開催にあたって

山下氏
企画委員会委員長
山 下 善 之  東京農工大学 大学院 工学研究院 教授
 第4次産業革命や超スマート社会が日常的に話題となっている。製造業においては、IoTやAI、ビッグデータ解析の導入が徐々に進み、大きな改革が確実に始まりつつある。先進的な応用事例も報告されるようになってきており、計装制御技術の重要性も改めて認識されている。
そこで、今回は全体テーマを「IoTが実現するスマート計装制御」として、企画委員一同、知恵を絞って3日間のプログラムを編成した。

 初日は、「そろそろ変わろう!プロセスオートメーション」と題して、計装システムのこれまでをさまざまな立場から整理し、これからのあり方や今やるべきことを考え、議論する。2日目は、「IoT ご安全に IoT ご安全に」と題して、IoTデバイスを活用した安全対策と、IoTを活用するシステム自体を安全に運用するためのサイバーセキュリティに注目して、事例や最新動向をご紹介いただき議論する。3日目は、「プラント設備管理のスマート化」と題して、産業保安や設備管理から操業監視におけるスマート化について、政策や先行事例などを紹介いただく。

 以上、3日間を通じて、IoTによって大きな改革を迎えつつある製造業の現状を様々な視点からの講演と討論によって把握し、これからの計装制御技術を考える会議としたい。多くの皆様の積極的な参加により活発な会議となることをお願いする。
このページの先頭へ