モータ技術フォーラムについて

モータ技術フォーラムとは?

モータ技術に特化した、最新の技術動向探索とメーカー・ユーザー間の情報交流の場です。

本年で開催35回目を迎える本フォーラムは、過去10年間だけで、のべ約250社、計3,000名のモータ技術に関わる技術者が参加しています!

モータ技術フォーラムが多くの技術者の方々に支持されている理由

特長1 :各回1つの重要テーマに集中して解説・議論いたします。

特長2 :グループ討議により、ユーザ・メーカと企業の垣根を越えた人的交流ができます。

特長3 :グループ討議により、参加者同士で講義内容の確認や技術課題を話し合えます。

特長4 :質問時間をたっぷり取ることにより、参加者・講師の交流や講義内容の疑問が解消されます。

参加者の声(一部抜粋)

【講義について】

  • この分野の知識を広めることが出来た。
  • 新しく知る内容が多く有益であった。
  • これまで疑問に思っていたことがクリアになった。
  • 制御に関して詳しく知ることが出来た。
  • ブラシレスモータの動向について詳しく解った。
  • 他分野におけるモータ技術の動向を知る事が出来た。 ブラシ付とブラシレスで特徴による使用用途を具体的に示しておりわかりやすかった。
  • 大学の研究成果(基本的な内容)とメーカの実際の内容の両方聞けて良かった。
  • モータ技術の業務に就いて、まだ数ヶ月なのですべてのことが良い刺激となった。
  • 比較的、具体的な話が多くとても良かった。
  • 業界の動向を知ることが出来た。
  • 話題の自動車用モータの技術を聞けて貴重だった。
  • 使用している解析ソフト以外のお話だったので、他のソフトはどうなのか知ることができた。
  • 解析のポイントなどは今後の役に立つ内容でよかった。
  • 磁石の現状、具体的な設計手法について短時間でわかりやすく学べた。
  • 現在取り組んでいる内容や疑問に関連する内容が多く非常にためになりました。
  • 自動車用モータの動向がわかった。
  • 現場の話を織り交ぜながら話して頂いたのでとても良かった。
  • 自分の業務に直結していたので、役に立った。 実際にモータ・イノベーションを使い開発した経験をお話頂きわかりやすかった。
  • 諸特性をマップ的に捉えて解析に入れ込んでいるという事例が興味深かった。
  • 電磁振動の具体的な発生メカニズムが把握できた。
  • 詳しく知らない分野についての理解を深められた。
  • ブラシレスモータ・応用技術の修得中につき、レソルバの事がよく分かった。

【グループ討議について】

  • バズセッションは非常に良かったです。皆の考えていることが良くわかり、有意義でした。
  • 中小モータメーカ、車関係が多く、ほどほどに偏りがあって議論をするには丁度よいメンバーだった。
  • グループで質問内容を討議して、先生に質問する。質問したいことを聞けて良いやり方だと思う。
  • 他業種の方の意見も聞けてよかった。
  • 各社のアイデアが収集できた。
  • グループ討議で、実際に使っている方の意見を聞けた。
  • モータについて他のメーカの方々と意見が交換できてとてもよかった。

日本能率協会では、モータ技術に関連したセミナー・シンポジウム・フォーラムを年間を通して開催し、技術者の方の支援を続けています。

  • モータ技術シンポジウム(4月)
  • モータ技術入門セミナー(1月)
  • モータ技術フォーラム(毎年7回;9月~翌3月)

体系一覧

最新技術習得に、若手技術者の育成や自己学習の復習に、他社技術者との情報交流の場にぜひご参加ください!