調達担当者のための交渉力基礎習得セミナー

開催概要

対象


・購買・調達部門の方
・交渉力の基礎を学びたい方

参加のおすすめ


調達担当者に求められる交渉力とはどのようなものでしょうか?
企業における購買取引は長期継続取引を前提としたものが多く、交渉には協調的な側面と競争的な側面の2つが存在することに特徴があります。
調達交渉では、テクニックを駆使する「交渉術」だけではなく交渉プロセスを管理し、創造的な交渉結果を実現する「交渉力」が重要になってきます。
困ったとき、要求をつきつけられたときにどう対応すべきか、そしてどう交渉すべきか。
座学だけではなく演習を多く設けていますので、実践さながらの状況で調達担当者が真に必要な本当の交渉力を身につけていただきます。


参加の声


・「土台作り」がいかに今まで甘かったか思い知ることになりました。交渉準備の仕方や質問の使い分けを取り
入れていきたい。
・交渉プロセスを管理する能力も大事ということを認識した。演習を重ねることで自分の弱点が浮き彫りになった。
・演習を通じて自分にいかに交渉力がなく、普段できていないかを痛感した。何気ないやりとりの中からポイント
 を見つける、ということが参考になった。
・交渉戦術のコツがなんとなくわかってきた。相手が何を求めているのか真のニーズを引き出すことが重要であり、
 実践しながら習得していきたい。

    プログラム


    1日 10:00~17:00


    【1】交渉とは何か
    調達交渉は、企業の利害と同時に交渉相手個人の満足条件すら考慮する必要があります。
    特に調達担当者が気をつけるべきこと、交渉の本質について解説します。
     (1)交渉とは何か、何を考え交渉すればいいのか
     (2)調達・購買の交渉と、個人の交渉の違いは何か
     (3)小手先の交渉術は役に立つのか、これまでの交渉術の問題とは
         [演習1] AさんBさん

    【2】交渉の種類を理解する
    「Win-Win」といってもその定義はさまざまです。「Win-Lose」や「Lose-Lose」になってしまう交渉も現実には多くあります。
    その線引きを実際に調達担当者はどう見分けるのか、経験談を交えてお話しします。
     (1)Win-Win 交渉   
     (2)Win-Lose 交渉
     (3)Lose-Lose 交渉  
     (4)No Deal
     (5)交渉種類をどう見分ければいいのか
     (6)調達・購買交渉におけるジレンマとは何か
         [演習2] 値上げ交渉

    【3】交渉の基本、交渉の種類別対応策を学ぶ
    交渉に入る前に落とし所を用意すると、つい妥協してしまいがちです。
    落とし所は最終ポイントのはずで、できるだけ自分の取り分の要求を遠慮すべきでありません。
    ここでは、調達交渉に役立つ知識を抽出して解説します。
     (1)BATNA(交渉合意の代案)を想定する
     (2)ZOPA(相手との合意可能領域)を把握する
     (3)SCQA(状況・障害・疑問・回答)分析を把握しておく
     (4)Win-Win交渉では価値の最大化を狙う
     (5)信頼関係によって交渉結果は異なる
         [演習3] [演習4] 価格交渉

    【4】交渉戦術を学ぶ
    いかに交渉相手を説得すべきなのか、最後にこの脱・教科書的な「交渉をよりよくするテクニック」を説明します。
     (1)調達担当者のための心理的交渉術
     (2)調達担当者のための論理的交渉術
     (3)その他交渉術
         [演習5] 最適調達の検討と交渉

      ご案内

      講師


      坂口 孝則  未来調達研究所(株) 取締役

      会場について


      開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

      料金について


      ・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
      ・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

      定員


      参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。

      プログラムについて


      ※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

        関連リンク

        【関西(大阪)地域 公開教育年間案内】
        https://www.jma.or.jp/kansai/

          会場(大阪)

          日本能率協会・研修室(大阪)


          〒530-0001
          大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENTオフィスタワー19階
          TEL:06-4797-2050


          交通アクセス


          阪神梅田駅/地下鉄四つ橋線 西梅田駅 より徒歩1分
          JR大阪駅 (桜橋口) より徒歩2分
          JR北新地駅 より徒歩4分
          地下鉄御堂筋線 梅田駅 より徒歩5分
          阪急梅田駅 より徒歩12分

            お申込み

            参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

            「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。
            適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

            参加される方のお名前を入力してください。必須

            下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

            開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
            2018/08/03 金大阪
            (日本能率協会 研修室)
            交渉力基礎習得セミナー
            参加料

            受付中

            60,000

            2018/12/07 金大阪
            (日本能率協会 研修室)
            交渉力基礎習得セミナー
            参加料

            受付中

            60,000

             

            以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

            次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


            〔登録済みの参加者〕

            参加者を登録してください


            参加者を追加する >>

            海外からの参加お申込みについて

            海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

            キャンセルについて

            参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
            代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

            1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
              折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
            2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
              キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
              お振込期限までにお支払いください。
            3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
            4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
              キャンセルご連絡日キャンセル料
              開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
              開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
              開催前日および当日参加料の全額
            5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

            ※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
            ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

            メニュー

            お気に入り一覧お気に入りに追加

            ログインいただきますと、
            お気に入り機能が利用可能となります。