日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

JMAマネジメントスクール > 生産 > ものづくりのためのデジタル技術(IoT/AI)活用シリーズ

セミナーID:100604

「ものづくりのためのIoT活用シリーズ」を発展的に改訂

ものづくりのためのデジタル技術(IoT/AI)活用シリーズ

対象:生産

エリアオンライン:ライブ参加型

【旧名称:ものづくりのためのIoT活用シリーズ】

①デジタル技術(IoT/AI)基本習得セミナー (1日)
 ~生産現場改善の事例演習を通じてデジタル技術の基本を習得する~
②デジタル技術(IoT/AI)によるスマート工場構築セミナー
 ~全体最適なスマート工場をつくる上での必須知識を習得する~(2日間)
③ものづくりDX:データ分析/AIによる付加価値向上セミナー
 ~バリューチェーンを活かしたDX生産体制を構築する~(2日間) 

※各セミナーの個別受講も可能です。

◆Zoomを使ったオンラインセミナーです◆

各種ガイド、パンフレットと日程が異なる場合があります。お申込みの際は必ず本ページの開催日をご確認ください。

開催概要

対 象


・ 生産現場でデジタル技術(IoT/AI)導入を考えている方々
・ 生産管理部門担当者、生産技術部門担当者
・ IT/情報システム部門担当者
・ 製造部門担当者、工場運営担当者、工場長
・ 経営企画、営業部門担当者、マーケティング部門
・ サプライチェーン構築担当者、購買部門担当者
・ スマート工場構築推進者
・ DX(デジタルトランスフォーメーション)推進担当者


ものづくりのためのデジタル技術(IoT/AI)活用シリーズのポイント


本シリーズはデジタル技術(IoT/AI)を活用し、ものづくり企業の現場改善、工場の生産性向上、スマート工場の構築、ものづくりDX(デジタルトランスフォーメーション) などを実践したい方々向けのコースとなっております。各セミナーはそれぞれ独立したテーマで開講され、必要なテーマのみの受講が可能です。
以下のようなご要望をお持ちの方におすすめいたします。

□ ものづくり企業で活用可能なデジタル技術(IoT/AI)とはなにかを知りたい
□ 製造現場でのデータ収集方法を知りたい
□ 製造現場で収集したデータを活用したい
□ スマート工場を計画している
□ 工場全体の生産性向上を図りたい
□ サプライチェーンを活かした生産体制を構築したい
□ ものづくりDX(デジタルトランスフォーメーション) を推進したい
□ 自社のビジネスモデルを変革したい


オンライン受講のご案内


・ テレビ会議ツール「Zoom」で配信します。
 事前に接続テストにアクセスいただき、動作をご確認ください。
・1申込につき1名様がご受講ください。(著作権の観点から1申込で複数の方のご受講はお受けいたしません)
・ビデオオンできる環境をご用意ください。イヤホンやヘッドセット、外部スピーカーを使用しての受講をおすすめします。
・お申込み時、参加される方のメールアドレスを必ず登録してください。
・テキストは事前に配布します。

・本セミナーの講義資料および配信映像の録画、録音、撮影など複製ならびに二次利用は一切禁止です。
・Zoomにおけるリモート制御ならびにレコーディング機能はホスト側にて停止させていただきます。

※お申込みの前に必ず規約をご確認ください。お申込み完了を以て規約に同意したことといたします。
オンラインLIVEセミナー規約

プログラム

①デジタル技術(IoT/AI)基本習得セミナー ~生産現場改善の事例演習を通じてデジタル技術の基本を習得する~

生産現場での活用を前提としたデジタル技術の基本知識習得をねらいとしています。デジタル技術の基本習得を行いたい方、自社のものづくり現場で、最小の投資で設備入れ替えなどを行わずに生産現場の改善を考えている方に最適なプログラムです。演習で使用する「デジタル技術活用纏めシート」「生産現場改善テンプレート」を自社でも活用することで、生産現場改善が可能になります。

【受講対象】

 ・ ものづくりのためのデジタル技術の基本を学びたい方

 ・ 生産技術部門担当者、生産管理部門担当者、製造部門担当者の方など

 ・ 生産現場の改善を目指している方

項目 内容
1日
10:00~17:00

1.デジタル技術(IoT/AI)の
基本

・製造業におけるデジタル技術の概要

・デジタル技術の構成要素

・ビッグデータとIoTとAIの関係

・活用の4段階と3つの推進ステップ

2.生産現場のデジタル技術

・デジタル技術の俯瞰

・センサ/カメラなど

・生産管理システム

・産業用ネットワーク

・加工/組立設備の接続

・生産現場セキュリティ

・マイクロコントローラ(アルディーノ)とシングルボードコンピュータ(ラズベリーパイ)の活用方法

  • デモ

講師によるマイクロコントローラ(アルディーノ)によるセンサーデータ取得デモ

3.デジタル技術による生産現場の改善事例

・アナログ→デジタルへの段階的移行

・生産現場のみえる化

・設備の状況把握

・設備の故障予知 他

4.デジタル技術活用纏めシートの活用

デジタル技術を活用した生産現場の改善事例を整理し、自社に適用可能な状態にする

5.デジタル技術による生産現場の課題解決演習(事例演習)

  • 演習1

作業マニュアルの誤読、技能伝承、外観検査、海外工場の立ち上げ、従業員の健康管理等の課題をデジタル技術を活用して解決

6.デジタル技術による生産現場の改善テンプレートの活用

デジタル技術による生産現場の改善テンプレートを理解し、生産現場改善の推進を可能にする

7.デジタル技術による生産現場の改善推進演習(事例演習)

  • 演習2

ものづくり企業の生産現場でのデジタル技術を活用した改善推進演習:テンプレートを活用した演習

(事例企業の問題点)

・目的の不明確

・工程の実績把握ができていない

・仕掛品の所在が不明

・生産管理システムが有効活用できていない

・経営マネジメントの問題 等


②デジタル技術(IoT/AI)によるスマート工場構築セミナー

デジタル技術を活用し、リアルタイムな情報収集とその活用を行い、より効率的なマネジメントを行うスマート工場構築をねらいとしています。事例企業での分析演習を通じて、スマート工場構築のポイントを理解したうえで、自社でのスマート工場の構築を推進するための「スマート工場構築テンプレート」を活用することは、実践的なスマート工場構築の推進が可能になります。

【受講対象】

 ・ 生産技術、生産管理部門担当者

 ・ IT/情報システム部門担当者

 ・ 製造部門担当者、工場運営担当者、工場長

 ・ サプライチェーン構築担当者、購買部門担当者

 ・ スマート工場構築推進者

項目 内容
1日目
10:00~17:00

1.スマート工場の基本

・スマート工場とは何か?

・工場のあるべき姿の理解

・第四次産業革命とは

2.標準化動向(製造業関連)

・ネットワークの標準化

・生産指標の標準化

・業務の標準化/各国のデジタル化の取り組み状況

・日本での推進団体

・デジタル技術の標準化動向

3.製造業でのデジタル技術の
活用

・通信(最新通信動向:5G、LPWA他)

・VR(仮想現実)/AR(拡張現実)

・データ分析/AI(人工知能)

・RPA(Robotic Process Automation)

・IoT/AIプラットフォーム(クラウド)

・生産用ロボット 他

4.スマート工場セキュリティ

・従来のITとスマート工場のセキュリティの違い

・製造業のセキュリティ問題事例

・製造業セキュリティ

  • 演習1

自社製品のセキュリティ課題の検討

5.デジタル技術による製造業の改善事例

・デジタル技術活用纏めシートの拡張

6.製造現場の改善テンプレート

・製造現場を改善するための方法をテンプレート化(スマート工場構築のベース)

7.スマート工場推進課題
(演習)

  • 演習2

スマート工場を推進する上での課題検討

2日目
10:00~17:00

8.製造業のサプライチェーン
最適化(一気通貫生産)

・一気通貫生産による全体最適

・デジタルツイン

・マスカスタマイゼーション

9.スマート工場(スマートファクトリ)の実現

・スマート工場で実現するリアルタイム経営(マネジメント)とは?

・サプライチェーン、エンジニアリングチェーンの全体最適

10.スマート工場推進の組織体制とマネジメント

・スマート工場推進の組織体制

・スマート工場推進マネジメント

11.スマート工場推進演習
(事例演習)

  • 演習3

自動車部品工場のスマート工場化の事例を基に問題点や課題などを分析

    ・個人検討

    ・グループディスカッション

    ・グループ発表

12.スマート工場構築を実践的に推進するテンプレート

・スマート工場構築テンプレートを利用した推進事例の理解

13.スマート工場構築プロジェクト計画書

・事例企業をもとにしたスマート工場構築プロジェクト計画書の作成(体制、日程他の纏め)

14.スマート工場構築要件
定義書

・事例企業をもとにしたスマート工場構築要件定義書の作成

(工場担当者が作成すべき要件定義書の作成方法とスマート工場の要件を纏める)

15.自社でのスマート工場構築テンプレートの活用

  • 演習4

自社でのスマート工場推進検討

・講師アドバイス

*検討結果をそのまま自社に持ち帰り活用することが可能です。


③ものづくりDX:データ分析/AIによる付加価値向上セミナー

~バリューチェーンを活かしたDX生産体制を構築する~

ものづくり企業において、AI(人工知能)などを活用し、つながる社会での顧客視点の付加価値向上/ものづくりDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現することをねらいとしています。データの有効活用による従来とは異なる視点での変革および実践的なものづくりDX推進が可能になるとともに、従来の枠にとらわれない、ものづくりの変革思考が身につきます。

【受講対象】

 ・ ものづくり企業の関係者

 ・ IT/情報システム部門担当者

 ・ 製造部門担当者

 ・ 経営企画、営業部門担当者、マーケティング部門

 ・ データ分析などでの業務改善担当者

 ・ IoT/AIを活用し新しいビジネスモデル構築を考えている方々

 ・ DX(デジタルトランスフォーメーション)推進担当者

項目 内容
1日目
10:00~17:00

1.ものづくりDXとは?

・DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

・ものづくり企業の変革(つながる社会の意味)

・生産体制の変革(DX)

・ビッグデータとIoTとAIの関係

・DXにおける標準化の重要性

・デジタルシステムの在り方

・DX人材の育成

2.DXとデジタル技術

・目的と手段の連鎖

・身近なDX(エクセルによるデータ分析、RPAによる業務変革)

・データの融合と付加価値向上

・AIによるDX

3.データ分析の基本

・データサイエンティストとは

・統計手法について

・相関関係と因果関係

・エクセルによるデータ分析(相関分析/回帰分析他)

  • デモ

・講師によるエクセルを使用したデータ分析(相関分析/回帰分析)

・過学習とは?

  • 演習1

相関関係と因果関係について

4.AI( 人工知能)/機械学習によるデータ分析(機械学習で出来ること)

・機械学習の用途と手法(教師無し学習:クラスタリング、教師有り学習:回帰、クラス分類 など)

・AI (人工知能)プラットフォーム(Amazon AWS/Microsoft Azure/Google/IBM Watson)

・Pythonによるデータ分析(環境構築方法、ライブラリー利用方法他)

・ディープラーニングによる非構造データ(画像、音声、自然言語など)分析

・AI(人工知能)の品質評価

・ノーコード/ローコード開発

  • デモ

・講師によるPythonライブラリーを使用したデータ分析デモ(クラスタリング/クラス分析)

・時系列データの異常値判定デモ

・講師によるディープラーニングデモ

5.AI導入/推進におけるリスクアセスメント

  • 演習2

工場でのAI導入/推進のリスクアセスメント演習

6.DXのユーザ価値と真の付加価値向上

・データの価値

・DXのビジネス/テクノロジーレイヤ

・ユーザが求める価値/ユーザ価値の共創

・真の付加価値を生むDX設計

  • 演習3

ユーザ価値についての確認演習(自動運転の先にある社会)

2日目
10:00~17:00

7.DX(デジタルトランスフォーメーション)/バリューチェーン変革事例

・製造業のビジネスモデルの実例検討

・バリューチェーン構築(変革)方法(事例)

・5フォースの対応方法

・デジタル技術の特徴を活かしたビジネスモデル

・食品製造/制御システム開発/研究開発分野などでの事例

8.DXの価値検討(演習)

  • 演習4

サービスシステムの価値検討演習

・DXサービス事例(高齢者向けサービス)を元に、問題点を検討/議論

9.DXアイデア創出テンプレート

・事例を基にDXアイデア創出テンプレートの理解

10.DXの検討演習

製品例「情報家電」でのDXモデル構築

  • 演習5

DXシステムの創造演習

・DXシステムのブレーンストーミング(DXアイデア創出テンプレートの活用)

11.DX推進テンプレート

・事例を基にDX推進テンプレートの理解

12.自社製品/サービスのDXの実現

  • 演習6

DX(デジタルトランスフォーメーション)実現演習

・自社製品/サービスのDX/ビジネスモデルの構築(DX推進テンプレートの活用)


※プログラム内容は変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

※昼休みは12:00~13:00を予定しております。

ご案内

講師


高安 篤史
合同会社コンサランス代表 中小企業診断士

早稲田大学理工学部工業経営学科卒業後、大手電機メーカーで20年以上に渡って組込みソフト開発に携わり、プロジェクトマネージャ/ファームウェア開発部長を歴任する。DFSS(Design for Six Sigma:シックスシグマ設計)に代表される信頼性管理技術やIoTビジネスモデル構築に関するコンサルタントとしての実績及び自身の経験から「真に現場で活躍できる人材」の育成に大きなこだわりを持ち、その実践的な手法は各方面より高い評価を得ている。

【公職】
  IoT検定制度委員会メンバー (委員会主査)
【著書】
 「知識ゼロからのIoT入門」 (2019年 幻冬舎)
 「工場・製造プロセスへのIoT・AI導入と活用の仕方」 (2020年 技術情報協会)[共同執筆]
 『やさしく知りたい先端科学シリーズ9 「IoTモノのインターネット(モノ・コト・ヒトがつながる社会、
 スマートライフ、DX推進に活用中)」』 (2021年 創元社)


定員について


参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

参加者区分

  • ※日本能率協会法人会員企業一覧を確認する
  • ※「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

※団体名を入力してください。

団体名: 

参加日程

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。
(複数チェック可)

※テキスト(資料)費、 資料送付費 が含まれております。
※本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。
開催期間会場タイトル参加料

開催期間

2022/07/21 (木)

2022/07/22 (金)
オンライン
ライブ参加型
*2営業日前まで受付

ものづくりのためのデジタル技術(IoT/AI)活用シリーズ

②デジタル技術(IoT/AI)によるスマート工場構築セミナー

受付中

105,000円(税抜)
/ 115,500円(税込)

開催期間

2022/08/25 (木)

2022/08/26 (金)
オンライン
ライブ参加型
*2営業日前まで受付

ものづくりのためのデジタル技術(IoT/AI)活用シリーズ

③ものづくりDX:データ分析/AIによる付加価値向上セミナー

受付中

105,000円(税抜)
/ 115,500円(税込)

開催期間

2022/10/14 (金)
オンライン
ライブ参加型
*2営業日前まで受付

ものづくりのためのデジタル技術(IoT/AI)活用シリーズ

①デジタル技術(IoT/AI)基本習得セミナー

受付中

56,000円(税抜)
/ 61,600円(税込)

開催期間

2022/11/10 (木)

2022/11/11 (金)
オンライン
ライブ参加型
*2営業日前まで受付

ものづくりのためのデジタル技術(IoT/AI)活用シリーズ

②デジタル技術(IoT/AI)によるスマート工場構築セミナー

受付中

105,000円(税抜)
/ 115,500円(税込)

開催期間

2022/11/28 (月)

2022/11/29 (火)
オンライン
ライブ参加型
*2営業日前まで受付

ものづくりのためのデジタル技術(IoT/AI)活用シリーズ

③ものづくりDX:データ分析/AIによる付加価値向上セミナー

受付中

105,000円(税抜)
/ 115,500円(税込)

開催期間

2022/12/12 (月)
オンライン
ライブ参加型
*2営業日前まで受付

ものづくりのためのデジタル技術(IoT/AI)活用シリーズ

①デジタル技術(IoT/AI)基本習得セミナー

受付中

56,000円(税抜)
/ 61,600円(税込)

終了したセミナーを表示する

開催期間 会場 タイトル 参加料

開催期間

2022/06/21 (火)
オンライン
ライブ参加型
*2営業日前まで受付

ものづくりのためのデジタル技術(IoT/AI)活用シリーズ

①デジタル技術(IoT/AI)基本習得セミナー

受付終了

以上の内容で申込み日程を追加する場合は、「申込み日程を追加」ボタンをクリックしてください。

〔追加済みの申込み日程〕

申込み日程を追加してください

申込み日程を追加する >>

申込み注意情報

※注意事項は必ずお読みください

すべての情報を見る

キャンセル規定及び、申込規定をご確認ください

Web申し込み以外の申し込み方法はこちらから

エクセルでのお申し込みは こちら

ファックスでのお申し込みは こちら

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、 お問い合わせフォーム または、FAX(03-3434-5505)からご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は破棄をお願いします。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。

    [キャンセル料・日程変更手数料]

    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    (会場参加・オンライン参加)
    日程変更手数料
    (年度内一回限り)
    (会場参加・オンライン参加)
    開催15日前〜開催8日前
    (開催当日を含まず)
    参加料の10% 無料
    開催7日前~前々日
    (開催当日を含まず)
    参加料の30% 合宿:11,000円(税込)
    通い/オンライン:5,500円(税込)
    開催前日および当日 参加料の全額 合宿:宿泊費全額
    通い/オンライン:7,700円(税込)
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

産業振興センター  お問合せフォームはこちら  TEL : 03-3434-1410

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

※ 残席わずか/満席の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのままお申込みいただけます。
JMAマネジメントスクールお問合せフォームは こちら   TEL : 03-3434-6271

セミナーID:100604

JMA100604

ものづくりのためのデジタル技術(IoT/AI)活用シリーズ

ページトップへページトップへ