2018 計装制御技術会議

HOME

会期:2018年10月30日(火)~11月1日(木) 3日間
   10:00~17:00 (日別参加可能)
会場:東京・港区・品川フロントビルB1会議室

会 期2018年10月30日(火)~11月1日(木) 3日間
10:00~17:00(日別参加可能)

会 場東京・港区・品川フロントビルB1会議室

事前受付は10月25日(木)17時まで!!

 開催にあたって

山下氏
企画委員会委員長
山 下 善 之  
東京農工大学 大学院 工学研究院 教授

 製造業におけるビッグデータやIoT、AIの活用は徐々にではあるが確実に浸透しつつあり、デジタル革命という大きな時代の波が打ち寄せている。その中で、モノづくりの足回りを支える計装制御技術の果たす役割も改めて議論されている。そこで、今回は全体テーマを「製造業のデジタル革命と計装制御技術」として、企画委員一同、知恵を絞って3日間のプログラムを編成した。

 初日は、「プラントオペレーションのデジタル化最前線」と題して、実際の製造現場におけるAI等のホットな活用事例をいろいろと紹介いただき、具体的なイメージを固めていただきたい。2日目は、「生産工程のCPS設計」と題して、サイバーフィジカルシステムの設計論に関する解説や事例・討論を通じて実現すべきシステムに対する理解を深めていただきたい。3日目は、「スマート化で実現するプラントの未来像」と題して、ものづくりの将来像とそれを実現するための課題について考える機会としていただきたい。

 以上、3日間を通じて、デジタル革命を迎えつつある製造業の現状を様々な視点からの講演と討論によって把握し、これからのものづくりと計装制御技術を考える会議としたい。多くの皆様の積極的な参加により活発な会議となることをお願いする。