日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール
様専用ログアウト

JMAマネジメントスクール > 公開セミナーを探す

公開セミナー検索結果一覧

1~30件を表示

表示件数:

    • 2019年07月03日(水) 〜 2019年07月04日(木) ※他日程あり
    • 東京
    • その他
    開発・設計・技術

    セミナーID:100322

    2019工作機械関連技術者会議
    “若手・中堅技術者に伝える 設計・製造の最先端技術”

    お申込みについて
    申込受付:7月1日(月)まで
    それ以降の申込は、満席の場合を除き、当日、会場での受付となりますので名刺をご持参のうえ、ご来場ください。
    (不明な点は、お問い合せください。)


    • 2018年10月30日(火) 〜 2019年11月01日(金)
    • 東京
    開発・設計・技術

    セミナーID:100316

    2018計装制御技術会議
    - 製造業のデジタル革命と計装制御技術 -

    2018計装制御技術会議ホームページ
    プログラム詳細・お申し込みについてご案内します。 ⇒ https://school.jma.or.jp/keisou/
    • 2019年01月01日(火) 〜 2024年12月31日(火)
    • その他

    セミナーID:150883

    オンラインセミナー
    新事業開発 BtoBマーケティング マーケティング戦略 グラフィックファシリテーション
    IE基礎テクニック 調達ベーシック
    • 2019年04月12日(金) 〜 2019年09月27日(金)
    • 東京
    • 2019年04月01日(月) 〜 2020年03月31日(火)
    • その他
    開発・設計・技術

    セミナーID:150899

    IE基礎テクニック習得コース【オンラインセミナー】
    IE(インダストリアル・エンジニアリング)の基礎知識や改善技術、IE技術を体系的に学べるオンラインビデオ講座です。
    第一章で改善技術の基礎知識を学習したのち、稼働分析、工程分析、ライン分析、そして連合作業分析と対象範囲と視点をひろげていくプログラム構成となっています。
    また、各章に演習問題と回答をご用意していますので、理解度を確認しながら学習をすすめることができます。
    複数人でディスカッションしながら理解を深めるのもおすすめの方法です。
    【無料】お試し受講をご利用いただけます。
    • 2019年04月01日(月) 〜 2020年03月31日(火)
    • その他
    開発・設計・技術

    セミナーID:150900

    調達ベーシックオンラインコース【オンラインセミナー】
    調達・購買・資材部門の必須知識を体系的・網羅的に学ぶ事ができるオンラインビデオ講座です。 購買・調達部門に必要な知識を体系的に習得できます。
    また、理解度テストをご用意していますので、理解度を確認しながら学習をすすめることができます。
    1IDで日本語(理解度テストつき)の他に英語・タイ語・中国語(理解度テストなし)の すべてが受講できますので、多言語で現地スタッフがご自身にあった言語で利用できます。
    【無料】お試し受講をご利用いただけます。
    • 2019年04月01日(月) 〜 2020年03月31日(火)
    • その他
    マーケティング

    セミナーID:150904

    新事業開発実践力養成コース【オンラインセミナー】
    新事業開発の計画~開発実践まで一連の流れを学ぶことができるコースです。本セミナーは、マーケティング分野の実践コースとして、新事業・新商品企画開発の進め方を学びたい方々に、新事業・新商品企画開発の基本を「体系的」に解説いたします。
    25年以上にわたって企業・団体で新製品・新規事業開発、サービス開発、事業立ち上げを実践している現役コンサルタントが講師を務め、その経験に基づいた研修をいたします。
    特に新事業の事業計画、ビジネスプランはどのように作成すればよいか、何から始めたらよいかが分からないのが実情です。
    そのような方々に対して、まずはじめの一歩を踏み出していただくための考え方・進め方について学ぶ。本セミナーが重視しているのはまさにその点です。
    • 2019年04月01日(月) 〜 2020年03月31日(火)
    • その他
    マーケティング

    セミナーID:150905

    BtoBマーケティング 基礎セミナー【オンラインセミナー】
    BtoBビジネスの営業・企画・研究開発・技術開発・生産部門などでマーケティング知識が必要な方々に、図表を多く使用して、わかりやすくBtoBマーケティングの基礎知識を学んでいただくとともに、具体的な事例や演習を交えて実務に役立つスキルを習得していただく、オンラインビデオ講座です。
    • 2019年04月01日(月) 〜 2020年03月31日(火)
    • その他
    マーケティング

    セミナーID:150906

    マーケティング戦略 基礎コース【オンラインセミナー】
    マーケティング戦略立案の流れを理解し、適切なステップでマーケティング戦略を形成するためのコツがわかります。
    コンサルタント経験の豊富な現役の戦略コンサルタントが、マーケティング戦略立案の流れを体系的に説明します。
    豊富な事例と演習を通じて、各フレームワークの使いどころとマーケティング戦略との関係性をひも解き、豊富な事例を基に活用方法を説明します。
    • 2019年04月01日(月) 〜 2020年03月31日(火)
    • その他
    組織開発

    セミナーID:150907

    グラフィックファシリテーション入門セミナー【オンラインセミナー】
    グラフィックファシリテーションという手法の考え方を学びます。
    「チームを一つにして」「新しい発想を生み出し」「議論を絵空事に終わらせない」ための手法であり、「聴いて」「描いて」「話しあう」ことで、「未来シーン」を紡ぐ力を活性化させます。
    右脳を刺激するグラフィックファシリテーションの考え方(絵巻物思考)は、左脳的な議論や思考に行き詰まりを感じる場面において有効です。
    絵巻物思考を導入することで多様な人材が集まる場から  創造的な発想や本当の問題、本質的な対話を生み出し、『絵空事に終わらせない未来』を描く方法論を学びます。
    • 2019年04月01日(月) 〜 2020年03月31日(火)
    • その他
    マーケティング

    セミナーID:150908

    BtoBデジタルマーケティングセミナー【オンラインセミナー】
    マーケティングオートメーションの基本的ルールから、テレマーケティングとデジタルマーケティングを掛け合わせた時の運用方法・実例、さらにどのような組織体制でデジタルマーケティングを運用すればよいか等、基礎から実践までの幅広いセミナーです。各コンテンツ2分~10分にまとまっておりますので、すきま時間・こまぎれ時間にも学んでいただけます。
    • 2019年04月01日(月) 〜 2020年03月31日(火)
    • その他
    開発・設計・技術

    セミナーID:150909

    開発設計コース【オンラインセミナー】
    開発・設計コースプログラム135分

    競争力ある製品・サービスを開発・設計しライバルを凌駕するためには、商品コンセプト、機能、仕様、マーケティングなど
    いくつかの重要な要素があります。
    そのひとつに、商品開発/技術開発/開発設計の”プロセス革新力”があります。
    組織、業務プロセス、情報システム、メンバーの意識など一朝一夕では真似できない、真に価値ある独自の競争力です。
    プロセス革新力を向上させるとは、シンプルにいえば、良いアイデア(トラブル分析、蓄積データ、創造的アイデア)を収集・整理し、組織的な取り組みをとして反復利用することです。
    例えば、具体的には以下のような取り組みです。
    ・各工程での品質問題・トラブルを早期に発見し(流出防止)、 繰り返さない(再発防止)、未然に防ぐ(未然防止)。
    ・ 過去の類似プロジェクトのノウハウを最大限に活用する(完全に新規はほとんどありません。)
    ・ 日常的業務のKnow how、Know whyをナレッジにし、次に活かす。
    ・プロセスの早い段階からコストダウン対策を計画する
    こうした組織的な取り組みを維持、定着させるためにはメンバー全員が、プロセス革新についての標準知識を共有し、共通言語で対話できることが効果的です。
    そのために、基礎知識とコツを具体的に解説した、時間や勤務地の制約をうけないオンライン動画セミナーがお役に立ちます。
    ぜひ、この講座を活用して開発設計のプロセス革新にチャレンジしてください。

    58分
    第1回:品質データを分析することと振り返り分析
    第2回:フロントローディングとは
    第3回:課題抽出とリスクマネジメント
    第4回:開発計画書を革新する
    第5回:V字アプローチとコンカレントエンジニアリング
    40分
    第1回:ナレッジ・マネジメントとは①
    第2回:身近にあるナレッジを整理する
    第3回:ナレッジを使えるようにするには。ロジカル・シンキングの活用
    第4回:ナレッジ・マネジメント・ツールの活用
    第5回:ナレッジ・マネジメントを業務プロセスに織り込む
    37分第1回:開発設計者のための4つのコストダウン・アプローチ
    第2回: 商品・技術ロードマップとプラットフォーム戦略
    第3回:開発設計着手時のフロントローディング・アプローチ
    第4回:試作品に対するVE/VAアプローチ
    第5回: 発売後の製品に対するVE/VAアプローチ


    品質データを活用して開発設計プロセスを革新する

    第1回:品質データを分析することと振り返り分析■開発設計プロジェクトにおける品質データとは■工程別のデータ件数の把握を通じて、弱い工程を特定する■工程別に詳細分析を行う
    第2回:フロントローディングとは■フロントローディングとは■フロントローディングの4つのアプローチ■過去のトラブル、ノウハウの活用■変化点・変更点への着目■各工程の完成度目標の設定■コンカレント計画の立案
    第3回:課題抽出とリスクマネジメント■課題とは■課題の種類と抽出方法■リスクの種類と抽出方法■リスクマネジメント手法の応用編:FMEA
    第4回:開発計画書を革新する■開発計画書の必要性■開発計画書の例■プロジェクト特性の違いによる開発計画書のメリハリ
    第5回:V字アプローチとコンカレントエンジニアリング■V字型開発/V字アプローチとは■コンカレント・エンジニアリングとは

    開発設計部門のためのナレッジ・マネジメントとロジカル・シンキング

    第1回:ナレッジ・マネジメントとは①
    講師:野元伸一郎(みらい株式会社)
    ナレーション:AI
    ■ナレッジとは
    ■ナレッジ・マネジメントとは
    ■SECI(セキ)モデルとは

    第2回:身近にあるナレッジを整理する
    ■A社におけるナレッジ・マネジメント事例
    ■身近なナレッジ

    第3回:ナレッジを使えるようにするには。ロジカル・シンキングの活用
    ■開発設計部門におけるナレッジ
    ■ノウハウの抽出とロジカル・シンキング
    ■技術的ノウハウの抽出

    第4回:ナレッジ・マネジメント・ツールの活用
    ■ナレッジ・マネジメント・ツールの活用に向けて
    ■ナレッジ・マネジメント・ツール活用で留意すること
    ■導入ツールのメリット、デメリット

    第5回:ナレッジ・マネジメントを業務プロセスに織り込む
    ■ナレッジは開発設計の全プロセスに存在する
    ■ナレッジを品質マネジメントシステムへ落とし込む
    ■トータルシステムでナレッジをマネジメントする

    開発設計者のためのコストダウンの進め方

    第1回:開発設計者のための4つのコストダウン・アプローチ
    ■開発設計におけるコストダウンの対象となる費目の確認
    ■4つのコストダウン・アプローチ

    第2回: 商品・技術ロードマップとプラットフォーム戦略
    ■商品・技術ロードマップとは
    ■プラットフォーム戦略を織り込んだ商品・技術ロードマップ
    ■プラットフォーム戦略で狙う効果


    第3回:開発設計着手時のフロントローディング・アプローチ
    ■開発設計におけるフロントローディングとは
    ■開発計画書におけるコスト目標の設定
    ■コストダウン計画の立案にあたって
    ■部門間横断でのコストダウン計画の立案
    ■コストダウン計画の立案にあたって

    第4回:試作品に対するVE/VAアプローチ
    ■試作品の3つの目的
    ■試作品の目的の確認
    ■VE/VA手法とは
    ■試作結果に対するVE/VA活動

    第5回: 発売後の製品に対するVE/VAアプローチ
    ■発売後の製品に対するVE/VAアプローチの意義
    ■発売後の製品に対するVE/VAアプローチ計画
    • 2019年04月01日(月) 〜 2020年03月31日(火)
    • その他
    開発・設計・技術

    セミナーID:150910

    ものづくりヒューマンスキルコース【オンラインセミナー】
    チームやグループ、部門間での良好な人間関係を構築・維持する能力や技術がヒューマンスキルです。
    組織的なものづくり活動において、協力関係を有効に活かすためには、職位や職能にかかわらず、すべてのメンバーが、ヒューマンスキルに関しての知識や意識を共有していることは非常に効果的です。
    また、コンセプチャルスキルやテクニカルスキルを有した、リーダーシップのある有能な方であるほど、ヒューマンスキルの有効性が発揮されるでしょう。
    【無料】お試し受講をご利用いただけます。
    • 2019年10月10日(木) 〜 2019年10月11日(金) ※他日程あり
    • 東京
    • 2019年05月27日(月) 〜 2019年05月28日(火) ※他日程あり
    • 東京
    • 大阪
    • 名古屋
    生産

    セミナーID:100416

    設計前にコストを創り込む原価企画
    製品価値を高める機能要求とコストダウン目標の同時実現

    ※電卓をご持参ください。
    • 2019年05月27日(月) ※他日程あり
    • 東京
    ISO

    セミナーID:100427

    食品安全のための現場観察・指摘実践力習得セミナー
    ~HACCP検証、現場改善、実地監査の活用にも使える~
    • 2019年05月27日(月) 〜 2019年05月31日(金)
    • その他
    • 2019年05月27日(月)
    • 大阪
    ビジネススキルアップ

    セミナーID:150916

    ロールプレイで学ぶ 面接力向上セミナー
    【大阪開催】 少人数制 <定員 各回12名>

    模擬面接ロールプレイングを実施し、面接官としてすぐに面接現場で使えるようにトレーニングします
    • 2019年05月27日(月)
    • 東京
    マーケティング

    セミナーID:150936

    第3回『課題ラボQROSS SESSION』
    【主催】日本NPOセンター/電通Bチーム/日本能率協会
        Innovation Partner : BASE Q
    • 2019年05月28日(火) ※他日程あり
    • 東京
    • 大阪
    • 名古屋
    開発・設計・技術

    セミナーID:100311

    新入社員のための技術入門セミナー
     
    ~モノづくりの三大知識(読図・材料・加工)の基礎を学ぶ~

    1日目 図面の読み方
    2日目 加工材料の基礎知識
    3日目 機械加工の基礎知識
    • 2019年05月28日(火) ※他日程あり
    • 大阪
    • 名古屋
    生産

    セミナーID:100404

    「なぜなぜ分析」実践セミナー
    演習とグループ実習でスキル向上をはかる!
    職場の問題解決に適用して、効率の良い、働きやすい職場をつくる!
    • 2019年05月28日(火) ※他日程あり
    • 東京
    • 大阪
    ISO

    セミナーID:100432

    内部監査プロセス(実施方法)改善セミナー
    <2015年版規格に対応>

    開催にあたって


    『これまでの内部監査に効果が見えないのは、内部監査プロセス(内部監査手順)に問題があるからです! 』

    【1】組織全体の内部監査を意義ある活動とするためには、下記3つの要素が重要です。
    (1)内部監査員の役割認識・力量向上、(2)内部監査手順の有効性向上、(3)被監査側の是正・改善スキル向上

    【2】中でも、「内部監査手順」は、他の2つの要素も向上させる要諦で、組織全体の内部監査の有効性を高めるためには、まず内部監査プロセス(実施方法)に着目し、「内部監査手順」の改善を図る必要があります。

    【3】「内部監査手順」(内部監査プロセス)の有効性を高め、結果として「内部監査員の役割認識・力量」向上、「被監査側の是正・改善スキル」向上を図って、“改善提案型”内部監査への変革を支援するセミナーとして開催いたします。
    • 2019年05月28日(火) ※他日程あり
    • 東京
    ISO

    セミナーID:150816

    ISO22000:2018改訂ポイント解説セミナー
    ~2018年版へのスムーズな移行のために~
    • 2019年05月29日(水) ※他日程あり
    • 東京
    ISO

    セミナーID:22690

    すぐ使える品質管理入門セミナー

    本コースの特色


    ■ QCからISOまで実践力となる基本を学ぶとともに、実際に現場・職場で日常起こる問題の最適な解決方法となる品質管理手法を習得します。
    ■ 個人・グループ演習を通じた体験学習ができます。
    ■ QC7つ道具をはじめ現場・職場で効果的に使用できる手法(検定推定・相関回帰分析・抜取検査等)について演習や事例を交えて学習します。
    ■ 現場・職場の第一線で活躍される方々が全体を俯瞰して理解できるよう、仕事の上流から下流段階までの品質管理・品質保証について体系的に学びます。
    • 2019年05月29日(水) ※他日程あり
    • 大阪
    • 2019年05月29日(水) ※他日程あり
    • 大阪
    • 名古屋
    • 2019年05月29日(水)
    • 名古屋
    ビジネススキルアップ

    セミナーID:150778

    リーダー・マネジャーのための速習ビジネススキル講座(半日開催)
    1 チームで成果を出す『目標と予算管理講座』

    2 短期育成のための『仕事の教え方・指示と報・連・相のさせ方講座』


    ※1、2の各1講座毎の参加申込みとなります。
    • 2019年05月30日(木) ※他日程あり
    • 東京
    ISO

    セミナーID:22585

    食品工場における設備総点検・対応セミナー
    ~衛生管理とゾーニングの視点とその解決法を学ぶ~
    [現場改善に役立つCD-ROM付き]
    • 2019年05月30日(木) 〜 2019年05月31日(金) ※他日程あり
    • 東京
    • 大阪
    • 名古屋
    購買・調達

    セミナーID:100445

    CPP-B級試験対策セミナー
    CPP-B級試験の合格を目指す方のためのセミナーです。
    認定テキスト掲載ページとリンクしたプログラムで自己学習しやすい構成となっております。
    本セミナーの受講によって、CPP-B級の合格を保証するものではありません。

    ※本セミナーでは、「電卓」を使用いたしますので、ご持参ください。
    ※本セミナーは「調達プロフェッショナルスタディーガイド第3版」を読まれている事を前提にした講義です。
    • 2019年05月30日(木) 〜 2019年05月31日(金)
    • 東京
  • seminar11 開発・設計・技術

    “若手・中堅技術者に伝える 設計・製造の最先端技術”

    お申込みについて
    申込受付:7月1日(月)まで
    それ以降の申込は、満席の場合を除き、当日、会場での受付となりますので名刺をご持参のうえ、ご来場ください。
    (不明な点は、お問い合せください。)


  • seminar11 開発・設計・技術

    - 製造業のデジタル革命と計装制御技術 -

    2018計装制御技術会議ホームページ
    プログラム詳細・お申し込みについてご案内します。 ⇒ https://school.jma.or.jp/keisou/
  • 新事業開発 BtoBマーケティング マーケティング戦略 グラフィックファシリテーション
    IE基礎テクニック 調達ベーシック
  • seminar5 新入社員教育

  • seminar11 開発・設計・技術

    IE(インダストリアル・エンジニアリング)の基礎知識や改善技術、IE技術を体系的に学べるオンラインビデオ講座です。
    第一章で改善技術の基礎知識を学習したのち、稼働分析、工程分析、ライン分析、そして連合作業分析と対象範囲と視点をひろげていくプログラム構成となっています。
    また、各章に演習問題と回答をご用意していますので、理解度を確認しながら学習をすすめることができます。
    複数人でディスカッションしながら理解を深めるのもおすすめの方法です。
    【無料】お試し受講をご利用いただけます。
  • seminar11 開発・設計・技術

    調達・購買・資材部門の必須知識を体系的・網羅的に学ぶ事ができるオンラインビデオ講座です。 購買・調達部門に必要な知識を体系的に習得できます。
    また、理解度テストをご用意していますので、理解度を確認しながら学習をすすめることができます。
    1IDで日本語(理解度テストつき)の他に英語・タイ語・中国語(理解度テストなし)の すべてが受講できますので、多言語で現地スタッフがご自身にあった言語で利用できます。
    【無料】お試し受講をご利用いただけます。
  • seminar9 マーケティング

    新事業開発の計画~開発実践まで一連の流れを学ぶことができるコースです。本セミナーは、マーケティング分野の実践コースとして、新事業・新商品企画開発の進め方を学びたい方々に、新事業・新商品企画開発の基本を「体系的」に解説いたします。
    25年以上にわたって企業・団体で新製品・新規事業開発、サービス開発、事業立ち上げを実践している現役コンサルタントが講師を務め、その経験に基づいた研修をいたします。
    特に新事業の事業計画、ビジネスプランはどのように作成すればよいか、何から始めたらよいかが分からないのが実情です。
    そのような方々に対して、まずはじめの一歩を踏み出していただくための考え方・進め方について学ぶ。本セミナーが重視しているのはまさにその点です。
  • seminar9 マーケティング

    BtoBビジネスの営業・企画・研究開発・技術開発・生産部門などでマーケティング知識が必要な方々に、図表を多く使用して、わかりやすくBtoBマーケティングの基礎知識を学んでいただくとともに、具体的な事例や演習を交えて実務に役立つスキルを習得していただく、オンラインビデオ講座です。
  • seminar9 マーケティング

    マーケティング戦略立案の流れを理解し、適切なステップでマーケティング戦略を形成するためのコツがわかります。
    コンサルタント経験の豊富な現役の戦略コンサルタントが、マーケティング戦略立案の流れを体系的に説明します。
    豊富な事例と演習を通じて、各フレームワークの使いどころとマーケティング戦略との関係性をひも解き、豊富な事例を基に活用方法を説明します。
  • seminar8 組織開発

    グラフィックファシリテーションという手法の考え方を学びます。
    「チームを一つにして」「新しい発想を生み出し」「議論を絵空事に終わらせない」ための手法であり、「聴いて」「描いて」「話しあう」ことで、「未来シーン」を紡ぐ力を活性化させます。
    右脳を刺激するグラフィックファシリテーションの考え方(絵巻物思考)は、左脳的な議論や思考に行き詰まりを感じる場面において有効です。
    絵巻物思考を導入することで多様な人材が集まる場から  創造的な発想や本当の問題、本質的な対話を生み出し、『絵空事に終わらせない未来』を描く方法論を学びます。
  • seminar9 マーケティング

    マーケティングオートメーションの基本的ルールから、テレマーケティングとデジタルマーケティングを掛け合わせた時の運用方法・実例、さらにどのような組織体制でデジタルマーケティングを運用すればよいか等、基礎から実践までの幅広いセミナーです。各コンテンツ2分~10分にまとまっておりますので、すきま時間・こまぎれ時間にも学んでいただけます。
  • seminar11 開発・設計・技術

    開発・設計コースプログラム135分

    競争力ある製品・サービスを開発・設計しライバルを凌駕するためには、商品コンセプト、機能、仕様、マーケティングなど
    いくつかの重要な要素があります。
    そのひとつに、商品開発/技術開発/開発設計の”プロセス革新力”があります。
    組織、業務プロセス、情報システム、メンバーの意識など一朝一夕では真似できない、真に価値ある独自の競争力です。
    プロセス革新力を向上させるとは、シンプルにいえば、良いアイデア(トラブル分析、蓄積データ、創造的アイデア)を収集・整理し、組織的な取り組みをとして反復利用することです。
    例えば、具体的には以下のような取り組みです。
    ・各工程での品質問題・トラブルを早期に発見し(流出防止)、 繰り返さない(再発防止)、未然に防ぐ(未然防止)。
    ・ 過去の類似プロジェクトのノウハウを最大限に活用する(完全に新規はほとんどありません。)
    ・ 日常的業務のKnow how、Know whyをナレッジにし、次に活かす。
    ・プロセスの早い段階からコストダウン対策を計画する
    こうした組織的な取り組みを維持、定着させるためにはメンバー全員が、プロセス革新についての標準知識を共有し、共通言語で対話できることが効果的です。
    そのために、基礎知識とコツを具体的に解説した、時間や勤務地の制約をうけないオンライン動画セミナーがお役に立ちます。
    ぜひ、この講座を活用して開発設計のプロセス革新にチャレンジしてください。

    58分
    第1回:品質データを分析することと振り返り分析
    第2回:フロントローディングとは
    第3回:課題抽出とリスクマネジメント
    第4回:開発計画書を革新する
    第5回:V字アプローチとコンカレントエンジニアリング
    40分
    第1回:ナレッジ・マネジメントとは①
    第2回:身近にあるナレッジを整理する
    第3回:ナレッジを使えるようにするには。ロジカル・シンキングの活用
    第4回:ナレッジ・マネジメント・ツールの活用
    第5回:ナレッジ・マネジメントを業務プロセスに織り込む
    37分第1回:開発設計者のための4つのコストダウン・アプローチ
    第2回: 商品・技術ロードマップとプラットフォーム戦略
    第3回:開発設計着手時のフロントローディング・アプローチ
    第4回:試作品に対するVE/VAアプローチ
    第5回: 発売後の製品に対するVE/VAアプローチ


    品質データを活用して開発設計プロセスを革新する

    第1回:品質データを分析することと振り返り分析■開発設計プロジェクトにおける品質データとは■工程別のデータ件数の把握を通じて、弱い工程を特定する■工程別に詳細分析を行う
    第2回:フロントローディングとは■フロントローディングとは■フロントローディングの4つのアプローチ■過去のトラブル、ノウハウの活用■変化点・変更点への着目■各工程の完成度目標の設定■コンカレント計画の立案
    第3回:課題抽出とリスクマネジメント■課題とは■課題の種類と抽出方法■リスクの種類と抽出方法■リスクマネジメント手法の応用編:FMEA
    第4回:開発計画書を革新する■開発計画書の必要性■開発計画書の例■プロジェクト特性の違いによる開発計画書のメリハリ
    第5回:V字アプローチとコンカレントエンジニアリング■V字型開発/V字アプローチとは■コンカレント・エンジニアリングとは

    開発設計部門のためのナレッジ・マネジメントとロジカル・シンキング

    第1回:ナレッジ・マネジメントとは①
    講師:野元伸一郎(みらい株式会社)
    ナレーション:AI
    ■ナレッジとは
    ■ナレッジ・マネジメントとは
    ■SECI(セキ)モデルとは

    第2回:身近にあるナレッジを整理する
    ■A社におけるナレッジ・マネジメント事例
    ■身近なナレッジ

    第3回:ナレッジを使えるようにするには。ロジカル・シンキングの活用
    ■開発設計部門におけるナレッジ
    ■ノウハウの抽出とロジカル・シンキング
    ■技術的ノウハウの抽出

    第4回:ナレッジ・マネジメント・ツールの活用
    ■ナレッジ・マネジメント・ツールの活用に向けて
    ■ナレッジ・マネジメント・ツール活用で留意すること
    ■導入ツールのメリット、デメリット

    第5回:ナレッジ・マネジメントを業務プロセスに織り込む
    ■ナレッジは開発設計の全プロセスに存在する
    ■ナレッジを品質マネジメントシステムへ落とし込む
    ■トータルシステムでナレッジをマネジメントする

    開発設計者のためのコストダウンの進め方

    第1回:開発設計者のための4つのコストダウン・アプローチ
    ■開発設計におけるコストダウンの対象となる費目の確認
    ■4つのコストダウン・アプローチ

    第2回: 商品・技術ロードマップとプラットフォーム戦略
    ■商品・技術ロードマップとは
    ■プラットフォーム戦略を織り込んだ商品・技術ロードマップ
    ■プラットフォーム戦略で狙う効果


    第3回:開発設計着手時のフロントローディング・アプローチ
    ■開発設計におけるフロントローディングとは
    ■開発計画書におけるコスト目標の設定
    ■コストダウン計画の立案にあたって
    ■部門間横断でのコストダウン計画の立案
    ■コストダウン計画の立案にあたって

    第4回:試作品に対するVE/VAアプローチ
    ■試作品の3つの目的
    ■試作品の目的の確認
    ■VE/VA手法とは
    ■試作結果に対するVE/VA活動

    第5回: 発売後の製品に対するVE/VAアプローチ
    ■発売後の製品に対するVE/VAアプローチの意義
    ■発売後の製品に対するVE/VAアプローチ計画
  • seminar11 開発・設計・技術

    チームやグループ、部門間での良好な人間関係を構築・維持する能力や技術がヒューマンスキルです。
    組織的なものづくり活動において、協力関係を有効に活かすためには、職位や職能にかかわらず、すべてのメンバーが、ヒューマンスキルに関しての知識や意識を共有していることは非常に効果的です。
    また、コンセプチャルスキルやテクニカルスキルを有した、リーダーシップのある有能な方であるほど、ヒューマンスキルの有効性が発揮されるでしょう。
    【無料】お試し受講をご利用いただけます。
  • seminar5 新入社員教育

  • seminar12 生産

    製品価値を高める機能要求とコストダウン目標の同時実現

    ※電卓をご持参ください。
  • seminar15 ISO

    ~HACCP検証、現場改善、実地監査の活用にも使える~
  • seminar6 ビジネススキルアップ

    【大阪開催】 少人数制 <定員 各回12名>

    模擬面接ロールプレイングを実施し、面接官としてすぐに面接現場で使えるようにトレーニングします
  • seminar9 マーケティング

    【主催】日本NPOセンター/電通Bチーム/日本能率協会
        Innovation Partner : BASE Q
  • seminar11 開発・設計・技術

     
    ~モノづくりの三大知識(読図・材料・加工)の基礎を学ぶ~

    1日目 図面の読み方
    2日目 加工材料の基礎知識
    3日目 機械加工の基礎知識
  • seminar12 生産

    演習とグループ実習でスキル向上をはかる!
    職場の問題解決に適用して、効率の良い、働きやすい職場をつくる!
  • seminar15 ISO

    <2015年版規格に対応>

    開催にあたって


    『これまでの内部監査に効果が見えないのは、内部監査プロセス(内部監査手順)に問題があるからです! 』

    【1】組織全体の内部監査を意義ある活動とするためには、下記3つの要素が重要です。
    (1)内部監査員の役割認識・力量向上、(2)内部監査手順の有効性向上、(3)被監査側の是正・改善スキル向上

    【2】中でも、「内部監査手順」は、他の2つの要素も向上させる要諦で、組織全体の内部監査の有効性を高めるためには、まず内部監査プロセス(実施方法)に着目し、「内部監査手順」の改善を図る必要があります。

    【3】「内部監査手順」(内部監査プロセス)の有効性を高め、結果として「内部監査員の役割認識・力量」向上、「被監査側の是正・改善スキル」向上を図って、“改善提案型”内部監査への変革を支援するセミナーとして開催いたします。
  • seminar15 ISO

    ~2018年版へのスムーズな移行のために~
  • seminar15 ISO

    本コースの特色


    ■ QCからISOまで実践力となる基本を学ぶとともに、実際に現場・職場で日常起こる問題の最適な解決方法となる品質管理手法を習得します。
    ■ 個人・グループ演習を通じた体験学習ができます。
    ■ QC7つ道具をはじめ現場・職場で効果的に使用できる手法(検定推定・相関回帰分析・抜取検査等)について演習や事例を交えて学習します。
    ■ 現場・職場の第一線で活躍される方々が全体を俯瞰して理解できるよう、仕事の上流から下流段階までの品質管理・品質保証について体系的に学びます。
  • seminar7 人事・人材開発

  • seminar12 生産

  • seminar6 ビジネススキルアップ

    1 チームで成果を出す『目標と予算管理講座』

    2 短期育成のための『仕事の教え方・指示と報・連・相のさせ方講座』


    ※1、2の各1講座毎の参加申込みとなります。
  • seminar15 ISO

    ~衛生管理とゾーニングの視点とその解決法を学ぶ~
    [現場改善に役立つCD-ROM付き]
  • seminar13 購買・調達

    CPP-B級試験の合格を目指す方のためのセミナーです。
    認定テキスト掲載ページとリンクしたプログラムで自己学習しやすい構成となっております。
    本セミナーの受講によって、CPP-B級の合格を保証するものではありません。

    ※本セミナーでは、「電卓」を使用いたしますので、ご持参ください。
    ※本セミナーは「調達プロフェッショナルスタディーガイド第3版」を読まれている事を前提にした講義です。
1/19 ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ページトップへページトップへ