[新規開催!] 経営資源(人・モノ・金・情報)を上手に配分できていますか?

利益を最大化させる「最適資源配分」

※このセミナーについては受付を終了しておりますが、ご参考までに内容を表示しております。

― 財務3表を1表で保有資源とその活用を見る ―

開催概要

本セミナーのポイント


 日本の製造業の総資本利益率はアメリカの1/3、労働生産性はOECD加盟34ヵ国中21位、製造業でさえ11位です。その最大の要因として資本装備率が欧米の3倍もある設備依存の改善が生産性の向上に寄与していない現実を直視するとき、①多種少量にこだわり相入れない自動化に邁進、②設備に甘く、在庫に厳しい、③改善偏重で管理が不在、④人的資源より物的資源を優先、などの歪が浮き彫りになります。
 このことから本セミナーは「人・モノ・金・情報」の経営資源を、財務3表を1表にして見える化し、それを付加価値を生むアウトプットに活用するマネジメント力の強化を支援するものです。これは企業の業績差は内部資源の利用効率性の違いとするハーバードの最新戦略テキストであるRBV(Resorce Based View)の実践版です。


対象


・製造業の経営者層、工場幹部、経営企画、経理等

プロるラム


2日間 10:00~17:00


第1章 なぜ日本の収益性・生産性は低いのか ~低収益・低生産性の実態~
 1-1 日本企業の収益性は低い ―日本のROAは対米比1/3しかない―
 1-2 広がる大企業と中小企業の格差 ―大企業の半数は実質無借金なのに―
 1-3 労働生産性は収益性向上に繋がる ―労働生産性はOECD34ヵ国中21位―
 1-4 労働生産性から全要素生産性へ ―資本装備率は欧米の3倍あるのに―


第2章 設備投資が生産性に寄与しない要因 ~日本は世界一の自動化王国~
 2-1 ほとんどの設備投資は守りの投資 ―アウトプット増の攻めの投資を―
 2-2 改善に強くても管理に弱い ―生産性向上には改善と管理は両輪―
 2-3 省人化・自動化には限度がある ―稼働中の設備能力の未使用に注目―
 2-4 多種少量生産には設備は不向き ―設計標準化効果は生産段階で獲得―


第3章 業績差は経営資源の利用効率の違い ~経営資源を何に使うかが勝負~
 3-1 技術力だけではグローバル化に勝てない ―バランスの取れた企業力が必要―
 3-2 中間在庫を使ってカスタム対応 ―LT・在庫低減の効果を計算する―
 3-3 付加価値を生む製品と業務は何か ―顧客価値追求のイノベーション―
 3-4 日本企業のマネジメント力が問われる ―総資源生産性(人・モノ・金・情報)へ―


第4章 利益が生まれるしくみを理解する ~財務3表の基本とその役割~
 4-1 財務諸表から何が見えるか ―財務会計は過去の利益の分配情報―
 4-2 投資家は財務諸表から何を見たいか ―管理会計で未来の利益の獲得情報―
 4-3 財務3表を1表で見る ―年価に置き直すと1表の決算書に―
 4-4 財務会計から未来利益増の管理会計へ ―管理アクションが決算書に反映する―


第5章 経営資源がどう使われているか ~人・モノ・金・情報資源の活用分析~
 Step1:お金の価値を年価に換算する
 Step2:どの事業・業務に資源を投入しているか
 Step3:資源の保有と使途を把握する  ■ 人・モノ・金・情報資源の分類
 Step4:各資源の活用を消費か投資に分ける


第6章 利益・付加価値を最大化することができるか ~経営資源を価値あるものに~
 6-1 顧客は誰:ねらう市場はどこか ―マス・カスタマイゼーションへ―
 6-2 業績差は資源の利用効率性の違い ―内部資源を価値創造ゾーンに投入―
 6-3 顧客価値を生むプロセスを強化する ―価値創造は製品・サービスとプロセス―
 6-4 企業力を高める重要成功要因は何か ―7つの重要成功要因の焦点を絞る―


第7章 経営資源の活用計画を立ててみる ~人・モノ・金・情報資源の活用計画~
 Step1:成長と収益をねらう事業計画を立案
 Step2:成り行きでどれだけの利益が出るか
 Step3:投資の利益への貢献度を推定する
 Step4:経営資源の再配分と活用計画を立てる ■ 経営資源活用計画の作成


第8章 部門別の業績評価・KPIに展開 ~KPIを業績向上に繋げる~
 8-1 マネジメント力強化は見える化から ―分ける⇒測ると見えるように―
 8-2 業績評価指標の選択と設計 ―パフォーマンス・コストドライバー―
 8-3 利益が上がらないのには訳がある ―目減りプロセスのKPIに集中する―
 8-4 適正な評価に動機付けられ行動する ―レベル評価と努力度評価が大事―

ご案内

講師


橋本 賢一
JMA専任講師
㈱MEマネジメントサービス
マネジメントコンサルタント 公認会計士

1970年会計事務所を経て日本能率協会コンサルティングに入職。IEを中心に生産性向上、生産管理、原価管理のコンサルティングを行う。1985年㈱MEマネジメントサービスを設立。「原価管理」「原価企画」を中心とした企業経営のマネジメントレベルから工場管理、購買管理まで、国内はもとより海外企業で、幅広くマネジメントコンサルタントとして活躍している。豊富な実績と裏付けされた理論とその具体的な指導によるダイナミックな総合的アプローチにおいて定評がある。

【著書】
『経済性工学がわかる本』『見える化でわかる売り値と買い値』
『見える化でわかる間接・サービス部門の原価管理』『よくわかる原価のしくみ』
『社長!経営が見えていますか?』『よくわかる「ムダとり」の本』 他多数。


会場について


開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。


料金について


・参加料にはテキスト(資料)・昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。


定員について


参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。


プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

会場(東京)

日本能率協会・研修室(東京)


〒105-8522
東京都港区芝公園3-1-22
TEL: 03-3434-6271


交通アクセス


[地下鉄]
日比谷線 神谷町駅 3番出口より 徒歩7分
都営三田線 「御成門駅」 A1出口より 徒歩5分
都営浅草線・大江戸線 「大門駅」 A6出口より 徒歩12分

[JR線]
浜松町駅 北口出口より 徒歩15分

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)


日本能率協会法人会員企業一覧を確認する


  • 「日本能率協会法人会員参加料」は、お支払方法を「個人で振込」にした場合は適用されません。
    適用を希望される場合は必ず「会社から振込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

お申込み受付を終了しました。

終了したセミナーを表示する

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
2018/03/26 月

2018/03/27 火
東京
(日本能率協会・研修室他)
利益を最大化させる「最適資源配分」
参加料
受付終了

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
    開催前日および当日参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

パンフレット/参加申込書はこちら

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。