~従来の5Sを刷新し、時代に対応する新たな5Sを創造する~

現場が変わる 実践新5Sセミナー

開催概要

対 象


【このような方にお勧めです】
・現在の5Sの活動にマンネリ化を感じているが、5S活動という言葉自体を残し時代に適した活動にしたい。
・現場人材の変化に伴い、新たな工場活動を展開したい、その活動をそのままグローバル展開したい。
・5S活動をコスト削減に直結させたい、定着させたい、後戻りさせたくない。

現場が変わる15の刷新ポイント



■ 新たな時代:現場人員が減少、外部社員比率の増加、現場人材の体質が変化、グローバル化
■ 刷 新:スピード(効率性)、効果(経営に貢献)、定着性(ルールを守らせるマネジメントとしくみ)

1S (整理)……①『 更地化』によるスピード整理 ② 動線分析による理想レイアウトの実現
2S (整頓)……③ ICタグを使い2Sの状態を維持、守る習慣を身に付けさせる
3S (清掃))……④ 20の原則崩れを復元し設備トラブルゼロ化 ⑤ 設備トラブルゼロを維持する点検基準の作り方 ⑥ センサー情報を取り込み予知保全を実現
4S (清潔)……⑦ 異物の感性を養う ⑧ 発生源、伝達経路対策によるクリーンな職場の実現
⑨ 清掃改善のクリーン状態維持の簡素化  10 異物レファレンス管理による突発異物不良対策
5S (しくみ)…躾という言葉自体が現場人材に対して失礼。先ず、言葉を刷新する。 ⑪ 現標準を守れる標準へ整備する  ⑫ ビデオ教育とスマートグラス実践訓練 ⑬ ヒューマンエラーをなくす現場環境整備
効果…………⑭ ロスコストマネジメントのコンセプトを用い、5Sの活動成果を経営効果に直結する
定着性………⑮ ルールを守る人材の育成としくみつくり:モラルアップへのアプローチによる活動マネジメント

    プログラム

    1日 10:00~17:00



    1 5Sを刷新する


    ① 従来の5Sの問題点と限界
    ② 5Sを刷新する
    ③ 改めて定義する:職場のあるべき姿とは
    ④ 実践5S
    ⑤ 活動を経営に直結させる
    ⑥ ルールを守らせるマネジメントとしくみ

    2 実践1Sから2Sへのアプローチ:工程へのアプローチ


    ①『 更地化』によるスピード整理
    ② 動線分析による理想レイアウトの実現
    ③ ICタグでモノと位置を管理する

    3 実践3Sへのアプローチ:設備へのアプローチ


    ① 設備のトラブルは20の原則崩れ
    ② 3つの製造で原則崩れを復元する
    ③ 設備トラブルゼロを実現する点検基準の作り方
    ④ センサー活用による原則崩れの予知

    4 実践4Sへのアプローチ:異物へのアプローチ


    ① 異物は感性:100の常識
    ② 異物不良発生のメカニズム
    ③ 異物のポテンシャルを減らす徹底清掃
    ④ 13の発生源、5つの伝達経路への対策
    ⑤ 清掃改善:清掃台車の作製

    5 実践5Sへのアプローチ:ルールが守れるしくみづくり


    ① 標準整備へのアプローチ守れる標準つくり
    ② ポカミスゼロを目指した職場環境整備

    6 モラルアップへのアプローチ:5S活動のマネジメント


    ① モラルとは:モラルを向上させる意識付け
    ② やる気を起こさせ、ルールを守る体質をつくり定着させる
    ③ 現場の管理・監督者の姿勢

    7 事 例 紹 介


    ビデオ教育とスマートグラス実践訓練 

    〈体 験〉実際にICタグによるモノの位置検出、スマートグラスによる実践訓練を体験していただき、これらのしくみづくりのヒントを得ていただきます。

    ■ 参加特典(配布物)


    ・5S実践6つのシート
    ・5S現場診断シート

      ご案内

      講師


      大谷 みさお
      ㈱ロンド・アプリウェアサービス 標準化専任講師

      日立東京エレクトロニクス㈱入社、半導体製造部門に従事。
      1998年 ㈱ロンド・アプリウェアサービスに入社。
      これまでに組立・プロセス産業16社17工場から依頼を受ける。
      安定生産ができる職場づくりを目的に標準整備、原則整備や業務改善などを担当。
      現場作業者と一体になり行う“現場実践型”コンサルティングスタイルで現場で維持できる時代にあったものづくりを目指す姿勢に定評がある。

      会場について



      ・開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

      料金について



      ・テキスト・サブテキスト・昼食費は含まれております。
      ・本事業開催最終日の消費税率を適用させていただきます。

      プログラムについて



      ※プログラム変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

        関連リンク

        ものづくりポータルサイト
        http://jma-column.com/

          会場(東京)


          日本能率協会・研修室(東京)


          〒105-8522
          東京都港区芝公園3-1-22
          TEL: 03-3434-6271

          交通アクセス


          [地下鉄]
          日比谷線 神谷町駅 3番出口より 徒歩7分
          都営三田線 「御成門駅」 A1出口より 徒歩5分
          都営浅草線・大江戸線 「大門駅」 A6出口より 徒歩12分

          [JR線]
          浜松町駅 北口出口より 徒歩15分

            お申込み

            参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

            「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。
            適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

            参加される方のお名前を入力してください。必須

            下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

            開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
            2019/04/24 水東京
            (日本能率協会 研修室)
            現場が変わる実践新5Sセミナー
            参加料

            受付中

            54,000

            2019/10/16 水東京
            (日本能率協会 研修室)
            現場が変わる実践新5Sセミナー
            参加料

            受付中

            54,000

            終了したセミナーを表示する

            開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
            2018/04/20 金東京
            (日本能率協会 研修室)
            現場が変わる実践新5Sセミナー
            参加料
            受付終了
            2018/10/22 月東京
            (日本能率協会 研修室)
            現場が変わる実践新5Sセミナー
            参加料
            受付終了

             

            以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

            次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


            〔登録済みの参加者〕

            参加者を登録してください


            参加者を追加する >>

            海外からの参加お申込みについて

            海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

            キャンセルについて

            参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
            代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

            1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
              折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
            2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
              キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
              お振込期限までにお支払いください。
            3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
            4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
              キャンセルご連絡日キャンセル料
              開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
              開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
              開催前日および当日参加料の全額
            5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

            ※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
            ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

            メニュー

            お気に入り一覧お気に入りに追加

            ログインいただきますと、
            お気に入り機能が利用可能となります。