第40回 2018産業安全対策シンポジウム

※このセミナーについては受付を終了しておりますが、ご参考までに内容を表示しております。

お申込みについて
申込受付:2月16日(金)17時まで
それ以降の申込は、満席の場合を除き、当日、会場での受付となりますので名刺をご持参のうえ、ご来場ください。
(不明な点は、お問い合せください。)

開催概要

対象


安全、製造、生産技術、総務、経営企画、リスクマネジメント等のスタッフ、管理者および経営幹部の方


開催趣旨


 わが国の産業界は、市場・生産拠点のグローバル化、高度で複雑なIT利用、熟練技術者の退職等、取り巻く環境の変化により、開発・生産の効率化、品質維持等の観点において多くの課題を抱えています。加えて、東日本大震災による甚大な被害は、産業界にかつてない影響を残す結果となりました。この状況下において、企業では、安全管理システムの再構築、自然災害、疾病、ヒューマンエラー、事業継続計画の構築等、様々なリスク・課題に曝されており、社会的信頼確保の観点からもこれらのトラブルへの万全の対策が急務とされています。
 本シンポジウムは、産業界における災害・事故の予防ならびにトラブル後の事業継続のための対策等に関する重要課題をテーマとして取り上げ、産業界全体の安全対策、リスク対応力の向上に寄与することをねらいとして開催いたします。


プログラム概要


プログラムの詳細、関連情報などはホームページにてご案内いたします。

http://school.jma.or.jp/anzen/

プログラム


C:コーディネータ   S:スピーカ(敬称略)

2018年2月20日(火)10:00~13:00


S1 産業安全 事故分析と対策
 C:中村 順 公益財団法人総合安全工学研究所 事業部 事業部長

1.最近の高圧ガス関係の事故事例紹介
 ・高圧ガス事故統計について
 ・平成28年度に発生した重大事故(B級以上)
 ・高圧ガス事故事例
 S:篠田 康則 高圧ガス保安協会 事故調査課 兼 高圧ガス課 兼 保安業務課

2.潤滑油製造装置火災の教訓と対策 ~腐食管理の改善、リスクアセスメントの質向上、及び住民避難の検証~
 ・火災事故の概要
 ・直接原因とその対策
 ・間接原因とその対策
 ・火災前に行っていたリスクコミュニケーション
 S:鈴木 大太郎 JXTGエネルギー株式会社 和歌山製油所 副所長

3.事故事例の活用による化学プラントの安全対策
 ・事故調査の重要性
 ・失敗の連鎖
 ・技術者の役割
 S:中村 順 公益財団法人総合安全工学研究所 事業部 事業部長

 事故は単純な原因で起こるのではなく、気づかない失敗の連鎖の結果で起こります。プラントが複雑になり、事故・トラブルの経験が減少する中で、他での事故事例をどのように自社の安全に生かしていくかが重要になってきています。
 本セッションでは、事故について事故調査委員会にも参画されて調査・解析をされておられるKHK事故調査解析委員会の成果について報告いただきます。
 また、最近の化学工場の事故については、詳細な事故調査報告書が公開されてきております。その中で、腐食穿孔による内部流体の漏えい火災及び、タンク内の堆積スラッジの自然発火火災事故について調査結果と対策について報告いただきます。リスクとして考慮されていたにもかかわらず、事故に至った経緯について調査され、貴重で有益な事故調査報告として紹介いただきます。
 こうした事故調査報告書やその関連資料として、SDS、特許情報などの見方・読み方を説明し、どこに問題があったかや、どのようにして安全に生かしていくかについて解説します。


2018年2月20日(火)14:00~17:00


S2 安全文化、これからの展望 ~その方向性とgood practice
 C:高野 研一 慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授

1.保安力評価における安全文化
 ・保安力評価の現状
 ・安全文化の傾向
 ・安全文化の改善
 S:若倉 正英 保安力向上センター センター長

2.職務規律の改善による安全文化の強化
 ・恒久的安全を目指す当社の取り組み
 ・デュポン式プロセス安全管理システム(PSM)
 ・職務規律の評価と改善
 S:山本 芳正 三井・デュポン ポリケミカル株式会社 生産保安部 保安環境グループ グループリーダー

3.安全と品質は企業活動の根幹であり、マネジメントそのもの
 ・災害は職場の問題の代表特性である
 ・最悪の事態を想定する訓練と活かし方
 ・モノづくりは人づくり
 S:古澤 登 安全と人づくりサポート 代表

 設備災害および労働災害を防止するための組織の基盤としての安全文化については、多くの企業で認識されるようになってきました。この先、安全文化のさらなる深化とそれがもたらす成果について、考えられる展望について議論することが重要です。その一つとして、安全文化と安全基盤から構成される保安力の自己評価がここ数年行われており、その成果や現状について紹介いただき、今後の展開や期待される成果について議論することが望まれます。
 また、これまで、長年に渡る現場での安全性向上に向けた様々な活動や努力を踏まえた上で、今後の方向性を探ることも重要であり、まさに安全哲学をどのように組み立てていくべきかについて考えます。
 安全文化の基盤は、組織、職場、個人の各レベルで自問自答することで深まっていきます。我が国では、組織の安全文化は、「自ら問題意識を持ち、それを共有し、職場で自ら自律的に実行することで組織的に展開していく」とする自律的安全活動が有効に機能してきました。このような安全活動や取組みについて、good practiceを幅広く紹介いただき、皆で共有していきます。


2018年2月21日(水)10:00~13:00


S3 産業の合理化・効率化・自動化と安全
 C:野本 泰之 日揮株式会社 プロセステクノロジー本部 テクニカルHSE部 チーフエンジニア

1.人間の役割の再確認:安全へのポジティブな寄与の重要性
 ・Safety-Ⅱの考え方とその背景
 ・安全確保における人間の寄与の重要性とGood Practiceの例
 ・最適化とレジリエンスの関係
 S:高橋 信 東北大学大学院 工学研究科 技術社会システム専攻 教授

2.トヨタの自動化時の安全対応
 ・隔離&停止を基本とした保護方策の取り組み
 ・隔離&停止不要の本質安全化の取り組み
 ・「協働ロボット」への対応
 S:星野 晴康 トヨタ自動車株式会社 安全健康推進部 安全衛生室 技術G 主幹

3.ダイセル生産革新と安全性
 ・ダイセル生産革新の概要
 ・運転標準化の取り組み
 ・教育訓練センターでの人材育成の取り組み
 S:田渕 丈晴 株式会社ダイセル 生産技術本部 生産革新センター 所長

 産業界では国際競争力の強化・多様な顧客のニーズを満足するために、各企業は合理化・効率化・自動化に取り組んでいます。一方、合理化・効率化・自動化を進めて行くと、安全が損なわれたり、思いもよらぬ新たな危険が生まれたりする事があります。
 このセッションでは、「トヨタ生産方式」、「ダイセル式生産革新」を取り上げ、その両社が、その改善運動・生産システム革新を進めていく上で、どの様に安全を考慮しているかの事例を解説します。
 また、近年のシステム技術・情報技術の発展に伴い、安全性という観点から、「技術が適切に機能するためには、人間(または組織)が、余分な変動要素を吸収できるバッファーとして機能しなければならない」という考え方を中心に、“学”の立場から、産業システムにおける人間の役割を再確認します。
 このセッションを通して、参加者各位は、ご自身の合理化案・問題点と照らし合わせて、安全について考え、安全確保を達成するヒントを得ることが出来るでしょう。


2018年2月21日(水)14:00~17:00


S4 進化するICTと安全のスマート化
 C:榎本 敬二 中部電力株式会社 発電カンパニー 知多火力発電所 所長

1.モバイル端末とデータ解析技術を活用した運転員の業務高度化の取組
 ・モバイル端末を活用したIoT活用ユースケース
 ・現場運転員の業務の将来像
 S:秦 央彦 アクセンチュア株式会社 素材・エネルギー本部 シニア・マネジャー

2.人の暮らしや仕事を活き活きさせる人工知能 ~人工知能が実現する未来に向けて~
 ・日立がめざす人工知能が浸透した未来の社会について
 ・日立で取り組んでいる人工知能のご紹介
 ・人工知能の業務への適用事例と適用イメージ
 S:杉山 和仁 株式会社日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部
  デジタルソリューション推進本部 AIビジネス推進部 担当部長

3.町工場でも成果の出せるIoTによる生産性と安全性向上
 ・安価で使いやすいIoTモニタリングシステムを構築した経緯
 ・成果を出すためのマネジメント上の工夫
 ・成果と今後
 S:黒川龍二 i Smart Technologies(株) 執行役員COO/旭鉄工(株)コンサル事業部長

 製造業をはじめとする「ものづくり」企業がグローバルな競争の中で勝ち残るためには、高いレベルの生産性や品質を実現し、さらに高めていくことが必須となっており、近年では加速的に進化するIoTやビッグデータ、AI等のICTの積極的かつ効果的な活用の成否が勝敗を左右しつつあると考えられます。
 一方で、生産プラントの老朽化や熟練技術者の引退等に起因する事故の増加や、激しさを増す自然の脅威も懸念され、保安力の強化やスマート化の視点でもICTの活用は必要不可欠となっています。しかしながら、ICTを活用したくても、その導入に必要な投資に尻込みしている企業も多く、また今後の働き方の変化に不安を抱えている例も多いと考えられます。
 そこで本セッションでは、ICTの先進的な活用事例や将来像のご紹介に加え、低コストでIoTを導入し大きな成果を挙げている例やそのノウハウもお示しし、今後のICTの活用と安全のスマート化の方向性について、働き方の変化についても視野に入れて議論を進めたいと考えます。


2018年2月22日(木)10:00~13:00


S5 リスクアセスメント・リスクマネージメント
~ものづくりの安全・安定操業のために~

 C:小澤 謙二 トヨタ自動車株式会社 安全健康推進部 部長

1.定量的リスクアセスメントに基づくプラント設計
 ・プラント設計段階で行われている定量的リスクアセスメント
 ・アセスメント結果の活用(設計への影響/反映)
 ・定量的リスクアセスメントに基づくプラント設計の注意点
 S:原 信幸 日揮株式会社 プロセステクノロジー本部 テクニカルHSE部
   エンジニアリングHSEグループ リーダー

2.セーフティケース制度を適用したプロセスセーフティ管理
 ・プロセスセーフティ管理の取り組み
 ・セーフティケース制度について
 ・リスクマネジメントの取り組み
 S:中嶋 丈嘉 国際石油開発帝石株式会社 HSEUプロセスセーフティG

3.重大災害から見たリスクマネジメント
 ・製造現場の変化
 ・リスクアセスメントと変更管理の課題
 ・工学システムにおける安全目標の考え方
 S:中村 昌允 東京工業大学 環境・社会理工学院
  イノベーション科学系・技術経営専門職学位課程 特任教授

 「ものづくり」を中心とした基盤産業は、我が国のあらゆる経済領域の根幹です。
 しかしながら近年では、大量の定年退職や労働力の減少・高齢化、国際競争の一層の激化など、我が国のものづくりは厳しい局面を迎えています。
 我が国のものづくり産業が今後も競争力を維持・発展させるためには、製品の安全・安定供給が必要不可欠なのは言うまでもありません。そのためには、生産現場で事故・災害等の様々なリスクを事前に徹底評価し、未然防止を図るとともに、有事においても従業員や周辺地域ならびに経済活動に与えるインパクトを最小化するための迅速・的確な対応を策定しておくことも必要となります。
 そこで本セッションでは、プラント設計時の火災・爆発・漏洩などの災害防止のための定量的なリスクアセスメント活用について紹介していただくとともにプラント操業における安全・安定を達成するための企業でのリスクマネージメントの取り組み例を紹介いただきます。さらに過去の重大災害から見たリスクマネージメントの注意するポイントを紹介いただきます。


2018年2月22日(木)14:00~17:00


S6 ヒューマンファクターの視点による安全管理
~疲労マネジメントの考え方と実践~

 C:鳥居塚 崇 日本大学 生産工学部 教授

1.疲労マネジメントによる産業安全対策とこれからの実践課題
 ・事業用自動車における疲労起因性の重大事故の原因を探り、疲労マネジメントとの関わりを追求します
 ・産業疲労研究では、負荷-負担-疲労モデルから疲労の特性の解明に当たってきました
 ・業務の負担軽減を多様に図ることが疲労マネジメントにとっての核心であることを示します
 S:酒井一博 大原記念労働科学研究所 所長

2.「生活レベルからの疲労管理」~JR西日本の取り組み~
 ・運転士の眠気防止に向けて
 ・生活リズムの改善
 ・睡眠環境の改善
 S:阿部 啓二 西日本旅客鉄道株式会社 安全研究所 研究主幹

3.安全対策に活かす疲労マネジメント
 ・安全対策に活かす疲労研究の動向
 ・work-lifeの相互作用と勤務間インターバル制度
 ・包括的アプローチによる疲労マネジメント
 S:榎原 毅 名古屋市立大学大学院 医学研究科 環境労働衛生学分野 講師

 ここ数年のヒューマンエラー防止に関わるセッションでは,ヒューマンファクターを再考しようというトピックや、Safety IIやレジリエンスエンジニアリングにも着目しようというトピックが続きました。
 そこでこれまでの問題を整理し,安全上の主要なリスクとなり得る「疲労」に改めて着目することにしました。またそのアプローチも、作業中の疲労を軽減するにはどうすべきかといった従来の考え方ではなく、「疲労を上手にマネジメントしよう」というようにレジリエンスの考え方に則っています。この考え方はこれまでも一部では知られていましたが、例えば高速バス事故等のような疲労が要因となる大事故が増加したことで注目を浴びるようになってきました。
 そこで今回のシンポジウムでは、まず疲労マネジメントの考え方についての基礎的なレクチャーに続き、JR西日本が取り組んでいる日常の生活レベルからの疲労管理に関わる話題、さらに実際にいくつかの業界で取り組んでいる疲労リスクマネジメントに関わる話題を提供し、ディスカッションに繋げていきます。
 疲労マネジメントは、それぞれの事業所が抱える身近かつ難解な問題です。このセッションではそのような問題を解決する糸口を提供したいと考えています。


2018年2月23日(金)10:00~13:00


S7 安全教育 ~安全意識の向上に向けて~
 C:天川 一彦 公益財団法人日本プラントメンテナンス協会 主幹研究員

1.JALグループにおける安全意識教育
 ・安全の取り組みの原点
 ・安全啓発センター
 ・三現主義に基づく安全意識教育
 S:松下 透 日本航空株式会社 安全推進本部 運営グループ グループ長

2.鉄道安全考動館を活用した安全意識の向上
 ・原点である福知山線列車事故
 ・鉄道安全考動館での安全研修
 ・更なる安全意識の向上に向けた今後の「安全考動研修」の充実
 S:冨本 直樹 西日本旅客鉄道株式会社 安全推進部 安全マネジメント戦略室 室長

3.体験・体感型研修の紹介
 ・三井化学 技術研修センターの紹介
 ・技術伝承教育のやり方
 S:木原 敏秀 三井化学株式会社 生産技術本部 安全・環境技術部 技術研修センター センター長

 安全活動の対象はもちろん、「人」です。いくら機械化を進めても、運転や作業をする人、保全をする人、など現場から人がゼロになることはありません。従って、安全に作業を行う上で、人を教育し訓練することが必須なことは、言うまでもありません。各社とも昔から育成に取り組み、安全意識を高め、安全成果を上げてきました。「もう、安全活動は腹一杯!」なんて安全担当者から声が聞こえてきそうですが、今回紹介する事例は、従来の取り組みに、もう一つ、工夫を加え、安全活動を進化させるヒントになるはずです。
 また、体験型教育も最近は各社とも盛んに行われていますが、今回の事例はその活動を振り返るチャンスにもなります。安全活動を進化させたいと思っている方、是非、ご参加いただき、職場安全活動の実践を進化させていこうではありませんか。


2018年2月23日(金)14:00~17:00


S8 安全教育 ~ノンテクニカルスキルの向上~
 C:高橋 健 日本貨物航空株式会社 安全推進室 シニアマネージャー

1.組織レジリエンス向上のためのノンテクニカルスキル育成
 ・組織学習のための安全育成モデル
 ・組織レジリエンスを確立するためのレジリエンスマトリックス
 ・組織レジリエンス構築のためのPDCAサイクル
 S:越島 一郎 名古屋工業大学 大学院工学研究科ながれ領域 社会工学専攻 都市社会工学科 教授

2.原子力発電所におけるノンテクニカルスキル向上訓練プログラム
 ・訓練プログラム設計の基本方針
 ・本訓練プログラムの特徴
 ・実際の訓練手法および評価手法
 S:渋江 尚夫 一般財団法人電力中央研究所 原子力技術研究所
  ヒューマンファクター研究センター 特定上席研究員

3.ノンテクニカルスキル発揮のための規律遵守性の向上
 ・ノンテクニカルスキル発揮のための施策 ①
 ・ノンテクニカルスキル発揮のための施策 ②
 S:南川 忠男 旭硝子株式会社 千葉工場 環境安全部 保安管理グループ 主席

 一般的に“業務遂行に必要な能力”として、「知識」、「スキル」、「姿勢」の3つが必要といわれています。このうち、「スキル」については、機器の操作等の技術的なスキル(テクニカルスキル)と業務をより確実に遂行するためにテクニカルスキルをサポートするノンテクニカルスキルとがあります。テクニカルスキルについては、教育後の評価も確立されており、確実に身につけることができていると思います。一方、ノンテクニカルスキルについては、どのように教育し、どのように教育後の評価をするかなど、苦労しているのが現状ではないでしょうか。ノンテクニカルスキルには、コミュニケーションやリーダーシップなど、普段何気なく行っているものが含まれており、それだけに教育、評価が難しいともいえます。
 本セッションでは、ノンテクニカルスキルの必要性、それを身につけるために、どう教育するのかを御紹介していただきます。皆様がノンテクニカルスキル教育を考えるヒントを与えてくれる内容になるものと思います。

ご案内

料金について


・参加料にはテキストが含まれております。昼食費は含まれておりません。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。



プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

三田NNホール(東京都港区三田)

東京都港区芝4丁目1番23号
三田NNビル 地下1階 三田NNホール
TEL:03-5443-3233

交通のご案内
・都営地下鉄三田線
 「三田」直結(A9出口)
・都営地下鉄浅草線
 「三田」下車徒歩3分
・JR山手線、京浜東北線
 「田町」下車徒歩5分

参加料

(税抜き)
1セッション/1名 2セッション(同一日のみ)/1名 8セッション(全日程)/1名
日本能率協会法人会員
日本プラントメンテナンス協会会員
¥19,000 ¥33,000 ¥120,000
後援団体会員 ¥20,000 ¥35,000 ¥130,000
官公庁・大学 ¥12,000 ¥19,000 ¥74,000
上記外 ¥21,000 ¥37,000 ¥137,000

テキスト合本 1冊あたり

(税抜き)
シンポジウム参加者 ¥25,000
参加者以外(※) ¥50,000

※会期終了後に、請求書とともに発送いたします。

セッションコード表

2月20日(火) 2月21日(水) 2月22日(木) 2月23日(金)
AM
10:00

13:00
PM
14:00

17:00
AM
10:00

13:00
PM
14:00

17:00
AM
10:00

13:00
PM
14:00

17:00
AM
10:00

13:00
PM
14:00

17:00
S1
産業安全 事故分析と対策
S2
安全文化、これからの展望 ~その方向性とgood practice
S3
産業の合理化・効率化・自動化と安全
S4
進化するICTと安全のスマート化
S5
リスクアセスメント・リスクマネージメント ~ものづくりの安全・安定操業のために~
S6
疲労とヒューマンエラー
S7
安全教育 ~安全意識の向上に向けて~
S8
安全教育 ~ノンテクニカルスキルの向上~

※【8セッション(全日程)/1名】または【2セッション(同一日のみ)/1名】をお申込みの際は、
  同一参加者でお申し込みください。当日の交代参加が可能です。

お申込み

お申込み受付を終了しました。

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
    開催前日および当日参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

パンフレット/参加申込書はこちら

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

メニュー

お申込み受付を終了しました。

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。