日本企業の強みをいかして 「商品力」と「コスト競争力」を両立させよう

モジュラーデザイン 実践セミナー

・過度な顧客志向から内部連携も重視した取組みへ
・失敗から学ぶ モジュラーデザイン成功のポイントとは?

開催概要

対象


・開発、生産技術、製造部門の方
・製造業の事業企画部門、調達部門の方
・モジュール化を前提とした受注をする営業の方

商品力とコスト競争力の両立


 モジュラーデザインの目的は、グローバル事業での利益創出です。先進国に商品力で勝ち、新興国とコスト競争力で
戦うには品質とコストの両立が必要で、そのためには商品ラインナップ等の考えに矛盾が生じてしまいます。
この矛盾を解消することこそが成功のポイントです。

 そこで本セミナーでは、モジュラー化の目的と効果を丁寧に解説するとともに、自社でできる導入前診断や、漏れな
く効果的に推進するためのツールの活用方法を学んでいただくことで、「真に目指す姿を具体的にイメージする」こと
ができます。
 モジュール化の効果を最大化したい方、モジュール化によって体質改革を図りたい方におすすめのプログラムです。

こんな方におすすめです


・摺合せの標準化(デザインルール化)で行き詰っている。
・生産方式が従来と変わらず、コストが下がらない。
・フレキシブルな生産ラインなのに生産性が低い。
・モジュールがかえって制約になり製品進化が停滞する。
・設計担当者が勝手に新規図面をかいてモジュール化が崩れる。
・効果に確信が持てず挫折してしまう。

→「矛盾の解決」が成功へのポイントです!

参加者の声


・真のモジュール化の定義や、すり合わせ型のモジュール化方法などをしっかり学ぶことができた。

・経験や最近の事例に基づく説明で参考になった。モジュラーデザインそのものも
 進化している。まだまだ勉強不足であると痛感した。

・自社が考えていることで修正すべき内容を把握できて良かった。

・モジュラーデザインの本質とは何かわかり、大変参考になった。日本の強みを大事にしたい。
 全体組織としてのチームワークが大事だと思った。

・営業・製造部門など全体で取組む必要性が納得できる解説だった。
 自部門以外が何を考慮すべきかがわかったのが収穫。

・講義中の質問に対して、とても役立つご回答をいただき助かりました。
 モジュール化の失敗ケースが非常に良い事例でした。

    プログラム


    1日 10:00~17:00


    1 モジュラーデザイン導入の目的 ~ グローバル事業での競争力最大化の考え方 ~
     ・先進国とは「商品力」、新興国とは「コスト」で戦う日本企業
     ・商品力とコスト競争力の両立を高度に実現するには

    2 モジュラーデザイン3.0とは ~ 一般概念から最新の取組みまで ~
     (1)モジュール化のさまざまな取組み
       各手法の特徴や目的、開発の背景や経緯を理解します
        ① 部品種類削減を主体とした生産革新
        ② 製品アーキテクチャの構造化による開発革新
        ③ 開発・生産のシナジーを狙った統合的な同時革新
     (2)モジュール化の失敗ケース

    3 モジュール化の成功ポイント
     (1)事業戦略革新(顧客バリュー最大化のモジュール化)
     (2)インテグラルモジュールによる商品力向上と開発効率の同時実現
     (3)製品品質とコスト競争力の同時実現(生産技術・製造との連携高度化)

    4 導入前に有効なモジュラーデザイン診断
     ・開発プロセスやモジュラー生産方式の構想立案・効果予測による課題の明確化
     ・マスタープランと課題対策の方向性
     ・自社でできる問診票による簡易診断

    5 モジュラーデザインの推進ツール
     (1)DSM(Design Structure Matrix)
      ・製品構造等を要素に分解し、要素間の相互作用を見える化することで、モジュール構造の最適化検討に活用します。
     (2)すぐに使えるフォーマット集
      ・プラットフォーム構想やモジュールマップなど、モジュラーデザインの検討に即活用できる書式類をご紹介します。

      ご案内

      講師


      桜井 祥裕  ㈱日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント

      会場について


      開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

      料金について


      ・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
      ・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

      定員


      参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。

      プログラムについて


      ※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

        会場(大阪)

        日本能率協会・研修室(大阪)


        〒530-0001
        大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENTオフィスタワー19階
        TEL:06-4797-2050


        交通アクセス


        阪神梅田駅/地下鉄四つ橋線 西梅田駅 より徒歩1分
        JR大阪駅 (桜橋口) より徒歩2分
        JR北新地駅 より徒歩4分
        地下鉄御堂筋線 梅田駅 より徒歩5分
        阪急梅田駅 より徒歩12分

          お申込み

          参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

          「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。
          適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

          参加される方のお名前を入力してください。必須

          下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

          開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
          2018/12/13 木大阪
          (日本能率協会 研修室)
          モジュラーデザイン 実践セミナー
          参加料

          受付中

          50,000

          終了したセミナーを表示する

          開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
          2018/06/15 金大阪
          (日本能率協会 研修室)
          モジュラーデザイン 実践セミナー
          参加料
          受付終了

           

          以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

          次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


          〔登録済みの参加者〕

          参加者を登録してください


          参加者を追加する >>

          海外からの参加お申込みについて

          海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

          キャンセルについて

          参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
          代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

          1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
            折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
          2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
            キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
            お振込期限までにお支払いください。
          3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
          4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
            キャンセルご連絡日キャンセル料
            開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
            開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
            開催前日および当日参加料の全額
          5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

          ※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
          ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

          メニュー

          お気に入り一覧お気に入りに追加

          ログインいただきますと、
          お気に入り機能が利用可能となります。