日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール
様専用ログアウト

JMAマネジメントスクール > 開発・設計・技術 > DR/DRBFM 実践研修

セミナーID:100549

問題の未然防止活動を推進させよう

DR/DRBFM 実践研修

対象:開発・設計・技術

エリア大阪

期間1日

ものづくりを始める前に問題を把握し、未然防止ができるよう、DRやDRBFMの具体的な実践手法について学んでいただきます。設計部門の改革・改善を推進したい方、フロントローディング開発を実現させたい方におすすめです。

開催概要

対 象


設計・品質管理・品質保証・生産技術部門の方

セミナーのねらい


生産管理部門、製造部門の革新は進んでいますが、QCDの根幹を決める設計部門の革新・改善がなかなか進まない、とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
特に品質の部分については、消費者ニーズの多様化や、要求品質の高まりなどにより、多くの設計起因の問題が発生しています。
これらは、設計段階で問題の予測が出来ていないことが問題なのです。
本セミナーでは、ものづくりを始める前に問題を把握し、未然防止ができるよう、DRやDRBFMの具体的な実践手法について学んでいただきます。設計部門の改革・改善を推進したい方、フロントローディング開発を実現させたい方におすすめです。

このような課題をお持ちではないですか?


■ 組立性、加工性を考慮した設計がされておらず、製造現場で組付け修正や手戻りが発生する
■ 市場不具合がどうしても再発してしまう
■ 過去に発生した問題の見える化ができていない
■ DRの場が、担当者の「つるしあげ」になっていて本来の目的を果たせていない
■ 取組みが形骸化してしまっている


受講者の声


・他の方々も同じような課題を抱えていることが分かった。あるべき姿が理解できたので、今後の業務に活かしていきたいと思う。

・今までの進め方に誤りがあったことを認識できてよかった。実践するためのポイントをわかりやすく説明され、参考になりました。DRのあり方に悩みを持つ方に受講を薦めたい。

・DR・DRBFMの実際の正しい使用イメージを持つことができた。分かりやすく興味が持ちやすい説明でした。

・「やめる基準を決める」という言葉が心に響いた。仕組作りも大切なポイントと実感した。

プログラム

項目 内容
1日
10:00~17:00

【1】設計の課題と他部門から見た設計課題

(1) どのような課題があるのか

(2) 設計課題の事例紹介

(3) バックローディングが設計に与える影響

(4) 設計に関わるノウハウは会社の財産

【2】~設計起因の品質問題抽出~

  • 演習

【3】設計開発プロセスのあるべき姿

(1) フロントローディング

(2) コンカレントエンジニアリング

(3) 設計プロセスの事例紹介

【4】設計品質向上策

(1) 「品質企画」と品質管理の目的を理解する

(2) 品質を保証する考え方の歴史の変遷

(3) 品質企画があると手戻りがなくなる

(4) 品質企画のつくり込みとは

(5) 品質企画のための7つのツール

【5】DR(Design Review)実践

(1) DRとは

(2) DRの事例紹介

(3) DRのあるべき姿

(4) DRのタイミング

(5) DRでの検討内容

  • グループワーク

(6) あるべきDRと現状のGAPを確認

【6】DRBFM(Design Review Based on Failure Mode)実践

(1) DRBFMの定義

(2) DRBFMの誕生の経緯

(3) DRBFMの構成

(4) DRBFMの適切な検討時期

(5) DRBFMの内容

【7】~DRBFMを実践しよう~

  • 演習

実際の製品を用いた演習により、うまくいくための仕組みとコツをつかんでいただけます。

ご案内

講師


中山 聡史 (株)A&Mコンサルト 取締役
大学卒業後、トヨタ自動車にてエンジン設計、開発、品質管理、環境対応業務等に従事。
ほぼ全てのエンジンシステムに関わり、海外でのエンジン走行テストなどにも同行経験がある。
2011年に㈱A&Mコンサルトに入社後は、製造業を中心にトヨタ流問題解決の考え方を展開している。
専門分野は、技術部門の業務改善、品質改善など。

会場について


開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

料金について


・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

定員


参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。

プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連リンク

【関西(大阪)地域 公開教育年間案内】
https://www.jma.or.jp/kansai/

会場(大阪)

日本能率協会・研修室(大阪)


〒530-0001
大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENTオフィスタワー19階
TEL:06-4797-2050


交通アクセス


阪神梅田駅/地下鉄四つ橋線 西梅田駅 より徒歩1分
JR大阪駅 (桜橋口) より徒歩2分
JR北新地駅 より徒歩4分
地下鉄御堂筋線 梅田駅 より徒歩5分
阪急梅田駅 より徒歩12分

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

参加者区分

  • ※日本能率協会法人会員企業一覧を確認する
  • ※「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

※団体名を入力してください。

団体名: 

参加日程

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。
(複数チェック可)

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)

開催期間

2020/02/07 金

会場

大阪
(日本能率協会 研修室)

DR/DRBFM実践研修

参加料

受付中

50,000

終了したセミナーを表示する

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)

開催期間

2019/06/19 水

会場

大阪
(日本能率協会 研修室)

DR/DRBFM実践研修

参加料

受付終了

以上の内容で申込み日程を追加する場合は、「申込み日程を追加」ボタンをクリックしてください。

〔追加済みの申込み日程〕

申込み日程を追加してください

申込み日程を追加する >>

申込み注意情報

※注意事項は必ずお読みください

すべての情報を見る

キャンセル規定及び、申込規定をご確認ください

Web申し込み以外の申し込み方法はこちらから

エクセルでのお申し込みはこちら

ファックスでのお申し込みはこちら

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず) 無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず) 参加料の30%
    開催前日および当日 参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

関西事務所  お問合せフォームはこちら  TEL : 06-4797-2050

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

※ 残席わずか/満席の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのままお申込みいただけます。
JMAマネジメントスクールお問合せフォームはこちら  TEL : 03-3434-6271

セミナーID:100549

JMA100549

DR/DRBFM 実践研修

ページトップへページトップへ