第41回 2019産業安全対策シンポジウム

お申込みについて
申込受付:2月15日(金)17時まで
それ以降の申込は、満席の場合を除き、当日、会場での受付となりますので名刺をご持参のうえ、ご来場ください。
(不明な点は、お問い合せください。)

開催概要

対象


安全、製造、生産技術、総務、経営企画、リスクマネジメント等のスタッフ、管理者および経営幹部の方


開催趣旨


 わが国の産業界は、市場・生産拠点のグローバル化、高度で複雑なIT利用、熟練技術者の退職等、取り巻く環境の変化により、開発・生産の効率化、品質維持等の観点において多くの課題を抱えています。加えて、自然災害による甚大な被害は、産業界にかつてない影響を残す結果となりました。
 この状況下において、企業では、安全管理システムの再構築、自然災害、疾病、ヒューマンエラー、事業継続計画の構築等、様々なリスク・課題にさらされており、社会的信頼確保の観点からもこれらのトラブルへの万全の対策が急務とされています。
 本シンポジウムは、産業界における災害・事故の予防ならびにトラブル後の事業継続のための対策等に関する重要課題をテーマとして取り上げ、また、本年度はパネルディスカッションセッションを企画し、「ヒューマンファクター」について、事例発表者とご参加の皆様と意見交換を行うとともに、産業界全体の安全対策、リスク対応力の向上に寄与することをねらいとして開催いたします。

プログラム概要


プログラムの詳細、関連情報などはホームページにてご案内いたします。

https://school.jma.or.jp/anzen/

    プログラム


    C:コーディネータ   S:スピーカ(敬称略)

    2019年2月19日(火)10:00~13:00


    S1 産業安全事故・分析と対策
     C: 川越 耕司 三菱ケミカル株式会社 環境安全部 安全グループ グループマネージャー

    1 事故からの教訓と共有化
     S:岩間 啓一 オフィス イワマ 代表

    2 新しいヒヤリハット事例活用の方法論
     S:小嶋 二郎 慶應義塾大学 大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 後期博士課程

    3 事故の背景に在る芳しくないマネジメントの予兆管理法
     S:中田 邦臣 特定非営利活動法人リスクセンス研究会 副理事長 兼 事務局長


    2019年2月19日(火)14:00~17:00


    S2 自然災害対策と危機管理
     C: 天野 玲子 国立研究開発法人防災科学技術研究所 審議役

    1 見たくないことを直視して事業継続を
     S:福和 伸夫 名古屋大学 減災連携研究センター センター長・教授

    2 大規模災害時における情報共有の重要性と産官学の役割
     S:臼田裕一郎 国立研究開発法人防災科学技術研究所 総合防災情報センター センター長

    3 愛知製油所のBCP(地震版)実効性向上 ~事業所目線の取組~
     S:阿部 隼人 出光興産株式会社 愛知製油所 安全環境室 プロセス安全専任 主任

    4 自然災害に対応する災害対策システムの構築と展望について
     S:西村  出 株式会社セブン-イレブン・ジャパン システム本部 システム企画 統括マネージャー


    2019年2月20日(水)10:00~13:00


    S3 自動化およびICTの進化と安全
     C: 鈴木 和彦 岡山大学 大学院 自然科学研究科 名誉教授・特任教授

    1 製造業のロボットシステムと安全
     S:小平 紀生 一般社団法人セーフティグローバル推進機構 理事 /三菱電機株式会社 FAシステム事業本部 主席技監

    2 3D計測、ドローンおよびITの安全への活用
     S:河村 幸二 合同会社スパーポイントリサーチ 代表

    3 技術・技能伝承におけるAI活用
     S:板倉 豊和 株式会社三菱総合研究所 コンサルティング部門 社会ICTイノベーション本部 先進サービス開発グループ 主任研究員


    2019年2月20日(水)14:00~17:00


    S4 リスクアセスメントとリスクマネジメント
     C: 野本 泰之 日揮株式会社 プロセステクノロジー本部 テクニカルHSE部 チーフエンジニア

    1 化学プロセスのリスクマネジメントについて
     S:中川 昌樹 三菱ケミカル株式会社 環境安全部 安全工学Gr マネージャー

    2 お客様のご要望にお応えする製品安全活動
     S:宮口 昌通 パナソニック株式会社 ランドリー・クリーナー事業部 品質統括部 部長

    3 鉄道分野におけるリスクマネジメントの取り組みと初期対応のあり方
     S:横井 祐一 朝日大学 経営学部 准教授


    2019年2月21日(木)10:00~17:00


    S5 これからのヒューマンファクターを考える
     パネルディスカッション理論編
     C: 小松原 明哲 早稲田大学 理工学術院 教授

    1 ヒューマンファクターの理論と考え方
     P:小松原明哲 早稲田大学 理工学術院 教授

    2 製造業進化の過程で「退化」したもの ~「考える力」を蘇生する
     P:天川 一彦 公益社団法人日本プラントメンテナンス協会 主幹研究員 / 慶應義塾大学 大学院 特別招聘講師

    3 医療におけるノンテクニカルスキルを正しく理解する
     P:長谷川 剛 上尾中央総合病院 特任副院長

     パネルディスカッション事例編
     C: 小松原 明哲 早稲田大学 理工学術院 教授

    4 航空機整備における現場支援
     P:後藤 隆朗 株式会社JALエンジニアリング 品質保証部 リスクマネジメントグループ グループ長

    5 製油所・石油化学工場における安全マネジメント
     P:斉藤嘉平太 JXTGエネルギー株式会社 環境安全部 副部長

    6 一人ひとりの安全行動を起点に「究極の安全」へ
     P:中川 昌弥 東日本旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部 安全企画部 次長

    「これからのヒューマンファクターを考える」
    日本の人口減を考えたとき、産業現場では多様なスタッフの業務従事や、少数のスタッフでの業務遂行が確実になる。
    この時代背景のもと、このセッションでは、これからのエラー対策と現場力強化、そして業務管理(マネジメント)について、その理論・方法論と具体的取り組みを幅広く模索したい。


    2019年2月22日(金)10:00~13:00


    S6 保安力、現場力
     C: 大谷  悟 三井化学株式会社 安全・環境技術部 抜本安全推進グループ グループリーダー

    1 新しい保安に向けての取り組み動向
     S:若倉 正英 特定非営利活動法人保安力向上センター センター長

    2 スーパー認定取得への取組み
     S:池田 修司 JXTGエネルギー株式会社 環境安全部 副部長

    3 自主保安高度化事業者認定取得への取組み
     S:豊田  泰 日本エイアンドエル株式会社 愛媛工場 生産管理部 環境安全課

    2019年2月22日(金)14:00~17:00


    S7 安全文化の現状の到達点と新たな展望
     C: 高野 研一 慶應義塾大学 大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授

    1 安全文化診断から見る最近の課題と改善の新たな方向性
     S:東瀬  朗 新潟大学 大学院技術経営研究科 特任准教授

    2 NEXCO中日本における安全文化醸成活動の進展と方向性
     S:中須  誠 中日本高速道路株式会社 総合安全推進部 担当部長

    3 東レ千葉工場における安全への取り組みについて
     S:三木 誠人 東レ株式会社 千葉工場長


      ご案内

      料金について


      ・参加料にはテキストが含まれております。昼食費は含まれておりません。
      ・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。



      プログラムについて


      ※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

        三田NNホール(東京都港区三田)

        東京都港区芝4丁目1番23号
        三田NNビル 地下1階 三田NNホール
        TEL:03-5443-3233

        交通のご案内
        ・都営地下鉄三田線
         「三田」直結(A9出口)
        ・都営地下鉄浅草線
         「三田」下車徒歩3分
        ・JR山手線、京浜東北線
         「田町」下車徒歩5分

          参加料

          (税抜き)
          1セッション/1名 2セッション(同一日のみ)/1名
          もしくは2/21(S5)
          7セッション(全日程)/1名
          日本能率協会法人会員
          日本プラントメンテナンス協会会員
          ¥19,000 ¥33,000 ¥120,000
          後援団体会員 ¥20,000 ¥35,000 ¥130,000
          官公庁・大学 ¥12,000 ¥19,000 ¥74,000
          上記外 ¥21,000 ¥37,000 ¥137,000

          テキスト合本 1冊あたり

          (税抜き)
          シンポジウム参加者 ¥25,000
          参加者以外(※) ¥50,000

          ※会期終了後に、請求書とともに発送いたします。

          セッションコード表

          2月19日(火) 2月20日(水) 2月21日(木) 2月22日(金)
          10:00

          13:00
          14:00

          17:00
          10:00

          13:00
          14:00

          17:00
          10:00

          17:00
          10:00

          13:00
          14:00

          17:00
          S1
          産業安全事故・分析と対策
          S2
          自然災害対策と危機管理
          S3
          産業の合理化、高効率化、自動化、IT化
          S4
          リスクアセスメントとリスクマネジメント
          S5
          これからのヒューマンファクターを考える
          <パネルディスカッション理論編/パネルディスカッション事例編>
          S6
          保安力、現場力
          S7
          安全文化の現状と新たな展望

          ※【7セッション(全日程)/1名】または【2セッション、もしくは2/21(S5)(同一日のみ)/1名】をお申込みの際は、 同一参加者でお申し込みください。当日の交代参加が可能です。

          お申込み

          海外からの参加お申込みについて

          海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

          キャンセルについて

          参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
          代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

          1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
            折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
          2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
            キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
            お振込期限までにお支払いください。
          3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
          4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
            キャンセルご連絡日キャンセル料
            開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
            開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
            開催前日および当日参加料の全額
          5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

          ※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
          ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

          メニュー

          お気に入り一覧お気に入りに追加

          ログインいただきますと、
          お気に入り機能が利用可能となります。