2018 ものづくり総合大会

※このセミナーについては受付を終了しておりますが、ご参考までに内容を表示しております。

“ものづくり”の課題解決に向けた企業の先進事例講演によるプログラムで構成されています。全国のものづくり担当者が一堂に会するものづくり価値創造における情報交流の場です。

お申込みについて
2019ものづくり総合大会は2月11日(月)17時まで

それ以降の申込は、満席の場合を除き、当日、会場での受付となりますので名刺をご持参のうえ、ご来場ください。
(不明な点は、お問い合せください。)

開催概要

ねらい


“ものづくり”の課題解決に向けた企業の先進事例講演によるプログラムで構成されています。全国のものづくり担当者が一堂に会するものづくり価値創造における情報交流の場です。

対象


下記の部門にたずさわる幹部・マネジャー・スタッフの方々
生産分野【生産技術、生産企画、生産戦略、生産管理】
調達分野【購買、調達、開発購買、SCM、購買戦略】
開発分野【開発、設計、研究、R&D、商品企画】
品質分野【品質保証、品質管理】
人材開発分野【人材育成、組織開発、理念浸透】

    プログラム


    プログラムの詳細はホームページをご覧ください。

    http://jma-seisan.jp/

      ご案内

      会場について


      開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

      料金について


      ・1日単位での交代参加可能です。
      ・金額にはテキスト(資料)代が含まれております、昼食費は含まれておりません。
      ・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

      定員


      参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。
      ※大阪ライブ中継のお申し込みの方は、定員数の都合上、東京会場へ参加できませんのでご注意ください。
      ※東京会場お申し込みの方は、定員数の都合上、大阪ライブ中継へ参加できませんのでご注意ください。

      プログラムについて


      ※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

        関連リンク

        ものづくりポータルサイト
        http://jma-column.com/

          会場(東京)

          東京コンファレンスセンター・品川


          〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 3F-5F
          TEL :03-6717-7000
          FAX :03-6717-7001
          E-mail :shinagawa@tokyo-cc.co.jp

          交通アクセス


          JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分
          (JR山手線、京浜東北線、東海道線、横須賀線、東海道新幹線等)
          羽田空港国内線ターミナル駅から京浜急行で最速14分(エアポート快特利用)
          成田空港から成田エキスプレスで直通70分
          首都高速1号羽田線芝浦ランプから約2km

            参加料

            通常(税抜き・1名参加料)2017年12月27日~

            全日(3日間) 1日単位
            日本能率協会
            法人会員
            ¥128,000 ¥48,000
            上記会員外 ¥158,000 ¥58,000

            ※本事業開催最終日の消費税率を適用させていただきます。


            ●参加申込みは、全日(3日間)もしくは1日単位となります。
            ●期間内の交代参加が可能です。参加証を受付にてお預かりする事もできます。その際、交代で参加される方のお名前をお知らせください。
            ●参加料には、参加されるセッションのテキスト資料(分冊)代が含まれます。
            ●法人会員ご入会の有無につきましては、下記HPにてご確認ください。
            http://www.jma.or.jp/membership/

            テキスト合本 特別頒布価格1冊あたり(税抜き)

            2018ものづくり
            総合大会参加者
            ¥50,000
            参加者以外 ¥250,000

            ※テキスト合本は、オープニングセッション・A1~M3の全36セッションのテキストならびにコーディネータによる解説書がつきます。
            ※参加セッションのテキスト資料(分冊)につきましては、受付にてお渡しいたします。

            セッションコード (2018)

            1日目 2月21日(水) 2日目 2月22日(木) 3日目 2月23日(金)
            オープニングセッション 10:00~11:40 12:50~14:30 14:50~16:30 10:00~11:40 12:50~14:30 14:50~16:30

            ◆ ものづくり貢献賞
            表彰式・受賞記念講話

            10:10~11:20
            トヨタ自動車
            顧問
            林 南八 様


            ◆ 特別講演 1

            11:40~12:50
            スタンフォード大学
            アジア太平洋研究所
            櫛田 健児 様


            ◆ 特別講演 2

            14:10~15:20
            GLM
            代表取締役
            小間 裕康 様


            ◆ 特別講演 3

            15:40~16:50
            安川電機
            代表取締役社長
            小笠原 浩 様

            A シリコンバレーに見る日本企業のオープン・イノベーション G 世界のオープン・イノベーションの潮流
            A-1
            AZCA
            A-2
            ヤマハ・モーター・ベンチャーズ・アンド・ラボラトリー・シリコンバレー
            A-3
            ホンダ イノベーションズ
            G-1
            シーメンス(ドイツ)
            G-2
            コランダム・イノベーション(イスラエル)
            G-3
            DRAPER NEXUS(米国)
            B ファーストワン/オンリーワンに挑むものづくり H V字回復/業績向上企業に学ぶ
            B-1
            アネスト岩田
            B-2
            プラモール精工
            B-3
            サントリー食品インターナショナル
            H-1
            VAIO
            H-2
            アシックス
            H-3
            日立製作所
            C 秀でた現場経営者(第一線監督者)の事例に学ぶ J 産拠点戦略を考える
            C-1
            デンソータイランド
            C-2
            白河オリンパス
            富士ゼロックスマニュファクチュアリング
            C-3
            ケイミュー
            マツダ
            J-1
            日本通運
            J-2
            パナソニック
            J-3
            GEヘルスケア・ジャパン
            D 調達戦略で実現する品質と効率化の担保 K プロセス革新に挑むものづくり
            D-1
            ジュピターテレコム
            D-2
            製品評価技術基盤機構
            D-3
            ヤマトホールディングス
            K-1
            日産自動車
            K-2
            NECプラットフォームズ
            K-3
            トヨタ紡織ハノイ
            E 新たな製品開発アプローチに学ぶ L 「『共創』の場づくり」に学ぶ
            E-1
            トヨタ自動車
            E-2
            TOTO
            E-3
            富士フイルム
            L-1
            富士ゼロックス
            L-2
            アスタミューゼ
            L-3
            大阪ガス
            F 「あたりまえ品質」を技術で作りこむ M 働き方の多様性と人材育成
            F-1
            アーレスティ
            F-2
            デンソー
            F-3
            新日本無線
            M-1
            アサヒグループホールディングス
            M-2
            富士ゼロックスマニュファクチュアリング
            M-3
            TDK

            お申込み

            お申込み受付を終了しました。

            海外からの参加お申込みについて

            海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

            キャンセルについて

            参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
            代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

            1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
              折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
            2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
              キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
              お振込期限までにお支払いください。
            3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
            4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
              キャンセルご連絡日キャンセル料
              開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
              開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
              開催前日および当日参加料の全額
            5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

            ※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
            ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

            メニュー

            お申込み受付を終了しました。

            お気に入り一覧お気に入りに追加

            ログインいただきますと、
            お気に入り機能が利用可能となります。