日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール
様専用ログアウト

JMAマネジメントスクール > 開発・設計・技術 > 第38次モータ技術フォーラム

セミナーID:100447

最新技術動向の把握とメーカ・ユーザの情報交流を推進する

第38次モータ技術フォーラム

対象:開発・設計・技術

エリア東京

モータ技術に特化した、最新の技術動向探索とメーカー・ユーザー間の情報交流の場です。
本年で開催38回目を迎える本フォーラムは、過去10年間で、のべ3,000名のモータ技術に関わる技術者が参加しています!

開催概要

【会期・会場・参加対象】


・会  期:2019年9月~2020年3月
・会  場:日本能率協会 研修室他(東京・港区・芝公園)
・参加対象:モータのメーカ、ユーザおよびモータ関連素材・部品メーカ等の技術者の方


【開催にあたって】


 サスティナブルの社会実現のためにはエネルギーの有効活用が不可欠であり、エネルギー効率の高い電気エネルギーへの代替えが急激に推進されています。中でも動力の電動化は、電気自動車への転換を代表例として油圧・空圧機器からモータへの転換が進んでおり、モータと駆動するためのパワーエレクトロニクスを融合した次世代ドライブシステムの開発が推進されています。しかし、モータ技術は関連する分野も含めると多岐に渡り、全分野の知見を持つことは大変難しい事柄となっています。
 「モータ技術フォーラム」では、モータ技術全般を俯瞰することができる多様なテーマでプログラムを構成しており、これから特に重要な課題となる技術領域の動向と課題をとりあげ、また基礎と応用の両面からのアプローチで技術理解を深めて頂くようなテーマ設定をしています。
 本フォーラムの特長の一つは、単に講演を聞き質疑を行うだけではなく、参加者相互の交流の時間を重視している事です。意見交換や技術情報交流を充分に行う事で、問題意識の共有と、講演内容のより深い理解が得られ、それらは今後のモータ技術の方向性を探るうえで大きく役立ちます。将来を見据えた技術開発の一助として、積極的にご参加頂くことをお勧め致します。



本フォーラムの狙い


1 ユーザ・メーカ間の生きた技術情報の交流
2 メンバー相互の人的交流の場(異業種・異分野)
3 モータ技術の多面的、継続的な動向把握
4 実践的な技術応用能力の習得


開催方法


(1) フォーラムの進め方(バズセッション方式)
 コーディネータの進行のもと、スピーカの発表(問題提起者・事例発表者)を行う。
 その後、参加者を少人数のグループに分け、グループごとに講演内容に関する自由討議を行い、
 質問や意見等をとりまとめ、それらに基づきスピーカを含めた全体のディスカッションを通じて、
 問題の解決の糸口を探る。

(2)各月の講師メンバー基準
 コーディネータ 1名
 スピーカ    2名

(3)フォーラムの標準的時間配分

プログラム(2019年度プログラム)

2019年度プログラム 全7回

敬称略


内容
【第1回】
9月24日(火)
13:00~17:00
解析入門
(日本能率協会 研修室)

コーディネータ:百目鬼 英雄 東京都市大学 名誉教授

[1. 有限要素法解析の基礎と応用事例]

❶ 電流・電圧入力計算のための基礎方程式

❷ 大規模解析のための基礎技術

❸ 永久磁石モータの解析実例

河瀬 順洋 岐阜大学 工学部 電気電子・情報工学科 教授


[2 .磁気回路法解析の基礎と応用事例]

❶ 磁気回路法の基礎

❷ 磁気回路法によるモータ解析事例

❸ 磁気回路法による損失算定技術

中村健二 東北大学 大学院 工学研究科 教授

【第2回】
10月23日(水)
13:00~17:00
性能改善
(日本能率協会 研修室)

コーディネータ:粟津 稔 ㈱東芝 生産技術センター 制御技術研究部 研究主幹

[1. アモルファス金属鉄心をティース部に用いた分布巻IPMモータ]

❶ 鉄基アモルファス金属の特性とモータへの適用効果

❷ 分布巻きIPMの設計と各種損失計算

❸ 分布巻きIPMモータの試作方法と評価結果

榎本 裕治 ㈱日立製作所 研究開発グループ

制御イノベーションセンタ 主任研究員


[2. 損失解析と応用事例]

❶ 応力を考慮した損失解析

❷ キャリア損の低減

❸ 循環電流損の低減

山崎克巳 千葉工業大学 工学部 電気電子情報工学科 教授

【第3回】
11月28日(木)
13:00~17:00
性能改善
(御茶ノ水トライエッジカンファレンス)

コーディネータ:水野 勉 信州大学 工学部 電子情報システム工学科 教授

[1. 集中巻、分布巻に対応した角線巻線技術]

❶ 角線集中巻コイルの整列巻線技術

❷ 角線集中巻コイルの連続巻線技術

❸ 角線重ね巻ステータの自動製造プロセス

石上  孝 ㈱日立製作所 研究開発グループ 主任研究員


[2. 宇宙機に適用可能な小型高効率アクチュエータ]

❶ 宇宙用アクチュエータに要求される性能

❷ 小型高効率モータ設計のポイント

❸ 小型高効率モータの仕様と将来

矢野智明 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)

宇宙探査イノベーションハブ 参与

【第4回】
12月16日(月)
13:00~17:00
新形態・新構造
(日本能率協会 研修室)

コーディネータ:新田 勇

日本精工㈱ コア技術研究開発センター エグゼクティブチーフエンジニア

[1 .高性能なブラシレスDCブロアーモーター「JCモーター」]

❶ ポキポキモータ

❷ 開発の背景

❸ 小型・軽量・超高速「JCモーター」

仲 興起 三菱電機㈱  コンポーネント製造技術センター 

モータ製造技術推進 部長


[2. デュアルインバータによるオープンエンド巻線PMモータドライブ]

❶ デュアルインバータモータドライブの概要

❷ デュアルインバータの空間ベクトル変調

❸ 運転特性とフェールセーフ機能

野口 季彦 静岡大学 工学部電気電子工学科 教授

【第5回】
1月24日(金)
13:00~17:00
材料
(御茶ノ水トライエッジカンファレンス)

コーディネータ:谷川 茂穂

高効率モーター用磁性材料技術研究組合 主席研究員

[1 .自動車モータ用電磁鋼板の最新動向]

❶ HEV/EV駆動モータ用電磁鋼板

❷ 高けい素鋼板

❸ モータコア加工、締結による鉄損増加と鉄損増加抑制手法

尾田 善彦 JFEスチール株式会社 スチール研究所
電磁鋼板研究部 主任研究員 部長

           

[2.永久磁石の基礎と動向]

❶ 永久磁石の種類と特徴について

❷ 磁気特性(減磁曲線、磁石の安定性)の見方

❸ ネオジム磁石、フェライト磁石等の動向

丸川 泰弘 日立金属㈱

機能部材事業本部 磁性材料統括部 磁性材料研究所 主任研究員

【第6回】
2月21日(金)
13:00~17:00
振動/騒音
(御茶ノ水トライエッジカンファレンス)

コーディネータ:野田 伸一 日本電産㈱

中央モーター基礎技術研究所 研究第1部 部長 工学博士

[1. IoTを応用したモータの振動計測法と診断技術(仮)]

平手 利昌 東芝産業機器システム㈱

技術企画部 要素技術開発担当 主査


[2 .モータの振動・騒音発生要因と低減手法]

❶ モータの振動・騒音

❷ 電磁加振力

❸ 振動・騒音の低減手法

小川  徹 三菱電機㈱ 先端技術総合研究所

電機システム技術部 機構制御モータ技術グループ

【第7回】
3月12日(木)
13:00~17:00
自動車
(御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター Room A)

コーディネータ:長竹 和夫

公益財団法人NSKメカトロニクス技術高度化財団 評議員

[1. 変速機構を有するホイールハブモータおよびe-axleの技術紹介]

❶ 電気自動車のパワートレインにおける変速機構の必要性

❷ ホイールハブモータ(インホイールモータ)の開発事例

❸ e-axleの開発事例

郡司 大輔 日本精工㈱ パワートレイン技術開発部 副主務


[2 .日産の電動パワートレーン技術(仮)]

❶ EV・e-POWER用電動パワートレーン

❷ モータ技術

❸ インバータ技術

佐藤 義則 日産自動車㈱ パワートレイン・EVコンポーネント開発部

モータ・ギアボックス開発グループ 主管

ご案内

料金について


・参加料にはテキスト(資料)代が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

参加者区分第38次モータ技術フォーラム参加会社
日本能率協会法人会員
協賛団体会員左記外
全期間200,000 円(1名)220,000 円(1名)270,000 円(1名)
各月別38,000 円(1名)42,000 円(1名)46,000 円(1名)


協賛団体一覧 (順不同・申請中含)


・公益社団法人 計測自動制御学会
・公益社団法人 自動車技術会
・公益社団法人 精密工学会
・一般社団法人 電気学会
・一般社団法人 日本機械学会
・公益社団法人 日本時期学会
・一般社団法人 日本ロボット学会


プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

会場(東京)

日本能率協会・研修室(東京)


〒105-8522
東京都港区芝公園3-1-22
TEL: 03-3434-6271

交通アクセス


[地下鉄]
日比谷線 神谷町駅 3番出口より 徒歩7分
都営三田線 「御成門駅」 A1出口より 徒歩5分
都営浅草線・大江戸線 「大門駅」 A6出口より 徒歩12分
[JR線]
浜松町駅 北口出口より 徒歩15分

会場(東京)

御茶ノ水トライエッジカンファレンス


〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4丁目2-5
TEL 03-5289-0177

交通アクセス


JR総武線・中央線 御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩3分
東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 出口B2 徒歩2分
東京メトロ丸の内線 御茶ノ水駅 出口1 徒歩5分
都営新宿線 小川町駅 出口A5 徒歩5分

会場(東京)

御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター


〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台4-6
御茶ノ水ソラシティ 1階
TEL 03-6206-4855 

交通アクセス


JR 中央線・総武線 「御茶ノ水」駅 聖橋口 徒歩 1 分
東京メトロ千代田線 「新御茶ノ水」駅 B2 出口【直結】
東京メトロ丸ノ内線 「御茶ノ水」駅 出口 1 徒歩 4 分
都営地下鉄 新宿線 「小川町」駅 B3 出口 徒歩 6 分 

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

参加者区分

  • ※日本能率協会法人会員企業一覧を確認する
  • ※「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

※団体名を入力してください。

団体名: 

参加日程

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。
(複数チェック可)

〈第38次〉 2019年9月~2020年3月開催 全7回(東京)
第1回 2019年9月24日(火)
第2回 2019年10月23日(水)
第3回 2019年11月28日(木)
第4回 2019年12月16日(月)
第5回 2020年1月24日(金)
第6回 2020年2月21日(金)
第7回 2020年3月12日(木)
開催期間会場タイトル参加料(税抜き)

開催期間

2019/09/24 火

2020/03/12 木

会場

東京
(日本能率協会 研修室 他)

モータ技術フォーラム(全期間)

参加料

受付中

270,000

開催期間

2019/09/24 火

会場

東京
(日本能率協会 研修室)

モータ技術フォーラム(第1回 解析入門)

単元別参加料

受付中

46,000

開催期間

2019/10/23 水

会場

東京
(日本能率協会 研修室)

モータ技術フォーラム(第2回 性能改善)

単元別参加料

受付中

46,000

開催期間

2019/11/28 木

会場

東京
(御茶ノ水トライエッジカンファレンス)

モータ技術フォーラム(第3回 性能改善)

単元別参加料

受付中

46,000

開催期間

2019/12/16 月

会場

東京
(日本能率協会 研修室)

モータ技術フォーラム(第4回 新形態・新構造)

単元別参加料

受付中

46,000

開催期間

2020/01/24 金

会場

東京
(御茶ノ水トライエッジカンファレンス)

モータ技術フォーラム(第5回 材料)

単元別参加料

受付中

46,000

開催期間

2020/02/21 金

会場

東京
(御茶ノ水トライエッジカンファレンス)

モータ技術フォーラム(第6回 振動/騒音)

単元別参加料

受付中

46,000

開催期間

2020/03/12 木

会場

東京
(御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター )

モータ技術フォーラム(第7回 自動車)

単元別参加料

受付中

46,000

以上の内容で申込み日程を追加する場合は、「申込み日程を追加」ボタンをクリックしてください。

〔追加済みの申込み日程〕

申込み日程を追加してください

申込み日程を追加する >>

申込み注意情報

※注意事項は必ずお読みください

すべての情報を見る

キャンセル規定及び、申込規定をご確認ください

Web申し込み以外の申し込み方法はこちらから

エクセルでのお申し込みはこちら

ファックスでのお申し込みはこちら

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず) 無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず) 参加料の30%
    開催前日および当日 参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

産業振興センター  お問合せフォームはこちら  TEL : 03-3434-1410

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

※ 残席わずか/満席の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのままお申込みいただけます。
JMAマネジメントスクールお問合せフォームはこちら  TEL : 03-3434-6271

セミナーID:100447

JMA100447

第38次モータ技術フォーラム

ページトップへページトップへ