ヒューマンエラー・人材育成チュートリアルセミナー

※このセミナーについては受付を終了しておりますが、ご参考までに内容を表示しております。

~現場力強化のための人材教育~

開催概要

参加対象


・ 安全対策に関連する管理・監督者
・ 安全管理事務局、安全教育担当
・ 製造、保全部門の担当者  他


開催趣旨


熟練技術者の退職、作業の自動化・要員の極小化、設備・装置の高度化・情報化、生産拠点・市場・部材調達のグローバル化等に伴い、事業所を安全かつ効率的に操業・維持管理していくには、人材の役割がますます重要となっています。
本セミナーは人に焦点を当て、安全の基礎から現場力の高度化(あるいは向上)対策、ヒューマンエラーの発生原理・特性と対策、階層別の人材育成等を学び、「改善と維持」を両立させながら、各産業における現場の安全性・会社全体の生産性を向上させることを目的として開催します。


本セミナーの特徴


現場の安全が今重要であり、
そのためには安全を担う人材の育成が基本です。


本セミナーでは、1日目の午前中に「自ら考え行動することが出来る人材を育成する」という観点で、早稲田大学の小松原明哲様よりヒューマンファクターの基調講義を頂きます。また午後は日本プラントメンテナンス協会の天川一彦様からの問題提起を基にして、3社より詳しく人材育成の実践事例の紹介を頂きます。
更に2日目は慶應義塾大学の岡田有策様による1日の講義・演習指導から、ヒューマンエラーマネジメントを体得します。現場力向上と人材育成をテーマに、実例と相互意見交流を通じて人材育成・安全対策への理解を深められる貴重な場となります。

プログラム


2017年10月30日(月) 【1日目】人材育成/ヒューマンエラー対策


【1】安全人間工学の考え方 ~ヒューマンエラーの防止と現場力向上~
 人口構成の変化に伴う労働側の多様化、一方で、新技術の導入などによる仕事の変化により、人と現場とのマッチングが崩れてきている例が見られています。このマッチングの再構築はエラー防止といった小手先で対応できるものではなく、自社のおかれている状況を改めて見つめなおし、戦略的、総体的に考える必要がありそうです。
 「安全」「安定」「安心」の3つの観点を基本に、最近の安全人間工学の理論と方法論を説明します。

 ① 安全人間工学の基本戦略
 ② エラー防止の方法論
 ③ 現場支援と現場力強化の方法論
 ④「 安全」「安定」「安心」の関係

講師:小松原 明哲 早稲田大学理工学術院 創造理工学部 経営システム工学科 人間生活工学研究室 教授

【2】ヒューマンエラーを「源点」から考える!
 災害・ヒューマンエラー対策として様々な活動をした結果、「安全状態」は一昔前に比べると確かに向上しました。が、また、災害やヒューマンエラーが発生!高度化した分析技術を駆使し、原因を検討し、対策を講じる、それでも、現場の管理者や安全担当者は、「これで、「悪魔のサイクル」は、もう再発しないよね…」と、日々、懸念を繰り返しているのではないでしょうか。そこで、「源点」に帰り、何が「変化した」か、歴史を振り返り考えてみましょう。すると、すべての階層で人材が変化していたことに原因があることに行き着きます。今回、この分析からわかった要因に対し、「社員全員を対象とした実践「階層別人材育成」による全社体質高度化活動」を提案します。
セッションコーディネータ:天川 一彦 (公社)日本プラントメンテナンス協会 主幹研究員

【S2-1】中堅者の育成 ~東邦チタニウム㈱での試み~
  ① 中堅者教育の必要性
  ② 中堅者教育の進め方
  ③ 評価と今後の進め方
事例講師:曽我 弘和 東邦チタニウム㈱ 設備技術部(TPM担当)

【S2-2】心と腕を鍛えるMF研修
  ① 人財育成のしくみ
  ② 問題発見から問題解決に至る実践行動研修
  ③ 達成感獲得による継続的改善
事例講師:山田 昌也 ㈱セキソー 専務取締役

【S2-3】ヒューマンエラー事故未然防止に向けた活動
  ・中間管理職の対応力向上
事例講師:加藤 匡章 北陸電力㈱ 電力流通部 品質管理チーム

2017年11月27日(月) 【2日目】ヒューマンエラー・マネジメント


【3】[実践演習]安全管理活動におけるヒューマンファクターズ ~ヒューマンエラー低減に向けたマネジメント~
・ 安全管理上のトラブルを引き起こすヒューマンエラーを防止するための仕組み、
 すなわちヒューマンエラー・マネジメント・システムを確立することは、
 現在の企業・組織における重要な課題の一つです。

・ そのためには、組織におけるヒューマンエラーに関わる安全管理活動に関する理解・意識の状態を把握し、
 その状態の改善を図ることで、組織における安全に対する風土・文化を醸成させることが、様々な安全管理
 活動の実質を高めることになります。

・ ここでは、現在10以上の事業者(鉄道業、製造業、情報サービス業、医療機関など)で実践されている
 ヒューマンエラー対応に関わるマネジメント活動について紹介します。

① レピュテーションを考慮した安全・安心活動に向けて
② トラブル対応に対する考え方の転換
③ 安全活動へのモチベーション
④ 問題事象の要因抽出の実践演習
 (気づきに関するグループワーク)
⑤ 個別相談(現場での安全活動について)

講師:岡田 有策 慶應義塾大学 理工学部 管理工学科 教授

ご案内

1日目 10:00~17:00
2日目 10:00~16:30

講師


小松原 明哲 早稲田大学理工学術院 創造理工学部 経営システム工学科 人間生活工学研究室 教授
1980年早稲田大学理工学部工業経営学科卒。産業医科大学訪問研究員、金沢工業大学教授を経て、2004年から現職。博士(工学)。専門は人間生活工学。「安全人間工学の理論と技術~ヒューマンエラー防止と現場力の向上(丸善出版)2016」等の著書がある。

天川 一彦 (公社)日本プラントメンテナンス協会 主幹研究員
1980年に新日本製鉄(現在の新日鐵住金)に入社、君津製鉄所にて原料工場ライン、技術企画、製銑部工場長等の企業実務を経験した後、1999年に(公社)日本プラントメンテナンス協会に入職。TPMコンサルタントとして国内外の製鐵・自動車・電力・鉄道など企業への現場指導を行う他、TPM優秀賞審査も担当。
最近では、コンサルタント業務に加え、企業や学校でのマネジメント・若手教育研修、書籍執筆など活動を拡げている。

岡田 有策 慶應義塾大学 理工学部 管理工学科 教授
1999年慶應義塾大学理工学部管理工学科助教授、2007年より教授。
ヒューマンファクターズ、ヒューマンエラー・マネジメント、安全管理が専門。日本プラントヒューマンファクター学会・理事、日本医療安全学会・理事等を歴任する他、2015年は内閣府・上席科学技術政策フェローを務める。2001年日本人間工学会大島賞を受賞、2014年安全工学会論文賞を受賞。著書に「ヒューマンファクターズ概論」などがある。


会場について

 
開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。


料金について


・参加料にはテキスト(資料)・昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。


プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

会場(東京) ※2018年1月より住所が変わります。








日本能率協会・研修室(東京)


〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル
日本能率協会研修室 15階・16階
TEL: 03-3434-6271


交通アクセス


東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口より 徒歩2分
東京メトロ半蔵門線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営三田線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営新宿線 神保町駅 A1出口より 徒歩7分

2018年1月以降

日本能率協会・研修室(東京)


〒105-8522
東京都港区芝公園3-1-22
TEL: 03-3434-6271

交通アクセス


[地下鉄]
日比谷線 神谷町駅 3番出口より 徒歩7分
都営三田線 「御成門駅」 A1出口より 徒歩5分
都営浅草線・大江戸線 「大門駅」 A6出口より 徒歩12分

[JR線]
浜松町駅 北口出口より 徒歩15分

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)


日本能率協会法人会員企業一覧を確認する


  • 「日本能率協会法人会員参加料」は、お支払方法を「個人で振込」にした場合は適用されません。
    適用を希望される場合は必ず「会社から振込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

お申込み受付を終了しました。

終了したセミナーを表示する

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
2016/10/06 木

2016/10/07 金
東京
(日本能率協会・研修室)
ヒューマンエラー・安全対策チュートリアルセミナー
日本能率協会法人会員2日間参加料(交替参加可)
受付終了
ヒューマンエラー・安全対策チュートリアルセミナー
会員外2日間参加料(交替参加可)
受付終了
ヒューマンエラー・安全対策チュートリアルセミナー
日本能率協会法人会員日別参加料(10/6)
受付終了
ヒューマンエラー・安全対策チュートリアルセミナー
会員外日別参加料(10/6)
受付終了
ヒューマンエラー・安全対策チュートリアルセミナー
日本能率協会法人会員日別参加料(10/7)
受付終了
ヒューマンエラー・安全対策チュートリアルセミナー
会員外日別参加料(10/7)
受付終了
2017/10/30 月

2017/11/27 月
東京
(日本能率協会・研修室)
ヒューマンエラー・人材育成チュートリアルセミナー
2日間参加料(交替参加可)
受付終了
ヒューマンエラー・人材育成チュートリアルセミナー
日別参加料(10/30)
受付終了
ヒューマンエラー・人材育成チュートリアルセミナー
日別参加料(11/27)
受付終了

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
    開催前日および当日参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。