改訂・2日間になりました!
技術の標準化・モジュール化で勝てるしくみを構築する

モジュール設計構築活用セミナー

多様化・複雑化する顧客ニーズを実現

開催概要

対象


設計部門、開発部門のマネジャー、生産技術部門、生産管理部門のマネジャー、調達部門、原価管理担当の方


本セミナーのねらい


マス・カスタマイゼーションは個々の顧客に満足度の高い商品を提供する大量生産と受注生産を両立させる概念で、究極のモノづくりと言われています。これは今や情報家電製品にとどまらず、擦り合せ型の代表である自動車にも適用され、さらにはあらゆる製品にも波及しつつあります。まさに、このマス・カスタマイゼーションを実現するのがモジュール設計です。
本セミナーでは、「モジュール設計の意義と役割」を明確にし、小手先の部品の標準化・共通化に終わらないための「製品体系からアプローチするモジュール設計」のポイントを解説いたします。また、モジュール設計の手順である“製品仕様のレンジ化・系列化”⇒“ユニットのモジュール化”⇒“部品の共通化”を具体的な事例とともにわかり易く解説していきます。さらに、モジュール設計された製品を現場で生産効率を高めるための「生産効率化に結びつくモジュール設計の役割」についても解説いたします。


改訂ポイント【従来設計からモジュール設計へ】


ご要望に応え、実践モジュールの設計手順について詳しく解説いたします。

プログラム


2日間 10:00~17:00


第1章 マス・カスタマイゼーションとは何か


 ― 大量生産と受注生産を両立する ―

  1-1 マス・カスタム化とは
  1-2 市場の変化とコモディティ化回避戦略
  1-3 新興市場ではリバース設計で商品開発
  1-4 ハードからソフトへの付加価値追求

第2章 モジュール設計の意義と役割


 ― モジュール化の目的を明確にする ―

  2-1 標準化の意義と役割
  2-2 モジュール化で何を変えるのか
  2-3 モジュール化の目指すところ
  2-4 デザイン・ルールの確立
  2-5 モジュール設計を見える化する管理指標と目標値の設定

第3章 製品体系からアプローチするモジュール設計


 ― 効率的な製品の品ぞろえを追求する ―

  3-1 製品モデルの確立
  3-2 製品仕様のポートフォリオ分析
  3-3 商品仕様構成と製品システム構成の明確化
  3-4 プロダクト・ミックスの確立
  3-5 モジュール化の進展

第4章 製品仕様のレンジ化・系列化


 ― レンジ化には等比・等差数列を適用する ―

  4-1 製品群の類似性分析
  4-2 レンジ化・系列化の検討
  4-3 レンジ化への標準数の適用
  4-4 コストから見た系列化の最適分割段階

第5章 組合せを考慮するユニットのモジュール化


 ― モジュール化のキーは相互依存か独立か ―

  5-1 モジュール化とDSM(Design Structure Matrix)
  5-2 6つのモジュール化方式
  5-3 ユニット構成の固定変動要因分析
  5-4 モジュール化の方向性決定

第6章 部品特性を追求した部品の共通化


 ― 部品を部品標準化・共通化・統合化の3つに分類 ―

  6-1 部品少数化の方法
  6-2 部品構成の変動要因分析
  6-3 共通化の方向性の決定
  6-4 モジュール設計におけるVEの役割

第7章 モジュール設計の手順(ソフト紹介)



  7-1 モジュール設計の手順概要
  7-2 モジュール設計の手順
      Step1 製品群の類似性分析
      Step2 製品群のMD・PMD指数算定
      Step3 製品群のPQ分析にてC群のルール決め
      Step4 レンジ化:製品仕様
      Step5 モジュール化:ユニット構造
      Step6 共通化:部品構造
      Step7 モジュール設計の方向性決定

第8章 生産効率化に結びつくモジュール設計の役割


 ―設計モジュール化を生産効率化で刈り取る―

  8-1 設計でのDFMAの活用
  8-2 DFA:組立しやすい設計の条件
  8-3 DFM:加工しやすい設計の条件
  8-4 部品の類似を集め、変化を後にもっていく

関連リンク

ものづくりポータルサイトhttp://jma-column.com/

ご案内

講師


大塚 泰雄
JMA専任講師
㈱MEマネジメントサービス 常務取締役

改善、部品の標準化と開発費の低減、工場レイアウト・現場の作業改善(IE)を通じて総合的コスト
ダウンを展開し、企業の実績を改革するコンサルティング業務が活動の中心である。その他、公開セ
ミナー、社内教育などの活動も行う。
【著書】『技術者のための原価企画』『理想原価への挑戦』『実践原価企画』
『よくわかる金型の原価管理とコストダウン』『見える化でわかるムダつぶしコストダウン』
『トコトンやさしい原価管理の本』
他多数


会場について


開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。


料金について


・参加料にはテキスト(資料)・昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。


定員について


参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。


プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

会場(東京)

日本能率協会・研修室(東京)


〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル
日本能率協会研修室 15階・16階
TEL: 03-3434-6271


交通アクセス


東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口より 徒歩2分
東京メトロ半蔵門線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営三田線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営新宿線 神保町駅 A1出口より 徒歩7分

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)


日本能率協会法人会員企業一覧を確認する


  • 「日本能率協会法人会員参加料」は、お支払方法を「個人で振込」にした場合は適用されません。
    適用を希望される場合は必ず「会社から振込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

開催期間 会場 タイトル 参加料(税抜)
2017/07/05 水

2017/07/06 木
東京
(日本能率協会・研修室)
モジュール設計構築活用セミナー
参加料

受付中

110,000

終了したセミナーを表示する

開催期間 会場 タイトル 参加料(税抜)
2017/03/27 月東京
(日本能率協会・研修室)
モジュール設計構築活用セミナー
参加料
受付終了

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は②~③をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず) 無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず) 参加料の30%
    開催前日および当日 参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

パンフレット/参加申込書はこちら

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。