~経営の視点から広く、生産技術者の役割を認識でき、グローバルに通用する自律型の生産技術者を7ヶ月の研究会を通じて育成します~

生産技術マネジメント研究会

【研究テーマ】
◆第1部 : グローバル競争下での生産技術(者)のありたい姿
◆第2部 : メンバー個人のこれからの行動計画発表

開催概要

コースの特徴


●他社の選抜されたメンバーとともに研鑚・研究を行う
グローバルに活躍するために、マネジメント課題と解決のアプローチについて異業種のメンバーで体系化するとともに、個人の将来に向けた行動計画を策定する。

●現地視察・現地生産技術者との交流
実務経験者の講演・専門のアドバイザーの支援ならびに企業視察と現地生産技術者とのディスカッションを通して、さまざまな課題を掘り起こし、メンバー同士の討議をもとに体系化する。
(トヨタ自動車(株)、ダイキン工業(株)など企業訪問先の生産技術者とのディスカッションは、研究生への大きな刺激となります)

本研究会の開催にあたって


27間で470名を超える研究会の修了者が、グローバルリーダーとして活躍中です。

本研究会の前身となる「生産技術研究部会」は、“次世代の生産システムがいかにあるべきか”を考える会として、1990年に発足いたしました。
一昨年度より、名称、プログラムを変更し、生産技術者対象の研究会としては、今期で27年目を迎え、現在まで470名を越える方にご参加いただいております。
本研究会を卒業された多数の方は、海外赴任等グローバルに、会社の中核人材として活躍されております。
是非とも貴社の次世代リーダー候補者の派遣をお待ちしております。

対象


●生産技術部門の中堅・若手リーダー( 5年~10年の生産技術者としての実務経験を有する方々)
●海外現地法人の改善業務・支援をご担当の中堅・若手リーダー
●生産技術に関連する中堅・若手技術者

前回参加者の声


●グローバル競争下における生産技術者に求められる要件について深く考えることができました。異業種や、役割の異なるメンバーとの討論はとても刺激的で、今まで考えてもみなかった気づきや、学びを与えてくれます。この半年間の経験は、今後の会社生活にずっと影響を与え続けるものと思います。
 【株式会社豊田自動織機  生技開発センター】

●7か月という期間で自身の思考力に大きな変化を感じています。自分は開発系技術職で、生産技術職とは少し違った立場での参加でしたが、『日本のものづくりとは』という原点に立ち返ることができ、異業種の方と問題なく議論することができました。また、企業視察もあまり経験がなかったので新鮮でしたし、開発と製造を繋いで議論することも効果的だとも感じました。
 【トクラス株式会社  技術開発センター】

プログラム


2016年度全体プログラム(全12単位・15日間)


【1】2016年9月2日(金)~3日(土) 合宿
 (1日目)
  コースオリエンテーション、自己紹介、チームミーティング、懇親会
 (2日目)
  研究テーマ : チームミーティング
 主任アドバイザー

【2】2016年9月 特別講義・研究会
 (AM) 特別講義、質疑応答
 (PM) 研究テーマ : チームミーティング
     主任アドバイザー サポート

【3】2016年10月 企業視察・研究会
 (AM) 工場見学、質疑応答、意見交流
 (PM) 研究テーマ : チームミーティング
     主任アドバイザー サポート

【4】2016年10月  特別講義・研究会
 (AM) 特別講義、質疑応答
 (PM) 研究テーマ : チームミーティング
     主任アドバイザー サポート

【5】2016年11月 企業視察・研究会
 (AM) 工場見学、質疑応答、意見交流
 (PM) 研究テーマ : チームミーティング
     主任アドバイザー サポート

【6】2016年11月  特別講義・研究会
 (AM) 特別講義、質疑応答
 (PM) 研究テーマ : チームミーティング
     主任アドバイザー サポート

【7】2015年12月(2日間通い) 研究会
 (1日目) 研究テーマ : チームミーティング 

 (2日目) 主任アドバイザー 中間チェック
        主任アドバイザー

【8】2017年1月 企業視察・研究会
 (AM) ダイキン工業(株) 滋賀製作所
     生産技術担当者との討論会
 (PM) 研究テーマ:チームミーティング
     主任アドバイザー サポート

【9】2017年1月 中間報告会・研究会
 (AM) 研究中間発表
     アドバイザー(全員)サポート
 (PM) 研究テーマ : チームミーティング
     主任アドバイザー サポート

【10】2017年2月 企業視察・研究会
 (AM) トヨタ自動車(株) 生産技術担当者(CPE資格取得者)との討論会、工場見学、質疑応答  
 (PM) 研究テーマ : チームミーティング
     主任アドバイザー サポート

【11】2017年2月17日(金)~18日(土)最終合宿
 (2日間とも終日)
  研究テーマ : チームミーティングならびに個人の将来行動計画の作成
  主任アドバイザー 最終チェック 

【12】2017年3月3日(金) 研究報告会
 (第1部)
  研究発表(各チーム)
  研究テーマ「グローバル競争下での生産技術(者)のありたい姿」
 (第2部)
  個人発表(メンバー個人のこれからの行動計画発表)
 ※報告会には参加者の上司にもオブザーブいただき、参加者の成長や変化を直に確認していただけます。
 アドバイザー(全員)  派遣企業上司より、最終講評とこれからに向けてのアドバイス

アドバイザー(敬称略 所属名50音順)


●2016年度●
【主任アドバイザー】
原嶋 茂/愛知工業大学 大学院 非常勤講師
秦 俊道/C&L研究所 代表
永安直人/東レ(株) 生産本部 技術士
中出康一/名古屋工業大学 大学院工学研究科 教授

【アドバイザー】
榊原 誠/AE技術研究所 代表
加藤滋也/(株)デンソー 生産革新センター 担当次長 
井上眞一/トヨタ自動車(株) 生技管理部 プロフェッショナル・パートナー
小沢 浩/名古屋大学 大学院 経済学研究科 教授
告井督夫/三菱電機(株) 中津川製作所 製造管理部長
山田忠夫/ものづくり三方よし研究会 代表
金澤 宏/ヤマハ(株) 楽器・音響生産本部 生産技術・調達部 グループリーダー

ご案内

2016年度お申込み締切日:2016年8月22日(月)

会場について


または名古屋市内の研修会場 他
(開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。)

料金について


※複数参加割引については、一度のお申込みで頂いた場合に限ります。
※消費税は参加料に加え、本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。
【上記参加料に含まれるもの】
●研修費・資料費〈生産技術者マネジメントガイド含〉
【上記参加料に含まれないもの】(貴社にてご負担ください)
●研修現地までの交通費
●研修中の移動交通費、食費

定員


24名 ※原則として1社につき2名までとさせていただきます。
(参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。)

プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連リンク

【中部(名古屋)地域 公開教育年間案内】
http://www.jma.or.jp/kansai/

ものづくりポータルサイト
http://jma-column.com/

会場(名古屋)

日本能率協会・研修室(名古屋)


〒450-0002
名古屋市中村区名駅4丁目26番25号 メイフィス名駅ビル6階
TEL:052-581-3271


交通アクセス


JR名古屋駅 広小路口徒歩7分
名鉄名古屋駅 より徒歩5分
ミヤコ地下街4番出口すぐ前

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)


日本能率協会法人会員企業一覧を確認する


  • 参加者区分「日本能率協会法人会員」は、お支払方法を「個人で振込」にした場合は適用されません。
    適用を希望される場合は「申込責任者ページ」で必ず「会社から振込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

開催期間 会場 タイトル 参加料(税抜)
2017/09/01 金

2018/03/31 土
名古屋
(日本能率協会・研修室)
生産技術マネジメント研究会
参加料
企画中
生産技術マネジメント研究会
※複数参加割引(2名以上)
企画中

終了したセミナーを表示する

開催期間 会場 タイトル 参加料(税抜)
2016/09/02 金

2017/03/03 金
名古屋
(日本能率協会・研修室)
生産技術マネジメント研究会
日本能率協会法人会員参加料
受付終了
生産技術マネジメント研究会
会員外参加料
受付終了
生産技術マネジメント研究会
日本能率協会法人会員※複数参加割引(2名以上)
受付終了
生産技術マネジメント研究会
会員外※複数参加割引(2名以上)
受付終了

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は②~③をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず) 無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず) 参加料の30%
    開催前日および当日 参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。