~成果を出す!目標利益率確保を目指して~

コストダウン・プロジェクト実践セミナー

開催概要

対象


製造業・調達部門の部課長・係長クラスおよび企画担当の皆さん
原価管理、原価企画部門およびコストダウン・プロジェクト推進の皆さん

本セミナーのポイント


コストダウン活動とは「会社の利益率目標を達成するために、関係部門が連携してプロジェクト活動を行うこと」であり、調達部門が単独で為し得るものではありません。しかし、調達責任を担う調達部門が重要な役回りであることも、言うまでもありません。そういう中で、調達部門の多くが抱える悩みは、
  ●毎期繰り返される、ゴールの見えないコストダウン率目標設定
  ●達成感が無い/利益貢献の手応えが無いコストダウン活動
であり、まさに、ギリシャ神話の「シシュポスの岩」と言って差し支えないでしょう。
コストダウン活動は困難な道を歩むようなものです。しかし、困難でも楽しく進むことはできます。このような悩みを乗り越え、担当者が活き活きと取り組めるコストダウン活動の進め方を解説します。

受講者の皆さんへ


コストダウン・プロジェクトの企画書があればご持参ください。セミナー内容と比較し完成度を自己評価してください。
(セミナー会場で開示することはありません。)

プログラム


1日 10:00~17:00


【第1部】 コストダウン理念の確立

1.コストダウン責任を明確に
コストダウンの最終責任はビジネスグループの長にあることは言うまでもありません。
しかし、活動主体たる調達部門長が「私の責任ではない」という雰囲気を持つだけで活動は失敗します。
まず社内に対して、「調達部門が達成責任を負って推進する」という宣言をすることが必要です。
■キイ・イシュー 達成責任は我にあり/宣言のねらい

2.達成感のあるコストダウン活動の理念
コストダウン(原価低減)はプライスダウン(値引き)と混同されがちです。
コストダウン活動をどのようにとらえるか(理念)は、その活動の進む方向を決める大変重要な問題です。
■キイ・イシュー 日本製造業の利益率/定期コストダウンの大義は?/コストダウン活動の理念/経営課題としての認識/業績回復企業がやったこと


【第2部】 成果を出す!コストダウン・プロジェクトの進め方

1.コストダウン率目標設定 3つのアプローチ
コストダウン率の目標設定は、会社の上位目標(利益率目標)から展開し、整合性がなければなりません。
客観的で合理的なコストダウン率の求め方を解説します。
■キイ・イシュー アプローチ1:会社の利益率目標から
           アプローチ2:損益分岐点分析から
           アプローチ3:原価企画から


2.コストダウン施策策定 3つのステップ
設定された目標を達成するには何を為さねばならないのか、取組むテーマを整理する必要があります。
ここでは、コストダウン・テーマの切り口を整理し、事業計画としてまとめ上げるステップを解説します。
■キイ・イシュー ステップ1:コストダウン・テーマの洗い出し
           ステップ2:コストダウン施策策定の5要素
           ステップ3:事業計画審議会でのオーソライズ

3.コストダウン施策実現 3つのアクション 
施策実現の必要条件は、コストダウン脳を鍛えること/担当者が活き活きしていることの二つです。
「コストダウン脳」とは、「モノを手にすることでさまざまな課題が浮かび、それを解決したいという衝動的エネルギー」を意味します。
VEは効果が出ない、とあきらめる企業が多いようですが、コストを下げる有効な手段はVEです。
効果が出ないのはその進め方に問題がある、すなわち、コストダウン脳が鍛えられていない、と断言してよいでしょう。
ここでは、成果につながるVEの進め方を解説します。
また、いかにすれば担当者が活き活きと活動できるのか。心理的側面も含めて、プロジェクト推進会議の進め方など、その具体的方策を解説します。
■キイ・イシュー アクション1:コストダウン活動の「見える化」
           アクション2:VE活動の活性化
           アクション3:プロジェクト活動の活性化

付録:コストダウン脳の鍛え方(担当講師著)

ご案内

講師


神谷 幹雄  神谷生産研究所 所長

会場について


開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

料金について


・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。



プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連リンク

ものづくりポータルサイト
http://jma-column.com/

会場(東京)


日本能率協会・研修室(東京)


〒105-8522
東京都港区芝公園3-1-22
TEL: 03-3434-6271

交通アクセス


[地下鉄]
日比谷線 神谷町駅 3番出口より 徒歩7分
都営三田線 「御成門駅」 A1出口より 徒歩5分
都営浅草線・大江戸線 「大門駅」 A6出口より 徒歩12分

[JR線]
浜松町駅 北口出口より 徒歩15分

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)


日本能率協会法人会員企業一覧を確認する


  • 「日本能率協会法人会員参加料」は、お支払方法を「個人で振込」にした場合は適用されません。
    適用を希望される場合は必ず「会社から振込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
2018/05/16 水東京
(日本能率協会 研修室)
コストダウン・プロジェクト実践セミナー
参加料

受付中

63,000

2019/01/18 金東京
(日本能率協会 研修室)
コストダウン・プロジェクト実践セミナー
参加料

受付中

63,000

終了したセミナーを表示する

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
2016/05/20 金東京
(日本能率協会・研修室)
コストダウン・プロジェクト実践セミナー
日本能率協会法人会員参加料
受付終了
コストダウン・プロジェクト実践セミナー
上記会員外参加料
受付終了
2017/01/18 水東京
(日本能率協会・研修室)
コストダウン・プロジェクト実践セミナー
参加料
受付終了
2017/05/17 水東京
(日本能率協会・研修室)
コストダウン・プロジェクト実践セミナー
参加料
受付終了
2018/01/19 金東京
(日本能率協会・研修室)
コストダウン・プロジェクト実践セミナー
参加料
受付終了

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
    開催前日および当日参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

パンフレット/参加申込書はこちら

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

関連する公開セミナーはこちら

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。