2018産業安全対策シンポジウム

開催概要

対象


安全、製造、生産技術、総務、経営企画、リスクマネジメント等のスタッフ、管理者および経営幹部の方

ねらい


産業界における災害・事故防止にかかわる諸問題と、今後重要視される産業安全の重要課題をテーマとして取り上げ、活発な情報交流を展開することにより解決策を探ります。

プログラム概要


現在、企画中です。
プログラムの詳細、関連情報などはホームページにてご案内いたします。

http://school.jma.or.jp/anzen/

プログラム


現在、企画中です。このプログラムは昨年度のものです。


 (敬称略) C:コーディネータ S:スピーカ
 ※プログラム内容(講演テーマ・スピーカ・講演の順番等)は変更になる場合がありますので予めご了承ください。

2月21日(火)


S1:類似事故の再発防止を考える
 C:國友委員 高圧ガス保安協会 理事

事業所の安全対策には、設備的な対応を行うハード対策、作業のマニュアル化や教育訓練等のソフト対策の両面で取り組まれている。また、最近では、危険予知からリスクアセスメントによる優先順位を考えた対策が実践されている。しかしながら、事業所内、業界内で類似の事故が発生している現実をどのように考えるべきなのか。 国内におけるコンビナート事業者間の連携・協業や、石油、石油化学産業の海外展開も進展する中で、類似事故の未然防止を図り、自主的な保安活動を高度化させていくことが大きな課題となっている。 本セッションでは、経済産業省委託事業のKHK事故調査解析委員会の成果や国内石油化学会社の保安活動を紹介するとともに、海外におけるプラント事故の状況をご紹介しつつ、我が国における類似事故の再発防止を如何に実現していくのか、国内外の事例研究を通じ、議論を進める。


 事故調査解析委員会の活動及び成果について
  1 事故調査解析委員会の活動について
  2 事故調査解析委員会の成果の事例紹介について
  S:永井秀行 高圧ガス保安協会 高圧ガス部 事故調査課 課長

 事故撲滅を目指した取り組みの紹介(安全文化の定着に向けて)
  1 安全活動強化の背景
  2 失敗(事故)に学ぶ
  3 技術者の責任と倫理
  S:藤村 直孝 元・三井化学㈱ 安全環境部長

 海外プラントの事故
  1 海外プラントの代表的な事故事例
  2 Natechについて
  3 海外における事故事例の活用
  S:東京大学 新井充

S2:安全文化のさらなる醸成と浸透を目指して -最新の知見と優良企業の具体的取り組み
 C:高野 研一 慶應義塾大学 大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授
 

近年の産業事故の増加に伴い、安全文化の重要性が高まっている。一方で安全文化への関心が高まりつつあるものの、その構成要素や要素間の関係性については十分な理解に至っているとは言いがたい。また、具体的な取り組みや醸成プロセスについても多くの事業者が模索している状況である。
そこで、このセッションでは、「安全文化とは何か?」という問いに的確に答え、 事業所における安全意識の浸透を確実にするための対策みついて考察する。
さらに、「どのように安全文化を醸成するか?」について、これまでの取り組みの方向性を紹介するとともに、最新の安全文化診断結果から得られた知見について報告する。同時に、安全に対する価値共有および参画意識を高めるために必要なモチベーション高揚を実践している優良企業の具体的な取り組みについても紹介する。


 自律的安全活動による安全文化の構築 ~トップダウンとボトムアップの融合
  1 推進体制と活動の方向性
  2 トップダウンとボトムアップの融合
  3 「人・もの・しくみ」取り組み事例
  S:西正幸 横浜ゴム㈱安全衛生推進室 室長補佐

 安全文化は人との繋がり
  1 従来の技術面重視の安全管理手法は限界を感じる
  2 人と人との繋がりにより相互に尊重して気づき災害を防止する
  3 しかし、人の感性に求めるものであり、理解と実行には容易いものではない。
  S:西山 文雄 日揮㈱ 品質・安全・環境室

 化学産業における安全文化診断とその結果の活用
  1 近年、化学産業でも安全文化の重要性が認識されてきている
  2 安全文化診断手法として高野らの8軸に基づくアンケートの有効性が示された
  3 その結果から安全文化の因果モデルを構築することにより対策検討が容易となる。
  S:宇野研一 慶応義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科 助教

2月22日(水)


S3 産業の合理化・効率化・自動化と安全 IT化と安全
 C:仰木 啓訓 三菱化学㈱ 技術部企画調整グループ グループマネジャー

産業界とりわけ製造業においては、「ものづくり」の過程において多種多様かつ膨大な情報をデータとして収集・蓄積している。昨今ではこの大量のデータを活用し、保安安全の確保や安定操業に繋げる新たな価値の創出という「ビッグデータの活用」への期待が高まっている。ビッグデータの活用では新たなセンサー技術などにより得られた情報を高度なデータ処理技術と人工知能(AI)技術により「モノ」の状態を可視化し「判断」の材料へと変えていく。これら一連の情報活用により、より高度な安全管理に結び付けていくことが可能になっていくだろう。
一方でこれらの情報収集のための通信技術の活用により、近年注目されているサイバーセキュリィへの対応も併せて考慮していく必要がある。多様化するサイバー攻撃への対処もまたものづくりにおける安全の確保のために重要なポイントとなる。本セッションでは、ものづくり産業におけるビッグデータ活用技術とIoT(モノのインターネット)が発達していく中で注視すべき製造現場でのサイバーセキュリティ対応技術について紹介するとともに安全管理の高度化について考える。


 製油所の運転・保全データを活用した高度安全管理技術の調査
  1 データ活用の可能性探査
  2 データ活用に向けた活動事例紹介
  3 今後のさらなる活用に向けた方向性
  S:上小澤哲人 (一財)石油エネルギー技術センター 技術企画部長

 製造現場におけるITセキュリティ対策 CSMSを中心とした取り組み
  1 制御システムのサイバーセキュリティ
  2 CSMS(サイバーセキュリティマネジメントシステム)の構築と成果
  3 今後の期待と展望
  S:島廻昭朗 三菱化学エンジニアリング㈱ 鹿島事業所 エンジ1部 制御情報システムグループ 次長

 設備運転データから隠れた異常を検知する ~AIの活用による監視高度化のアプローチと異常の早期発見~
  1 設備運用上の課題とこれまでの対策
  2 設備保全に関するAI活用の動向と国の推進状況
  3 AI活用による異常の早期検知(いつもと違う状態の早期検知
  S:相馬知也 日本電気㈱ ビッグデータ戦略本部 シニアデータアナリスト

S4 リスクアセスメント・リスクマネジメント ~ものづくりの安全・安定操業のために~
 C:宮田 栄三郎 住友化学(株) レスポンシブルケア部 主席部員

「ものづくり」を中心とした基盤産業は、我が国のあらゆる経済領域の根幹である。しかしながら、近年では、大量の定年退職や労働力人口の減少、国際競争の一層の激化など、我が国のものづくりは厳しい局面を迎えている。
我が国のものづくり産業が今後も競争力を維持・発展させるためには、製品の安全・安定供給が必要不可欠であることは言うまでもない。そのためには、生産現場での事故・災害等の様々なリスクを事前に徹底評価し、重大ハザードの発現防止を図るとともに、有事においても従業員や周辺地域ならびに経済活動に与えるインパクトを最小化するための迅速・的確な対応を策定しておくことも必要となる。
そこで本セッションでは、プロセスプラントでの火災・爆発・漏洩などの災害防止のためのリスクアセスメントを例として、その進め方やポイントについて紹介いただく。さらに、安全・安定を達成するための企業でのリスクマネジメントの取り組み例を紹介いただくとともに、実践的なBCP策定のための注意点等を紹介いただく。


 プロセス災害防止のためのリスクアセスメント等の進め方
  1 労働安全衛生法の改正
  2 火災・爆発防止のためのリスクアセスメント等の進め方
  3 リスクアセスメント等実施結果の活用
  S:島田 行恭 (独)労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所 リスク管理研究センター 上席研究員

 デンソーのリスクアセスメント
  1 デンソーの安全の原点
  2 安全マネジメント
  3 リスクアセスメントの取り組み
  S:山田哲久 ㈱デンソー 安全衛生環境部 安全衛生室長

 産官学の本音トークによる南海トラフ巨大地震克服への取組
  1 個社のBCPで対応可能?行政・インフラ・産業界の実力は?
  2 「本音の会」により組織間の信頼関係を構築
  3 現実的なボトルネックと対応力を共有して強靱な社会へ
  S:都築充雄 名古屋大学 減災連携研究センター 寄付研究部門 准教授

2月23日(木)


S5:ヒューマンファクター再考 -しなやかに強い現場力を目指して-
 C:鳥居塚崇 日本大学 生産工学部 教授

システム、技術、組織、働き方...すべてが複雑化している昨今、ヒューマンエラーに立ち向かうには、「人間」が持つ限界だけに着目するのではなく、いかに人間の特性を効果的に活用するかが重要となる。セッション5では、改めて人間を理解することの重要性について議論したい。そこにはヒューマンエラーを発生させる人間だけでなく、刻々と変化する環境に柔軟に対処することができる人間が、また緊急事態にも柔軟に対応することができる人間が存在する。このような「人間」への理解を深め、しなやかに強い現場力つけるにはどうすべきかについて考えてみたい。


 SafetyIIを高めるためのヒューマンファクター的アプローチ
  1 SafetyIIにおいて欠くことのできない人間特性としての「レジリエンス」
  2 レジリエンスを強化するための内的要因への働きかけ
  3 レジリエンスを支援するための外的要因のデザイン
  S:中西美和 慶應義塾大学 理工学部 管理工学科 准教授

 医療現場における現場力と安全
  1 医療安全の現状と課題
  2 医療者の特性とノンテクニカルスキルの重要性
  3 レジリエンスは医療安全に有用か?
  S:山内桂子 東京海上日動メディカルサービス㈱ メディカルリスクマネジメント室 主席研究員

 ノンテクニカルスキルに着目した緊急時対応リーダーシップ訓練の開発と実践
  1 3・11福島第一発電所事故の教訓および良好事例に学ぶ
  2 想定外の事故にも対応できる人間力向上のための研修カリキュラム開発
  3 プラント現場での検証結果とレジリエンス強化の可能性
  S:金山正樹 ㈱原子力安全システム研究所 社会システム研究所 副所長 ・ ヒューマンファクター研究センター長

S6:改めて現場力を考える(Safety-IIの視点も含めて)
 C:楠神健 東日本旅客鉄道㈱ JR東日本研究開発センター 副所長(ヒューマンファクター)

現場の安全は、技術やルールのみで成り立っているわけではなく、従事者の仕事に対する意識や成長・改善意欲、それをベースにした従事者間の連携・チームワーク、そして全体の基盤になる組織の安全文化で成り立っている面も非常に大きい。一方、こういった”現場力”は日本の産業の武器とされていながら、システム化や分業化あるいはマニュアル化などの影響で、低下しているとも言われている。またそういった中で、人のパフォーマンス調整を重視するSafety-IIといった概念も提示されている。本セッションでは、航空機のメンテナンス作業、新幹線の清掃作業、テーマパークの運営作業の3分野から事例紹介をいただき、現場力と安全に関して改めて考えてみたい。


 航空機整備における現場力と人財育成
  1 ヒューマンエラーの現状と分析
  2 ヒューマンエラーへの対応
  3 階層別人財育成
  S:土屋 宏治 ㈱JALエンジニアリング 人財開発部 グループ長
 
 TESSEIの風土改革 ~SafetyⅡの視点から~
  1 TESSEIはなぜ7minutes miracleと呼ばれるようになったか
  2 TESSEIの現場力
  3 現場力を持続可能なものとするために
  S:加藤正道 ㈱JR東日本テクノハートTESSEI 代表取締役社長

 ディズニーリゾートで大切にされているSAFETY~すべてはゲストのために~
  1 わかりやすい行動指針
  2 わかりやすく伝える文化
  3 その積み重ねがキャストの自立を促す
  S:石坂秀己 接客向上委員会&Peace 代表

2月24日(金)


S7:「技術伝承と安全」~次世代へ繋げる安全
 C:佐伯 陽一 旭化成(株) 環境安全・品質保証部 保安防災グループ シニアアドバイザー

国内化学プラントにおいて3件の大事故が連続して発生してから5年が経過した。これらの事故は、危険源の認識不足、緊急操作の不備、チーム力の低下が要因と考えられている。現在、化学プラント等の建設、立ち上げに従事し、多くのトラブルを経験して来た団塊世代がリタイヤして来て、その蓄積した知見や対応力の伝承が急務であるとして各社取り組まれている。しかし、どの技術を伝承して行くのか、どのように教えていくのか、テキストの作成、講師の育成、トラブル対応訓練の方法、海外工場における教育の工夫・配慮等々、頭を悩ませるところである。本セッションでは「技術伝承と安全」をテーマに、基礎技術・知識の選定、危険感受性の醸成、緊急時対応力の向上訓練、海外工場における教育等について3社から事例紹介して頂く。


 体験・体感型研修によるプラント運転員の人材育成
  1 人材育成の課題と対応
  2 三井化学 技術研修センターの紹介
  3 社外研修と企業連携
  S:木原 敏秀 三井化学㈱ 生産技術本部 安全・環境技術部 技術研修センター長

 訓練プラントを活用した研修事例の紹介
  1 時代の変化に対応した人材育成の取組み
  2 保安係員(直長)⑨の災害発生時・初期対応訓練
  3 新人ボードマン育成の基本動作研修
  S:橋本 昌樹 出光興産㈱ 製造技術部技術研修センター

 LNG基地における安全活動と若手育成への取組み
  1 若手早期育成への取り組み
  2 安全文化醸成への取り組み
  3 安全活動の事例紹介
  S:周藤功 東京ガス㈱ 袖ヶ浦LNG基地 施設部部長

S8:人材の「質の変化」と課題〜「新たな視点の育成」を考える
 C:天川一彦 元・(公社)日本プラントメンテナンス協会 主幹研究員

製造業の現場は、一昔前と比べると大きく異なってきた。トラブルをミニマムにする努力、操業・設備両方を知るベテランの勇退、コスト効率追求を目的とした人員の最小化や請負者採用、それを可能にする標準・手順の整備、といった活動が行われ、人員の最小化と同時に「質の変化」が起こっている。その結果、最近の学生教育と相まって、現場第一線で「考えない人」を作り出しているのではないだろうか。この課題を解決するためには、一昔前のように「先輩の背中を見て時間をかけ育成する」方式では難しく、新たな「現場経験を積ませる方法」が必要である。本セッションでは、次世代の若手を育成するため、まず、歴史を振り返り問題の本質を明らかにし、一方で、教育現場の実態を評価する。そして、実際の現場で中堅者をどう育成すればよいかを実例をもって提案したい。


 安全の新しい教育
  1 製造業の歴史をふりかえる ~何が変わった?
  2 現場を評価する ~歴史から見た現場の変化
  3 新たな教育 ~"過去の教育"から進化する
  S:天川一彦 (公社)日本プラントメンテナンス協会

 技術者(将来の担い手である学生を含む)向け安全工学関連教育の課題と産学連携における大学の役割
  1 技術系人材育成の課題と教育の現状
  2 企業における安全工学関連教育の実態調査結果
  3 産学連携における大学へのニーズ
  S:岡崎 慎司 横浜国立大学 大学院工学研究員 教授

 中堅者の育成
  1 安全と安定操業のために、現場の力を取り戻す
  2 そのために、管理者候補の「中堅者」を育成する
  3 「中堅者の育成」状況と課題
  S:小瀬村 晋 東邦チタニウム㈱ 顧問

ご案内

料金について


・参加料にはテキストが含まれております。昼食費は含まれておりません。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。



プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

三田NNホール(東京都港区三田)

東京都港区芝4丁目1番23号
三田NNビル 地下1階 三田NNホール
TEL:03-5443-3233

交通のご案内
・都営地下鉄三田線
 「三田」直結(A9出口)
・都営地下鉄浅草線
 「三田」下車徒歩3分
・JR山手線、京浜東北線
 「田町」下車徒歩5分

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)


日本能率協会法人会員企業一覧を確認する


  • 「日本能率協会法人会員参加料」は、お支払方法を「個人で振込」にした場合は適用されません。
    適用を希望される場合は必ず「会社から振込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

開催期間 会場 タイトル 参加料(税抜)
2018/02/20 火

2018/02/23 金
東京
(三田NNビルB1F (東京・港区))
2018産業安全対策シンポジウム
S1
企画中
2018産業安全対策シンポジウム
S2
企画中
2018産業安全対策シンポジウム
S3
企画中
2018産業安全対策シンポジウム
S4
企画中
2018産業安全対策シンポジウム
S5
企画中
2018産業安全対策シンポジウム
S6
企画中
2018産業安全対策シンポジウム
S7
企画中
2018産業安全対策シンポジウム
S8
企画中

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は②~③をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず) 無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず) 参加料の30%
    開催前日および当日 参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。