プログラム 3月10日(木)

(敬称略)

10:00

12:45
セッション 1
コーデックスHACCPの改定情報とJFS-B規格の最新動向

コーディネータ:一般社団法人日本能率協会 審査登録センター FSMS 技術部長 関根 吉家

「改訂されたコーデックスの食品衛生の一般原則」

1. 文書の構造の変化と新設された共通事項
2. GHPの新規事項
3. HACCPの新規事項

スピーカー:
山口大学大学院 共同獣医学研究科
教授 豊福 肇

「JFS-B規格の監査の現場から見た、食品会社のHACCPの取り組み」

1. 年々増加するJFS-Bの取り組み企業の状況
2. 初めてHACCPに取り組む企業の実際
3. 実際の監査事例を元した構築ポイント

スピーカー:
アース環境サービス株式会社
執行役員 学術部長 寺岡 雄志

14:30

17:15
セッション 2
コロナ禍をきっかけとしたニューノーマル時代における監査の取り組み

コーディネータ:一般社団法人日本能率協会 審査登録センター センター長 伊藤 新二

「味の素㈱における品質監査へのICT活用事例」

1. 品質保証における監査の役割
2. ICTを活用した新しい監査の事例
3. 遠隔監査の課題と今後の監査のあり方

スピーカー:
味の素株式会社
品質保証部 品質保証推進グループ 西村 康史

「㈱明治のコロナ禍における工場品質監査と品質感度レベル向上に向けた取り組み」

1. 明治グループの品質保証の考え方
2. コロナ禍における品質監査手法の変化
3. 工場における品質感度レベルの向上と今後の課題

スピーカー:
株式会社明治
品質本部 品質審査部 品質監査G グループ長 大谷 尊久

「第三者認証審査におけるリモート監査について」

1.リモート監査(審査)の考え方、運用ルール
2. リモート監査に関するお客様の声
3. 有効にリモート監査を進めるために

スピーカー:
一般社団法人日本能率協会
審査登録センター センター長 伊藤 新二

※プログラム内容が予告なしに変更になる場合がございます。
※発表資料のうち配付できない資料は、テキストに含まれておりません。あらかじめご了承ください。

ページトップ

Copyright c 2018 JAPAN MANAGEMENT ASSOCIATION. ALL RIGHTS RESERVED.