Industrial Engineer IE士資格認定制度  全日本能率連盟資格登録第25号

生産革新プロフェッショナル・コース(IE士養成コース)

JMA日本能率協会は1942年の創立以来、IE技術の普及・浸透を図ることを基本に据えて現在まで活動してまいりました。
本コースは、JMAのIE技術指導における長年の経験と実績を受け継ぐ伝統あるコースです。

開催概要

対象


●生産技術部門のマネジャー、リーダー
●広く、体系的にものづくりの流れを学びたい方
●社内「ものづくり」革新活動に携わる方

本コースの開催にあたって


市場は急激に変化しています。グローバル環境下での競争激化、商品のコモディティ化、国内市場縮小、環境・省エネ対応など、市場に敏感に対応したフレキシブルなものづくりの必要が高まっています。
しかしながら、日本の製造現場では量産工場の海外への分散移転、工場内従業員の非正規社員化、若手技術者の人員不足や弱体化などの過去の影響により、製造現場力は低下し、ものづくり全体を見渡した改革・改善を遂行する力が衰退しているのが実態です。
日本のものづくりが世界をリードし続けていくためには、今まで培ってきた「改革・改善技術」を活かして、経営に直結した競争力のある工場を作り上げることができる“次世代を担う人材”を継続して育成する必要があります。
本コースは、従来の管理技術の習得だけではなく、
●単なる工程改善にとどまらず、「全体」の流れを捉えて、最適な生産システム・工場を設計できる
●改革プロジェクトを具現化できる力を持ち、強いリーダーシップを発揮できる
これからの製造現場を改革できる「中核人材」の育成を目指します。
改革・改善活動と同様に、人材育成も“継続”が大きな鍵を握ります。将来を見据えた中核人材の育成に是非お役立てください。

コースの特徴

●講義では、生産・製造の知識にとどまらず、「開発・設計」、「調達」、「物流」、「マネジメント技術」についての理解も目指します。
●実践的な改善の取り組みを体感できるように、生産革新を実現するための「総合的な演習(グループ演習)」を行います。
●受講者全員に、自社で指導できる「IE基礎テクニックインストラクターマニュアル」を差し上げます。
●本コース修了者は、生産革新プロフェッショナル(IE士)として認定され、小会よりIE士認定証が授与されます。(全日本能率連盟資格登録第25号)
●本コースの講師は、生産現場で数々の成果を上げてきた経験豊富なコンサルタントが担当します。
◎演習の際、17:00~19:00までグループ自主演習があります。詳細についてはお問い合わせください。

参加特典


フォローアップ研修会:2018ものづくり総合大会(3日間)にご招待!

受講いただいた方には、ものづくり分野における日本最大級の優秀企業事例発表の場「2018ものづくり総合大会」にご招待させていただきます。毎年2月に3日間開催致します。
本コースで学んだことについて、具体的な優秀企業事例を通じて理解を深めていただきます。本コースのフォローアップ研修と位置づけ、コース終了後の受講者同士の交流を支援します。

詳細はこちら↓
http://jma-seisan.jp

●基礎テクニック習得コース オンラインセミナーを受講頂けます。
全5単位、約23時間のオンラインセミナーです。IEの基本を網羅したプログラムとなっています。
「生産革新プロフェッショナルコースを受講したいが、IEの知識がなく不安」という方も安心してご受講頂けます。是非、セミナーと合わせてご活用ください。

詳細はこちら↓
www.jma-online.com/course/course1/

テーマ1 生産改革実現のためのマネジメント技術・リーダーシップ


<第1単位>2017年9月27日(水)
【講義】 ものづくり改革のためのマネジメント技術
【演習】 STEP1 課題認識

テーマ2 生産革新を実現するための視野拡大


<第2単位>2017年9月28日(木)
【講義】 「ビジネスモデルに基づくQCD目標の設定」
     「開発・生産融合の超垂直立上げ技術
     ~オンリーワン商品の迅速な市場投入のために~」
     「マネできないものづくり戦略の考え方」

テーマ3 ものづくり強化による競争優位の実現


<第3単位>2017年10月25日(水)
【講義】 「顧客要求と経営効率を向上させる製品供給力の強化(SCM)」

<第4単位>2017年10月26日(木)
【講義】 「人と設備を対象とした生産システム改革と人材活用」

<第5単位>2017年11月13日(月)
【講義】 「構内物流改革、材料歩留まり改革のアプローチ」
【演習】 STEP2 仮説設定

テーマ4 製造現場を変革する改革・改善技術(1)


<第6単位>2017年11月14日(火)
【講義】 「IE基礎テクニック教育のポイント」

テーマ5 製造現場を変革する改革・改善技術(2)


<第7単位>2017年11月27日(月)
【講義】 「分析検証」
【演習】 STEP3 分析検証

<第8単位>2017年11月28日(火)
【講義】 「改善立案」
【演習】 STEP4 改善立案

<第9単位>2017年12月14日(木)
【演習】 STEP5 提案書作成

テーマ6 ものづくり現場力改革・改善演習の発表と認定試験


<第10単位>2017年12月15日(金)
【演習】 STEP6 改善案の提案
 ◆改善案のプレゼンテーション ◆各グループの改善案をもとに全体討議と講評

ご案内

講師


(株)日本能率協会コンサルティング コンサルタント陣

料金について


・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

定員


※参加者数が5名に満たない場合は開催を延期もしくは中止することがあります。

プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※上記日程に加えて、工場見学が別途日程で追加される予定です。
工場見学時の現地までの交通費は受講料に含まれませんので予め、ご了承下さい。

関連リンク

ものづくり総合大会
http://jma-seisan.jp/

会場(東京)

日本能率協会・研修室(東京)


〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル
日本能率協会研修室 15階・16階
TEL: 03-3434-6271


交通アクセス


東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口より 徒歩2分
東京メトロ半蔵門線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営三田線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営新宿線 神保町駅 A1出口より 徒歩7分

※会場については変更する場合があります。
その場合は別途ご案内いたします。

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)


日本能率協会法人会員企業一覧を確認する


  • 「日本能率協会法人会員参加料」は、お支払方法を「個人で振込」にした場合は適用されません。
    適用を希望される場合は必ず「会社から振込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

開催期間 会場 タイトル 参加料(税抜)
2017/09/27 水

2017/12/15 金
東京
(日本能率協会・研修室)
生産革新プロフェッショナル・コース(IE士養成コース)
参加料

受付中

610,000

終了したセミナーを表示する

開催期間 会場 タイトル 参加料(税抜)
2016/10/11 火

2016/12/13 火
東京
(日本能率協会・研修室)
生産革新プロフェッショナル・コース(IE士養成コース)
参加料
受付終了

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は②~③をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず) 無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず) 参加料の30%
    開催前日および当日 参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。