日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

JMAマネジメントスクール > 開発・設計・技術 > 実験の考え方と記録・実験ノートの取り方

セミナーID:100671

確実に成果をうむ

実験の考え方と記録・実験ノートの取り方

対象:開発・設計・技術

エリア大阪オンライン:ライブ参加型

期間1日

研究開発においては、適切な実験方法の検討はもちろん、適切なデータ解析や、知財化・権利化が必須であり、そのためには「記録」が重要です。
特に実験ノートに代表される記録に重点を置いて詳細に解説するプログラムです。

2020年度はオンラインで配信いたします。
JMA関西研修室(サテライト)での受講を選択いただくこともできます。

各種ガイド、パンフレットと日程が異なる場合があります。お申込みの際は必ず本ページの開催日をご確認ください。

開催概要

対象


・ 研究・開発部門の実務担当者
・ 若手研究者に指導する管理者・リーダーの方


セミナーのねらい


 研究開発においては、適切な実験方法の検討はもちろん、適切なデータ解析や、知財化・権利化が必須であり、そのためには「記録」が重要であることは言うまでもありません。
 近年は機器類の発達で実験データを容易に得ることができる反面、無計画に実験を行って、日々増えていくデータに溺れてしまっている状況が生まれています。
 研究者は目的に合わせて実験を計画し、データを取得・解析し、それらを記録し、まとめることを正しく行わなければなりません。しかし、多くの開発現場では実験実務に関する教育はほとんど行われていないのが実態です。
 自己流の方法に頼り、人員/部署間でのレベルのバラつき、共有性の欠如といった問題がおき、最悪の場合、権利化におけるevidenceとなりえないことも想定されます。
 そこで、この状況を打開し、確実に結果を成果へと昇華させ、より効率的な開発を実現するために必要な知識を、特に実験ノートに代表される記録に重点を置いて詳細に解説します。


参加者の声(2020年8月)


・実験ノートに残しておかないといけないことがぼんやりとしかわかっていませんでしたが、セミナーを受講しはっきりした。
・開発プロセスの認識と、実験する上での心構え等最近はあまり意識していなかったことがとても大切なんだと感じた。
・具体的に、実験ノートに何を書けば良いのか、自分自身の修正点を確認することが出来ました。現状、個人所有のノートになってしまっているため、組織として改善していく必要性を感じました。
・実験ノートに記載するべき内容やノートとしての在り方として、これまで意識していなかったことを知ることができ大変勉強になった。
 誰が見ても実験の目的や、検証内容が理解できるようにノートを残さなくてはならないことがわかりやすく説明されており、まずは取り組んでいきたい。
・今まで実験ノートに何を書けばよいか把握できていなかったが、それがはっきりした。
・仮説や気づきメモ、考察など自分が今まで書いていなかったことを記入する大切さについて学べたため良かった。
 基本の書き方について詳しく理解できたため、今後の業務を効率的に行えそうだと感じた。
・実験ノートの取り方のまえに、取ることの大切さ、研究者としての在りかたを学ばせていただけたことがとてもありがたかったです。

▽オンライン受講の感想
・オンラインセミナーは初めてだったが面倒な作業等もなく簡単でよかった。適度に休憩をとっていただいたり、演習を挟んだりと
 集中力が切れないような配慮がなされていた。
・1日の受講に不安があったが、楽しく学べた。質問しやすいように随所で問いかけをしてくれていた。他の参加者の顔を確認できたので、孤独な感じは
 ありませんでした。また他のテーマで受講したい。
・講師がオンライン講義になれているようで、聞き取りやすくちょうどよいスピードで明確に話していたため、ストレスがなかった。



本セミナーで修得できること


□ 実験の考え方
□ 実験計画の立て方
□ 実験ノートの書き方
□ 記録の使い方
□ 情報整理


オンライン受講を選択した方の受講方法


・Zoomを使用して配信します。初めてZoomを利用される場合は事前にサイトにアクセスいただきご準備ください。インストールは無料です。
・テキストは事前に郵送します。1申込につき1名様がご受講ください。
(著作権の観点から1申込で複数の方のご受講はお受けいたしません)
・ビデオオンできる環境をご用意ください。
・イヤホン・ヘッドセットでのご受講を推奨します。

・ご自宅や会社でオンライン受講する環境にない方は、関西事務所内でオンライン受講いただくことが可能です。
 講師はその場におりませんのでご確認のうえ、お申込みください。

プログラム

開始時刻を10:00から10:30に変更しました。プログラム内容に変更はありません。
項目 内容
1日
10:30~16:30

1. イントロダクション

・実験と開発

・結果を成果へ

・魔の川・死の谷・ダーウィンの海

2. 実験計画の考え方

・計画の考え方

・シナリオメイク(仮説構築)

・実験条件の考え方

・リソースマネジメント

3. 実験の基本と心得と実験ノート

・実験の基本プロセス

・実験を始める前のポイント

・実験中の心構え

・実験終了後

・実験が上手くいかない時

・実験の絶対的タブー

・良くあるパターン

4. 実験ノート

・Evidence

・実験ノートの意義

・書き方のルール

・定性的情報、状態情報の記録

・データ・情報の整理、保存

・実験ノート・記録の使い方

・付箋の使用

・機器出力シート

・写真の活用

・実験テーブルの作成

・書籍のような実験ノート?

・ちょっとしたコツ

・偉人の実験ノート

・記録、証拠としての保全

・絵コンテノート

・表紙とインデックス

・最初の2ページ

・実験ノート ⇒ 研究ノート

・ページの使い方(改ページ)

・ノートの選択、サイズ

・実験ノート以外の記録

・チェック

5. データ解析

・計画と考察のための考え方

・目的志向

・アウトプット志向

・思考のポイント

・メタフィールド思考

・逆説的思考

・イメージ化

・失敗からのリカバリー

・認知バイアスの罠

・目利き力

・ヒラメキの種

・イノベーションを生む発想と行動

6. 研究開発のための思考

・コミュニケーションとは

・技術者の報連相

・ミーティング

・ノートを元に

・思考の道具

・コミュニケーションと情報発信

7. 仮説思考による研究開発と問題解決

・仮説が必要な理由

・課題解決・研究開発とは

・実験の本当の意味

・仮説の検証と実験

・仮説の精度を決めるもの

・結論の条件

・仮説モデルの構築

・仮説 → 課題設定 → 計画

・2種類の事実

・ノートで区別

8. まとめ(研究者の心得)

・探究心と追求心

・技術力のポテンシャル要素

・4つの基本力

・2種類の感

・研究者の成功要素

・知識と知恵

・実験の神髄

・研究開発フロー


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

ご案内

講師


奥村 治樹
ジャパン・リサーチ・ラボ 代表

東レ、パナソニック等にて材料開発や開発マネジメントに従事。その後、化学系ベンチャー企業などを経て現在は、ジャパン・リサーチ・ラボ代表として技術コンサルティング、人材育成を行う傍ら、大学での講義や中小企業の育成事業等に携わっている。博士(工学)

定員について


参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。

会場(大阪)

日本能率協会・研修室(大阪)


〒530-0001
大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENTオフィスタワー19階
TEL:06-4797-2050


交通アクセス


阪神大阪梅田駅/地下鉄四つ橋線 西梅田駅 より徒歩1分
JR大阪駅 (桜橋口) より徒歩2分
JR北新地駅 より徒歩4分
地下鉄御堂筋線 梅田駅 より徒歩5分
阪急大阪梅田駅 より徒歩12分

※開催会場は変更する場合があります。
 その場合は別途ご案内いたします。

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

参加者区分

  • ※日本能率協会法人会員企業一覧を確認する
  • ※「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

※団体名を入力してください。

団体名: 

参加日程

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。
(複数チェック可)

・参加料にはテキスト・昼食費が含まれております。(昼食は通学参加の方のみご提供)
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。
開催期間会場タイトル参加料(税抜き)

開催期間

2021/02/02 火
大阪
(日本能率協会 研修室)
オンライン研修
ライブ参加型
会場参加(サテライト)

実験の考え方と記録・実験ノートの取り方

参加料

受付中

53,000

オンライン

実験の考え方と記録・実験ノートの取り方

参加料

受付中

53,000

終了したセミナーを表示する

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)

開催期間

2020/05/18 月

会場

大阪
(日本能率協会 研修室)

実験の考え方と記録・実験ノートの取り方

参加料

開催中止

開催期間

2020/08/03 月
大阪
(日本能率協会 研修室)
オンライン研修
ライブ参加型
追加開催 会場参加

実験の考え方と記録・実験ノートの取り方

参加料

受付終了
追加開催 オンライン

実験の考え方と記録・実験ノートの取り方

参加料

受付終了

以上の内容で申込み日程を追加する場合は、「申込み日程を追加」ボタンをクリックしてください。

〔追加済みの申込み日程〕

申込み日程を追加してください

申込み日程を追加する >>

申込み注意情報

※注意事項は必ずお読みください

すべての情報を見る

キャンセル規定及び、申込規定をご確認ください

Web申し込み以外の申し込み方法はこちらから

エクセルでのお申し込みは こちら

ファックスでのお申し込みは こちら

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、 お問い合わせフォーム または、FAX(03-3434-5505)からご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は破棄をお願いします。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず) 無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず) 参加料の30%
    開催前日および当日 参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

関西事務所  お問合せフォームはこちら  TEL : 06-4797-2050

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

※ 残席わずか/満席の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのままお申込みいただけます。
JMAマネジメントスクールお問合せフォームは こちら   TEL : 03-3434-6271

セミナーID:100671

JMA100671

実験の考え方と記録・実験ノートの取り方

ページトップへページトップへ