日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

JMAマネジメントスクール > 【選抜型】幹部候補育成 > 第12期 人と組織の未来をつくる「人事研究会」(2023年度)

JMAマネジメントスクール > 人事・人材開発 > 第12期 人と組織の未来をつくる「人事研究会」(2023年度)

セミナーID:100119

第12期 人と組織の未来をつくる「人事研究会」(2023年度)

対象:【選抜型】幹部候補育成人事・人材開発

エリア東京

期間6日間以上合宿形式

各種ガイド、パンフレットと日程が異なる場合があります。お申込みの際は必ず本ページの開催日をご確認ください。

本コースのねらい

ねらい


経営者・従業員のパートナーとして、人材・組織マネジメントを構想できる "人事リーダー" を育成する
広く人事テーマに向き合うことにより、全体構想力を持ち、変化するもの・変化しないものの本質を捉え、「経営戦略」に資する「人事戦略」を実現する "人事リーダー" を育成します。

開催概要

期間・日数


2023年8月~2024年1月(全6回・11日間)
※2022年度より開催日数を1日追加しております。


主な対象者


■人事・人材開発部門/組織開発部門
■経営企画部門/事業部門で人・組織の課題に関わる方
■主な役職: 課長・主任・リーダー・リーダー候補


コースの特長


(1)学術的な視点と、人事実務家からの学び
全単位で登壇する主任講師からは、学術的な視点で、人事における普遍的な論理や視点をお伝えします。
各単位で招待するゲスト講師からは、人事実務の最前線の視点で取り組みの発表をいただきます。
ゲスト講演では、約1hの質疑応答の時間を設けているのも特徴です。自社施策に結びつけることを想定し、じっくり質問をすることが可能です。

(2)参加企業の取り組みからの学び
単位テーマに沿い、参加各社の事例を持ち寄り討議を行います。
参加者企業の取り組みを聴くことで、自社の立ち位置を確認するとともに、他社の人事施策から新たなヒントをもらいます。

(3)人事パーソンとしての視座を高める
足元の業務から離れ、全体感を持って人事に向き合い、困難な問いを考え抜くことで、人事リーダーに必要な知識・考え方を養い、ひとつ上のステージへと進むマインドを醸成します。


 各単位での進行フレーム 


 (1)事前課題 

●必読書
●ビジネスケース/必読書に関する設問回答
●自社課題に関する設問回答
事前に、必読書で単位テーマに関する知識を得るとともに、ビジネスケース・必読書/自社課題に関する設問に取り組むことで、課題意識の醸成を行います。

   ▼
 (2)研修当日 

●主任講師 講義
●ゲスト講演・企業視察
●グループ討議(必読書.ビジネスケース.自社課題)
●チーム研究
学術視点・実務視点の両視点により講義を行います。
事前課題で取り組んだ設問に基づき、参加者同士で討議を重ね、更に、講師からのアドバイスを加えることにより、自身の視点・考え方に磨きをかけます。


   ▼
 (3)事後振り返り 

●事後レポート
●メンター面談
事後レポートでは、研修における学びを振返り内省します。「メンター制度」では、社内の上司・先輩から助言を得る機会を設け、学びを深めるとともに、自社における実践・展開にもつなげるきっかけ作りを行います。


過去の参加企業(過去3年分)(※法人格略・一部会社名当時・50音順)


味の素/味の素労働組合/アルケア/いすゞ自動車/AGC/NECネッツエスアイ/NECフィールディング/エヌ・ティ・ティ・ビジネスアソシエ/オムロン/オリエンタル酵母工業/オリックス/京セラ/グローブライド/住友商事/セイコーインスツル/セイコーエプソン/ダイキン工業/TIS/DCM/帝人/TDK/テルモ/東京ガス/日本通運/日立製作所/日立ハイテク/ミクニ/三井物産/三菱商事/りそな銀行/YKK AP

2023年度 プログラム


チーム研究
全単位を通して編成されたチームで「人事課題」を設定し、研究を重ね、近未来における解決策を立案します。
下記「単位プログラム」に平行し、本プログラム内外で、取り組んでいただきます。
プログラム内では、チーム研究を進めるためのノウハウ提供や、研究へのサポートをいたします。

第3単位・中間報告会/第6単位・最終報告会
 各チームより、研究発表をしていただき、
 ①ゲストコメンテータ、②各社「上司・メンター」、③参加者同士
 より、コメント・アドバイスを出し合うことで、発表に対し、多面的な学びを得ます。


プログラム(全6回・11日間)  ※日程・内容は、若干の変更される場合があります。
日程 テーマ

第1単位

2023年8月24(木)-25日(金)

2日間(東京・通い)

人事部門の役割と持つべき視点(人事管理のバリューチェーン)

ビジネスを取り巻く環境の変化に対応し、経営戦略の観点から、将来あるべき人・組織マネジメントを構想するために必要な、人事部門の役割・人事管理のバリューチェーンについて考察する

1)事前:必読書/ビジネスケース等、事前課題

2)当日:講義・ゲスト講演/グループ討議/チーム研究

3)事後:事後レポート/メンター面談

【企業講演】

第2単位

9月21(木)-22日(金)

2日間(合宿)

経営理念による組織行動の統合と、自律する個の活躍が両立する組織

絵に描いた餅としない、実践に繋がる「経営理念」の活用について検討する。コミュニケーションを促進し、 社員の自律性を高め、組織行動を統合し、企業目標の達成ために人事部門は何をすべきかを考察する

1)事前:必読書/ビジネスケース等、事前課題

2)当日:企業訪問/講義・ゲスト講演/グループ討議/チーム研究

3)事後:事後レポート/メンター面談

【企業訪問】

【企業講演】

第3単位

10月26(木)-27日(金)

2日間(オンライン)

人事制度 ~企業運営の最適化と従業員能力の最大化~

経営者・労働者を意識しながら、効果的な人事管理を実現するために、人事制度が果たせる役割とは。 従業員のコンピテンシーを向上し、経営戦略を遂行し、生き生きと働いてもらうには、どのように規則を定め、活用するかを考察する

1)事前:必読書/ビジネスケース等、事前課題

2)当日:講義・ゲスト講演/グループ討議/チーム研究/チーム研究 中間報告会

3)事後:事後レポート/メンター面談

【企業講演】

【チーム研究 中間報告会 ゲストコメンテータ】
中島 豊  中央大学 ビジネススクール フェロー
      日本人材マネジメント協会 会長
小山 健太 東京経済大学 コミュニケーション学部 准教授

第4単位

11月21(火)-22日(水)

2日間(合宿)

従業員の人生に関わる人事の役割~働きがい・働きやすさ~

働く人の多様な価値観を捉え、それらを組織施策に反映し、従業員の公私にわたる人生をいかにバックアップするか、従業員エンゲージメントをいかに高めるかについて考える。

1)事前:必読書/ビジネスケース等、事前課題

2)当日:企業訪問/講義・ゲスト講演/グループ討議/チーム研究

3)事後:事後レポート/メンター面談

【企業訪問】

【企業講演】

第5単位

12月21(木)-22日(金)

1日間(オンライン)

HRデータの活用(人的資本の把握・開示に向けたテクノロジー利用)

HRデータとHRテクノロジーを活用した「人的資本の把握・開示」が強く求められている。企業運営を科学的に最適に行い、生産性を高めるとともに、ステークホルダーに信頼されるためのHRデータ・HRテクノロジーの活用について考える

1)事前:必読書/ビジネスケース等、事前課題

2)当日:講義・ゲスト講演/グループ討議/チーム研究

3)事後:事後レポート/メンター面談

【企業講演】

第6単位

2024年1月26日(金)

1日間(東京・通い)

チーム研究最終報告会 ~近未来の人事課題 解決策の提言~

全単位を通して取り組んだ『チーム研究』の集大成として発表会を実施。人事経験・知識豊富なゲストコメンテータ、参加者同士、上司・メンター等により発表内容へのコメントをもらい学びを得る。

1)当日: チーム研究 最終報告会/今後の活動に向けたアクション宣言

2)事後:事後レポート/メンター面談

【チーム研究 最終報告会 ゲストコメンテータ】
中島 豊  中央大学 ビジネススクール フェロー
      日本人材マネジメント協会 会長
小山 健太 東京経済大学 コミュニケーション学部 准教授

2ndステージ
2024年

フォローアップ研修 : 研修終了後のご自身の活動の振り返り


【ご参考】2022年度 プログラム

プログラム(全6回・10日間) ※日程・内容は、若干の変更される場合があります。
日程 テーマ

第1単位

2022年8月25-26日

2日間(東京会場)

人事部門の役割と持つべき視点(人事管理のバリューチェーン)

ビジネスを取り巻く外部環境の変化に対応し、人事戦略の観点から、将来あるべき人と組織づくりを構想するために必要な、人事部門の役割・人事管理のバリューチェーンについて考察する。

1)事前:必読書/ビジネスケース等、事前課題

2)当日:講義・ゲスト講演/グループ討議/チーム研究

3)事後:事後レポート/メンター面談

【企業講演】
有沢 正人 カゴメ株式会社 常務執行役員 CHO 最高人事責任者

第2単位

9月15-16日

2日間(合宿)

経営理念による組織行動の統合と、自律する個の活躍が両立する組織

絵に描いた餅としない、実践に繋がる「経営理念」浸透について検討する。コミュニケーションを促進し、社員の自律性を高め、組織行動を統合し、企業目標の達成ために人事部門は何をすべきかを考察する。

1)事前:必読書/ビジネスケース等、事前課題

2)当日:企業訪問/講義・ゲスト講演/グループ討議/チーム研究

3)事後:事後レポート/メンター面談

【企業訪問】
全日本空輸株式会社
【企業講演】
荒木 知哉 全日本空輸 整備センター業務推進部 担当部長
(元CS推進部・人事部 において、カルチャー変革・理念浸透に尽力。現業部門からの視点でもお話しします。)

第3単位

10月27-28日

2日間(オンライン)

人事制度 ~企業運営の最適化と従業員能力の最大化~

効果的な人事管理を実現するために人事制度が果たせる役割とは。従業員のコンピテンシーを向上 し、当事者意識を持ち、自由に仕事ができる組織を作る為に、どのように規則を定め、活用するかを考 察する。

1)事前:必読書/ビジネスケース等、事前課題

2)当日:講義・ゲスト講演/グループ討議/チーム研究/チーム研究 中間報告会

3)事後:事後レポート/メンター面談

【企業講演】
金丸光一郎 三菱ケミカルグループ株式会社
       人事本部 Japan人事部長
【チーム研究 中間報告会 ゲストコメンテータ】
中島 豊  中央大学 ビジネススクール フェロー
      日本人材マネジメント協会 会長
小山 健太 東京経済大学 コミュニケーション学部 准教授

第4単位

11月24-25日

2日間(合宿)

従業員の人生に関わる人事の役割~働きがい・働きやすさ~

働く人の多様な価値観を捉え、それらを組織施策に反映し、従業員の公私にわたる人生をいかにバックアップするか、従業員エンゲージメントをいかに高めるかについて考える。

1)事前:必読書/ビジネスケース等、事前課題

2)当日:企業訪問/講義・ゲスト講演/グループ討議/チーム研究

3)事後:事後レポート/メンター面談

【企業訪問】
伊那食品工業株式会社
【企業講演】
塚越 英弘 伊那食品工業株式会社 代表取締役社長

第5単位

12月15日

1日間(オンライン)

HRデータの活用(HRテクノロジーへの活用と人的資本の開示)

HRテクノロジーは、もはや業務支援ツールを超え、意思決定支援ツールになりつつある。データによる意思決定ができる一方、人の情熱・納得感を引き出せなければならない。人事部門として両者をうまく交差させるための原理について考察する。また、人的資本の開示についても考える。

1)事前:必読書/ビジネスケース等、事前課題

2)当日:講義・ゲスト講演/グループ討議/チーム研究

3)事後:事後レポート/メンター面談

【企業講演】
早藤 努 ソニーピープルソリューションズ株式会社
グローバルHR プラットフォーム部門 部門長 兼 人材開発部 統括部長

第6単位

2023年1月27日

1日間(東京会場)

チーム研究最終報告会 ~近未来の人事課題 解決策の提言~

全単位を通して取り組んだ『チーム研究』の集大成として発表会を実施。人事経験・知識豊富なゲストコメンテータ、参加者同士、上司・メンター等により発表内容へのコメントをもらい学びを得る。

1)当日: チーム研究 最終報告会/今後の活動に向けたアクション宣言

2)事後:事後レポート/メンター面談

【チーム研究 最終報告会 ゲストコメンテータ】
中島 豊  中央大学 ビジネススクール フェロー
      日本人材マネジメント協会 会長
小山 健太 東京経済大学 コミュニケーション学部 准教授

2ndステージ
2023年

フォローアップ研修 : 研修終了後のご自身の活動の振り返り


講師

主な講師陣(敬称略)

主任講師(2023年度 登壇決定!)
江夏 幾多郎

神戸大学 経済経営研究所

准教授  ほか


インタビュー
「人事研究会」の意義はなんでしょうか。
経験に培われた能力を伸ばし、活かしていくためには、自分の持っている知識やその意味を言語化することが必要になります。人事研究会では、講師や参加者同士とのやり取りの中で、知識・経験を捉えなおし、そこから先どうあるべきかを描くためのきっかけづくりを提供しています。そのために、自社の人事課題や各種ビジネスケース、中長期の人事課題解決の研究活動等、すぐに理解し、実践することが難しいことをあえて投げかけ、双方向で考え抜きながら自分自身の軸を見出すことが本コースの意義であると考えています。


<ゲスト講師>(2022年度実績)
  第1単位 有沢  正人 カゴメ株式会社 常務執行役員 CHO 最高人事責任者
  第2単位 荒木  知哉 全日本空輸株式会社 整備センター業務推進部 担当部長
  第3単位 金丸 光一郎 三菱ケミカルグループ株式会社 人事本部 Japan人事部長
  第4単位 塚越  英弘 伊那食品工業株式会社 代表取締役社長
  第5単位 早藤   努 ソニーピープルソリューションズ株式会社
             グローバルHR プラットフォーム部門 部門長 兼 人材開発部 統括部長

<ゲストコメンテータ(※チーム研究 中間報告会・最終報告会コメント)(2022年度実績)>
  第3・6単位 中島  豊 中央大学 ビジネススクール フェロー/日本人材マネジメント協会会長
  第3・6単位 小山 健太 東京経済大学 コミュニケーション学部 准教授

会場

―集合研修時(東京)―


日本能率協会・研修室
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
TEL: 03-3434-6271
【交通アクセス】東京メトロ日比谷線 神谷町駅 3出口 徒歩7分
都営三田線 御成門駅 A1出口 徒歩5分
都営大江戸線 大門駅 A4・A5・A6出口 徒歩12分
JR山手線 浜松町駅 徒歩15分
※左記マップをご参照ください

―合宿研修時―


第2単位:
第4単位:

―オンライン研修時―


※ZOOMミーティングを使用します
※詳細はコース開講時にご連絡します

プログラムについてのお問合せ


※プログラムについてのお問合せは下記までお願いします。
【メール】info-jmi@jma.or.jp
【TEL】03-3434-1955


※残席・お申込み方法についてのお問合せは本画面下部の
「残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先」よりお問合せください。

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

参加者区分

  • ※日本能率協会法人会員企業一覧を確認する
  • ※「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

※団体名を入力してください。

団体名: 

参加日程

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。
(複数チェック可)

〈参加料に含まれるもの〉
●テキスト(必読書・参考書籍除く) ●昼食費(オンライン時は除く) ●宿泊費(合宿単位)

〈参加料に含まれないもの〉
●国内外の研修開催地までの交通費・事前宿泊費
●国内外の自主活動時の交通費・宿泊費等

開催日程で、コースの一部見学も承っております。
資料では伝えられない、本コースのプログラム・レベル感を是非ご体感ください。
【メール】info-jmi@jma.or.jp
【TEL】03-3434-1955
開催期間会場タイトル参加料

開催期間

2023/08/01 (火)

2024/01/31 (水)

会場

東京
(日本能率協会 研修室)

人と組織の未来をつくる「人事研究会」(2023年度)

参加料

受付中

80,000円(税抜)
/ 88,000円(税込)

以上の内容で申込み日程を追加する場合は、「申込み日程を追加」ボタンをクリックしてください。

〔追加済みの申込み日程〕

申込み日程を追加してください

申込み日程を追加する >>

申込み注意情報

※注意事項は必ずお読みください

すべての情報を見る

Web申し込み以外の申し込み方法はこちらから

エクセルでのお申し込みは こちら

ファックスでのお申し込みは こちら

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. なお、キャンセルのお申し入れは、必ずFAX(03-3434-6387)またはメール(info-jmi@jma.or.jp)にてご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    開催30日前~15日前(開催日を含まず起算) 参加料の10%
    開催14日前~8日前(開催日を含まず起算) 参加料の30%
    開催7日前~前々日(開催日を含まず起算) 参加料の50%
    開催日前日および当日 参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

経営・人材革新センター  お問合せフォームはこちら  TEL : 03-3434-1955

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

※ 残席わずか/満席の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのままお申込みいただけます。
JMAマネジメントスクールお問合せフォームは こちら   TEL : 03-3434-6271

セミナーID:100119

JMA100119

第12期 人と組織の未来をつくる「人事研究会」(2023年度)

ページトップへページトップへ