を構築したい

【受講後の感想】
・ブランド戦略からSNS活用、PRまで販促に関わる様々な方法を教えていただけました。他社事例も豊富なので役に立つこと間違いなし、と思います。
・実際にあった成功・失敗事例を理解しやすいように分解して解説してもらったのがよかったです。自分事に置き換えてイメージしやすく、今後に活かせると思いました。
・実例を幅広く学ぶことができ、自社への展開の仕方もイメージできました。

プログラム


1日目 10:00~17:00


1 オリエンテーション

2 生活者・市場動向の把握とマーケティングの再強化
  1)人口動態・世帯動向の把握
  2)消費者心理の把握と顧客インサイト
  3)市場動向の把握とマーケティング力の再強化
■学習のポイント
マーケッターの役割を果たすためには消費者心理の把握と生活者の経験や知恵を企業活動に取り入れ、マーケティング力を再強化することが重要となる。

3 ファンを創るブランド・コミュニケーションの構造
  1)“個客”主導のブランド・コミュニケーション
  2)共感を獲得するトリプルメディア
  3)ファン創りと顧客ロイヤルティの向上
■学習のポイント
信頼する情報源は、「広告」ではなく「友人からの推奨」に変化しており、ファンを創るためには、ユーザーの経験や好体験を最適なメディア・エコシステムで拡散することが重要になる。

4 コンセプト・フレームワークで効率的なブランド・コミュニケーションを組み立てる
  1)目的を明確にする「コンセプト・ドリブン」
  2)コンセプト・フレームワークで組立てる
    Goal、Concept、Who、What、How、Why
  3)最適なブランド・コミュニケーションの事例
■学習のポイント
コンセプト・フレームワークを活用すると、コンセプトが明確になり、狙うべきターゲット、提供する価値が絞り込まれ、的確なブランド・コミュニケーションが策定できる。

5 共感されるコンテンツとクリエイティブ開発
  1)生活者と共振するコンテンツ開発
  2)生活者とつながるクリエイティブ開発
  3)マスとデジタルメディアのコンテンツ事例
■学習のポイント
ターゲットにコンテンツやクリエイティブが共感されないと商品やブランド価値が伝わらない。加えて、強く共振されないと友人に情報発信されない。効果的なメッセージ等の制作について考える。

6 認知と興味を獲得するマス広告とWeb広告
  1)認知を獲得する広告計画
  2)ネット広告と自社サイトへの誘導
  3)効果的な媒体計画
■学習のポイント
効果的な媒体計画の組立てについて、ロイヤルティ・ファネルなどを参照に理解する。

7 【グループ演習】 需要創造型のブランド・コミュニケーション計画の作成
  ・成熟商品を新しい視点で捉え直し、リニューアルやリボーンを行なうことにより、新しい価値を創造する。
  ・新商品とともに、新しいカテゴリーを創造し、新しい市場を創造するマーケティング計画を作成する。
■学習のポイント
テーマ商品についてクリエイティブ/コンテンツを開発して、ブランド・コミュニケーション計画をグループ毎に作成。全員で相互評価を行い、実践力を養う。

2日目 10:00~17:00


8 効果的なブランド戦略
  1)強いブランドの構造と欧州と米国の事例
  2)信頼されるブランド価値を継続して創る
  3)強いブランド戦略の事例
■学習のポイント
欧州の非マスマーケティングと米国の利益率重視のブランド戦略を参考に、また競争力のあるブランド事例を通して、効果的なブランド戦略について考える。

9「ファンを創る」「顧客と共創する」ソーシャルメディアの特徴と事例
  1)ソーシャルメディアの構造と特徴
  2)「ファンを創る」「顧客と共創する」SNSの事例
  3)企業コミュニティサイトの事例
■学習のポイント
ソーシャルメディアは、個人の情報発信を促し、相互のつながりを拡大して、購買情報行動をも大きく変えている。事例を参照に、その仕組みを学ぶ。

10 信頼を獲得する戦略的PR
  1)効果的なPRシナリオの作成
  2)メディアが歓迎するニュースバリューの開発
  3)ユニークな切り口の戦略的PR事例
■学習のポイント
PRは、低予算で、媒体の信頼を梃子にニュースとして企業メッセージを伝達することが可能で、ブランド創りに効果がある。効果的なPRの仕掛け方について学ぶ。

11 売りに結びつける販売促進とSPメディア
  1)「買いやすい」販促の仕組み作り(52週販促、他)
  2)オムニチャネルやポイントなどの仕組み
  3)販促だけで売りにつなげる事例
■学習のポイント
より売りに結びつく販売促進について、具体的事例を参照にして学ぶ。

12 ブランド・コミュニケーションの強化と革新の事例
  1)ブランド価値向上のマネジメントサイクル
  2)メッセージの変更で ブランド鮮度向上の事例
  3)リ・ポジショニングでシェア拡大の事例
■学習のポイント
ブランドは、市場に投入してからの経年変化や競合や代替品の影響などにより陳腐化、加齢化現象が起きる。強いブランド価値を維持している事例を通じてその方法を学ぶ。

13 コミュニケーションの費用対効果の考え方
  1)コミュニケーション効果測定の考え方
  2)マスとWeb広告の効果検証
  3)効果検証のポイントと事例
■学習のポイント
代表的な効果検証の事例を理解し、コミュニケーションの独自モデル構築と効率改善の方法について検証する。

14 【グループ演習】 「ファンを創る」新市場創造型マーケティング計画を考える
  ・新規ブランドを市場投入し、新商品を効率的に伝えてファン層を創り、新しい市場を創造する計画を作成する。
  ・コアなファン顧客が、新しいファンを紹介する方法についても検討する。
■学習のポイント
新規ブランドの市場導入に当たり、迅速に、効率よく、コストを最小化して顧客にブランド価値を伝えることは必須。またブランド価値を理解したファン顧客からの口コミを拡大するブランド・コミュニケーション計画をグループ毎に作成。

15 総評・質疑応答

ご案内

講師


福田 博 
コミュニケーション&マーケティング・コンサルタント
縄文コミュニケーション(株) 代表取締役

会場について


開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

料金について


・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

定員


30名(10名に満たない場合は延期する場合があります。)

プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

会場(東京)

日本能率協会・研修室(東京)


〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル
日本能率協会研修室 15階・16階
TEL: 03-3434-6271


交通アクセス


東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口より 徒歩2分
東京メトロ半蔵門線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営三田線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営新宿線 神保町駅 A1出口より 徒歩7分

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)


日本能率協会法人会員企業一覧を確認する


  • 「日本能率協会法人会員参加料」は、お支払方法を「個人で振込」にした場合は適用されません。
    適用を希望される場合は必ず「会社から振込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

開催期間会場タイトル参加料(税抜)
2018/01/18 木

2018/01/19 金
東京
(日本能率協会・研修室)
広告・販促・SNS・PR実践セミナー
参加料

受付中

99,000

終了したセミナーを表示する

開催期間会場タイトル参加料(税抜)
2016/08/08 月

2016/08/09 火
東京
(日本能率協会・研修室)
ファンを創るための広告・販促・SNS・PR実践セミナー
日本能率協会法人会員参加料
受付終了
ファンを創るための広告・販促・SNS・PR実践セミナー
上記会員外参加料
受付終了
2017/01/19 木

2017/01/20 金
東京
(日本能率協会・研修室)
ファンを創るための広告・販促・SNS・PR実践セミナー
参加料
受付終了
2017/08/02 水

2017/08/03 木
東京
(日本能率協会・研修室)
広告・販促・SNS・PR実践セミナー
参加料
受付終了

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
    開催前日および当日参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

関連する公開セミナーはこちら

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。