日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール
様専用ログアウト

セミナーID:100108

経営幹部のためのマネジメント必須講座

対象:トップマネジメント

エリア大阪

期間2日間

【財務・会計】 【リスクマネジメント】 【経営戦略】 【リーダーシップ】

取締役・執行役員・経営幹部に必須の知識を2日間に集約したプログラム<大阪開催>

(旧名称:新任役員のためのマネジメント必須講座)

開催概要

参加対象


●新任の取締役や執行役員の方
●役員候補の方
●事業部長などの経営幹部の方
●経営者として必要な基礎知識を改めて学びたい方

開催にあたって


日本能率協会ではトップマネジメント(取締役・執行役員・経営幹部)の経営力向上が、企業活力や競争力向上のための最重要課題であるとの認識に立ち、トップマネジメント対象研修を35年以上にわたって実施してまいりました。これまで、10,000名を超える役員・経営幹部の方々が学ばれています。
加速度的に変化する経営環境において迅速な経営判断が求められる一方、企業活動に対する社会の眼は日に日に厳しくなっており、トップマネジメントには、より一層高い使命感・倫理観が求められています。また、グローバル化や社員の価値観・就業形態の多様化が進む中、明確なビジョンを組織に浸透させて実現する高いコミュニケーション能力や、組織・人材に対する深い洞察が必要です。
そのため、経営幹部としての考え方や役割についての認識を新たにするとともに、これからのマネジメトに必要な知識とスキルを、今改めてしっかりと身につけておく事が重要です。
本講座は、取締役・執行役員・経営幹部に必須の知識である、「財務・会計」「マネジメントリスク」「経営戦略」「リーダーシップ」のエッセンスを集約したプログラムです、また、新任役員の方が2日間で必須知識を集中して学んでいただくのに最適な内容です。

参加者の声


●今までの経験からなんとなく感じていたことを、体系的、論理的に学ぶことができて大変良かった。
●役員になって間もなかったため、導入として非常に勉強になる内容だった。
●役員になって意識改革が必要と感じていた中、基本部分と要点が2日間でカバーできており、また実例による説明が非常に役に立った。
●どのように会社の事業戦略を考えればよいか、着眼点を作る入門として良質な講座だった。
●各分野のプロフェッショナルな講師から実務経験を踏まえた具体的な内容を学べた。

プログラム

Ⅰ.財務・会計の重要ポイント

企業価値の向上が求められる中、「財務や会計のことはよく分からない」では経営責任が果たせない時代 になってきています。本セッションでは適正な経営判断や経営行動が求められる役員にぜひとも知っておいていただきたい知識を重要ポイントにしぼり、分かりやすく解説します。


Ⅱ.これから求められるリスクマネジメント

役員として最低限おさえておくべき最新のリスクマネジメントの専門知識を習得するとともに、過去の企業不祥事などの事例も交え解説、教訓抽出いたします。そして役員として、“いかに自分ごととして考えられるか”を考えていただきます。


Ⅲ.競争優位の経営戦略と事業創造

全体最適・将来最適を見据えながら、成長分野への投資など新たな打ち手とともに、構造も的確に変革していかなければなりません。限られた経営資源の配分と有効活用を考え、優先順位を決断する。本セッションでは、事業と経営戦略で役員に求められる視点を学びます。


Ⅳ.人材マネジメントにおける実践的リーダーシップの要点

本セッションは競争優位の源泉になる人材の力を活かすためのマネジメントのポイントとそれを実現する役員としてのリーダーシップについて解説します。上場企業で組織・風土改革、業績向上を実現した経営者の体験を通じて考察を深めます。


項目 内容
1日目
10:00~18:30

【利益測定の誕生から現在の財務報告制度まで】

・企業会計をめぐる3つの法律:トライアングル体制

・金融ビッグバンから会計ビッグバンへ

・会計基準の国際統合

・日本企業が採用する会計基準

【財務諸表分析の視点と手法 収益性・生産性・安全性・不確実性・成長性】

・財務諸表で分析する5つの企業特性

・収益性の分析 2つの視点

・貸借対照表の仕組み

・有価証券の時価会計

・ROA(全社視点)とROE(株主視点)

・資産別の利用効率 資本回転率の検討

・生産性の分析 赤字企業の存在価値は?

・成長性の分析

・サステイナブル成長率 成長率を決める2つの要因

・成長性の分析

【企業価値評価】

・株式価値評価モデル

【これから求められるリスクマネジメント】

・リスクマネジメントと企業経営

・リスクを管理することの重要性

・企業が直面する様々なリスク

【リスクマネジメントの流れ】

・統合リスク(ERN=エンタープライズリスクマネジメント)のプロセス

・リスクの算定及び評価

【リスクマネジメントの位置づけ】

・コーポレートガバナンスとは

・部統制の基盤は「健全な内部統制環境」及び「円滑な情報伝達」が基

・コーポレートガバナンスの重要性

・内部統制システム

・米COSO報告書盤

【リスクマネジメントの実践】

・リスクマネジメントと一体となって機能する内部統制

・業務プロセスとリスク分析

・業務プロセス管理 営業・販売関連業務と購買関連業務

懇親会

(17:30~18:30)

2日目
9:30~17:00

【経営戦略とリンクした事業創造】

・価値観とステークホルダー戦略:経営戦略の前提

・ビジョンと経営戦略:戦略的視点の重要性

・ドメインの定義

・経営戦略と資源

・競争優位の戦略

・戦略策定のプロセス

・事業創造の戦略

【ビジネスモデルの考え方】

・ビジネスモデルの意義

・ビジネスモデルの構造

・ビジネスモデルの編成原理

【経営資源としての「人」を考える人材マネジメントの要点】

・人間観を考える

・人材マネジメントの全体像

・モチベーションとインセンティブ

・積極的な高齢者活用と若手の人材育成

・日本の雇用の特徴

・社員満足を構成する要素

・経営者のモチベーション

【実践的リーダーシップを考える】

・リーダーとリーダーシップの理解

・矛盾の克服とコミュニケーション力

・リーダーシップの求心力

・キヤノンCEOの変革型リーダーシップ

ご案内

講師


【講義Ⅰ担当】経営者に必須の数字を分かりやすく説明します
石川 博行   大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授

神戸大学経営学部卒業、神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程修了、博士(経営学)、大阪市立大学商学部専任講師、大阪市立大学大学院経営学研究科准教授を経て、2009年より現職。

<研究テーマ>会計情報を用いた企業分析と企業評価。企業活動が会計報告書にとりまとめられるプロセスと、それが株式市場に伝達されたときの経済的効果に関する理論的・実証的研究。配当や自社株買いといった株主還元の意思決定と、それらのペイアウトが株式市場にどのような影響を与えているのかについての理論的・実証的研究。
<主要著書>「配当政策の実証分析」、「株価を動かす配当政策-コロボレーション効果の実証分析」、「会社を伸ばす株主還元」等


【講義Ⅱ担当】攻めのリスクマネジメントが企業価値を高めます
藤原 敏次   ㈱エフティー・コンサルティング代表取締役 主席コンサルタント
          札幌学院大学大学院 講師

早稲田大学法学部卒業、㈱東京リーガルマインド法務部総合研究所長、㈱ワールド・ヒューマン・リソーシス取締役総合研究所長を経て現在、企業法務関連のコンサルティング、企業内研修、執筆などで活躍中。リスクマネジメントを“守り”ではなく企業価値をプラスへ転換させる“攻め”の経営要素としてとらえ、リスク管理の導入からコーポレートガバナンス確立まで幅広く取り組んでいる。
<主要著書>「リーガル・リスクマネジメント」「業界別リスクマネジメント事例集」等
<論文掲載>「月刊ビジネス実務法務」「リスクマネジメントTODAY」他


【講義Ⅲ担当】不透明な時代を生きぬくための経営戦略について考えましょう
金井 一賴   青森大学学長
          大阪市立大学大学院都市経営研究科教授

神戸大学大学院経営学科研究科博士課程修了、弘前大学人文学部、滋賀大学経済学部、北海道大学経営学部、同大学大学院経済岳研究科、大阪大学大学院経済学研究科教授、大阪商業大学総合経営学部教授を経て2018年より現職。

日本ベンチャー学会会長、組織学会評議員、企業家研究フォーラム理事他多数の要職にある。
<研究分野>経営組織、経営戦略、企業家活動、ベンチャー創造とクラスター 等
<著書>「ベンチャー企業経営論」「大学発ベンチャー:新事業創出と発展のプロセス」「経営戦略一理論性・創造性と社会性の追及」 他


【講義Ⅳ担当】実践的リーダーシップを一緒に考えましょう
山﨑 啓二郎   元・キヤノン㈱ 締役人事本部長 
            法政大学専門職大学院 非常勤講師
            オフィス.JKS 代表

1971年キヤノン㈱入社、生産管理、労組役員、欧州駐在(7年)を経て、海外人事課長、事業所総務部長、本社人事部長などを経験し、2004年取締役就任。情報通信システム本部長、人事本部長、総務本部長を担当し、2008年常勤監査役就任、2012年3月退任。
現在キヤノン顧問。2001年より人事革新プロジェクトのチーフを担当、役割給の導入、目標管理制度、人事評価制度の刷新、寮社宅制度の廃止などグローバル人事体系への道筋を構築。経営管理修士(MBA)


会場について


クロス・ウェーブ梅田(大阪市北区)
※会場のご案内は参加証送付時に行います。また、開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

料金について


・参加料にはテキスト、昼食費、懇親会費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

定員


24名(5名に満たない場合は中止または延期する場合があります)

プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連リンク

【関西(大阪)地域 公開教育年間案内】
https://www.jma.or.jp/kansai/

会場

大阪近郊研修会場

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

参加者区分

  • ※日本能率協会法人会員企業一覧を確認する
  • ※「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

※団体名を入力してください。

団体名: 

参加日程

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。
(複数チェック可)

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)

開催期間

2019/07/17 水

2019/07/18 木

会場

大阪
(クロス・ウェーブ梅田)

経営幹部のためのマネジメント必須講座

参加料

受付中

156,000

開催期間

2019/11/20 水

2019/11/21 木

会場

大阪
(クロス・ウェーブ梅田)

経営幹部のためのマネジメント必須講座

参加料

受付中

156,000

以上の内容で申込み日程を追加する場合は、「申込み日程を追加」ボタンをクリックしてください。

〔追加済みの申込み日程〕

申込み日程を追加してください

申込み日程を追加する >>

申込み注意情報

※注意事項は必ずお読みください

すべての情報を見る

キャンセル規定及び、申込規定をご確認ください

Web申し込み以外の申し込み方法はこちらから

エクセルでのお申し込みはこちら

ファックスでのお申し込みはこちら

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず) 無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず) 参加料の30%
    開催前日および当日 参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

関西事務所  お問合せフォームはこちら  TEL : 06-4797-2050

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

※ 残席わずか/満席の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのままお申込みいただけます。
JMAマネジメントスクールお問合せフォームはこちら  TEL : 03-3434-6271

セミナーID:100108

JMA100108

経営幹部のためのマネジメント必須講座

ページトップへページトップへ