ダントツ品質実現の基盤を充実するための

ヒューマン・エラーゼロ対策セミナー

開催概要

参加対象


品質改善、管理者、製造、生産技術部門 実務者の方


ご参加のおすすめ


本コースでは、ヒューマンエラー対策、製品立ち上げ時の品質作り込みを演習を通して体得いただきます。
特にご好評いただいているのは、
・ ヒューマンエラーの再発ゼロ対策の早急対策
・「見える化標準活用法」を駆使した有効な未然防止
というテーマを豊富な事例とともにノウハウを演習し、体験学習していただく点です。
1年に1回の開催ですので、この機会をお見逃しなくご参加ください。


参加された方の声


・ヒューマンエラーに起因するミスの発生割合を減らしてゆくヒントを得たいと考え参加しました。3現主義に立たないとヒューマンエラー対策は成果が出ないことを認識しました。メリハリの効いた講義をしていただき、事例やトピックスも興味深かった。(品質管理・保証部門 リーダー)

・ポカミス、ヒューマンエラーが毎年、同程度、発生することから根本対策のヒントを得たいと思い参加しました。応用できそうなツール(ヒューマンエラーチェックリスト、ヒューマンエラー発生原因と対策技術MAP、KYTを利用した不良防止につなげるカード)があって良かったと思います。メリハリの効いた講義であり、また、事例も豊富でイメージが掴みやすかった。(品質管理・保証部門 課長)

・あってはならないヒューマンエラーをおこさない手段を勉強するため参加しました。自分でも気づかない事を勉強できました。事例を交えての講義はわかりやすかった。(製造部門 リーダー)

・社内の品質保証レベル向上、不良対策とヒューマンエラーの違いを明確にしたいと思って参加した。ヒューマンエラーを無くすことは非常に難しいことであるが、わかりやすく、実例や問題を解きながらやっていただき、良かった。(品質管理・保証部門)

・繰り返し発生する類似仕損をいかに防ぐか、ヒューマンエラー対策を学びたかった。意識の持ち方として心に残したいのは、「ゼロを目指すべき」「合意を得てから進める」など。(品質管理・保証 部長)

・自社の品質保証レベルを向上するために参加した。(生産技術 部長)

・他の参加者の方々との話合いの場をもてて勉強になった。(製造部門 リーダー)

プログラム


1日 10:00~17:00


ヒューマン・エラー(HE)ゼロ生産具現化アプローチ
1.10年ピッチで整理したHEゼロ対策の歴史努力に学ぶ
 (1)国際的にリードする企業が進めたHE対策の変遷
 (2)HE対策の前提として欠かせない標準化100%順守対策の実務(演習)
 (3)ダントツ品質づくりに向けた生産環境の整備

2.HEゼロ対策の手順化
 (1)信じがたい疑似HE(違反行為)ゼロ化を進める具体策
 (2)5M段階改善法で既にあるHE対策を一覧表示(演習)
 (3)21世紀にふさわしいポカヨケ適用法

3.HEの97%を占める個々人別・作業手順上のゼロ化対策
 (1)ハインリッヒの原則を実務展開に有効なハザードMAP活用対策の実務
 (2)QC工程分析利用による作業手順ハザード極小化対策
 (3)「目で見るJIT標準化」適用対策の成果

4.ハインリッヒの原則を徹底利用したQTAT+HEゼロ対策の実務
 (1)ダントツ品質維持企業に見る不良1:30ヒヤット管理の実務
 (2)不良発生を1/5の手間で撲滅へ向ける「3現主義+QTAT」の展開実務(演習)
 (3)HEゼロ生産アプローチ事例紹介

5.大脳生理学の実践利用によるHEゼロ対策訓練の成果
 (1)大脳生理学による200余の事例に対するHE対策の一覧化
 (2)大脳生理学チェックリストの実務活用法
 (3)航空機一流パイロットの実用・CRMに見るHEゼロ防止訓練の活用法

6.まとめとQ&A

ご案内

講師


中村 茂弘  JMA専任講師

会場について


開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

料金について


・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。
・コース別のご参加も可能です。



プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連リンク

ものづくりポータルサイト
http://jma-column.com/

「不良ゼロ対策」無料文献はこちらからご覧いただけます。
http://qcd.jp/

会場(東京)

日本能率協会・研修室(東京)


〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル
日本能率協会研修室 15階・16階
TEL: 03-3434-6271


交通アクセス


東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口より 徒歩2分
東京メトロ半蔵門線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営三田線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営新宿線 神保町駅 A1出口より 徒歩7分

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)


日本能率協会法人会員企業一覧を確認する


  • 「日本能率協会法人会員参加料」は、お支払方法を「個人で振込」にした場合は適用されません。
    適用を希望される場合は必ず「会社から振込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

開催期間 会場 タイトル 参加料(税抜)
2017/12/07 木東京
(日本能率協会・研修室)
ヒューマン・エラーゼロ対策セミナー
参加料

受付中

50,000

終了したセミナーを表示する

開催期間 会場 タイトル 参加料(税抜)
2015/12/08 火

2015/12/09 水
東京
(日本能率協会・研修室)
ダントツ品質モノづくり対策コース
日本能率協会法人会員1日
受付終了
ダントツ品質モノづくり対策コース
上記会員外1日
受付終了
ダントツ品質モノづくり対策コース
日本能率協会法人会員2日間
受付終了
ダントツ品質モノづくり対策コース
上記会員外2日間
受付終了
2016/12/15 木

2016/12/16 金
東京
(日本能率協会・研修室)
ダントツ品質ものづくり対策コース
参加料(2日間 コースAB)
受付終了
ダントツ品質ものづくり対策コース
参加料 (1日目 コースA)
受付終了
ダントツ品質ものづくり対策コース
参加料 (2日目 コースB)
受付終了

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず) 無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず) 参加料の30%
    開催前日および当日 参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。