日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

JMAマネジメントスクール > 生産 > QC実践セミナー

セミナーID:100679

改善ツールを、知っているから、使いこなすへ!!

QC実践セミナー

対象:生産

エリア大阪オンライン:ライブ参加型

期間1日

①製造業・製造現場向け
➁管理・間接・スタッフ部門向け

各種ガイド、パンフレットと日程が異なる場合があります。お申込みの際は必ず本ページの開催日をご確認ください。

開催概要

QCストーリーと7つ道具を使いこなす!

参加対象


・管理監督者、改善リーダーの方、改善活動にQCツールを役立てたいとお考えの方

ねらい


多くの職場で導入・活用されているQCツールですが、『つじつま合わせの後付け資料になっている』『改善活動にあまり役立てられていない』『グラフや表を作っているだけ』というケースがよく見受けられます。改善を活性化させるには、まず場づくりがきちんとできていることが前提です。そのうえでQCストーリーの流れから7つ道具を目的に合わせて使い、PDCAをしっかりと回していくことが大切です。本セミナーでは、後付けの資料にならずに、日々の業務に役立つものにできるQC7つ道具の使い方を事例研究や演習を通じて習得していただけます。

QC実践セミナーは、①製造現場向け ②スタッフ向け の2種のプログラムをご用意しています。事例紹介や演習内容が異なりますので、より改善のイメージが湧きやすくなりました。ご自身の立場・目的にあった会期を選択ください。


参加者の声


・仕事の数え方のポイントが作業者によく理解できる内容となっていて、人に教える時にぜひでも活用していきたい。
・ディスカッションしながらの演習が、人それぞれの個性が出て面白かったです。非常にわかりやすい流れでセミナーが進行していったのでよかったです。
・QC7つ道具の使い方や使い所など、今までは聞いて覚えることしかしていなかったが、演習を取り入れられていたので体感することで更に深く知ることができた。
・グラフを作成しムダを見つけて改善すること、PDCAサイクルで何回も改善して標準化させることなど一般的な方法論を自社に落としこめてとても良かった。丁寧にご指導いただけました。
・データをまとめるグラフ図が種類毎にどう活用すればよいかわかった。講師の説明が聞きやすかったです。

オンライン受講のご案内


・ テレビ会議ツール「Zoom」で配信します。
 事前に接続テストにアクセスいただき、動作をご確認ください。
・1申込につき1名様がご受講ください。(著作権の観点から1申込で複数の方のご受講はお受けいたしません)
・ビデオオンできる環境をご用意ください。イヤホンやヘッドセット、外部スピーカーを使用しての受講をおすすめします。
・お申込み時、参加される方のメールアドレスを必ず登録してください。
・テキストは事前に配布します。

・本セミナーの講義資料および配信映像の録画、録音、撮影など複製ならびに二次利用は一切禁止です。
・Zoomにおけるリモート制御ならびにレコーディング機能はホスト側にて停止させていただきます。

※お申込みの前に必ず規約をご確認ください。お申込み完了を以て規約に同意したことといたします。
オンラインLIVEセミナー規約

プログラム

①製造業・製造現場向け

項目 内容
1日
10:00~17:00

1. QC的問題解決アプローチとは

・ QCを正しく理解し、問題解決ストーリーを体得する

・ よくある改善に結びつかないQC手法の使われ方

・ 機能的アプローチと演繹的アプローチ

・ 歯止め、基準化で後戻りさせない、誰でもできる化

ゲーム演習  グループワークで改善ストーリーのPDCAサイクルを回す

2. 統計データの基本/層別

・ 何のためにどんなデータをとるのか?統計データ取り方の基本

・ 収集したデータを整理し、層別するには

3. QC7つ道具を理解し、使いこなす

(1) チェックシートで“悪さ”をチェックし、積極的にムダをみつける

演習  動的チェックシートの使い方(ワークサンプリング演習)

(2) 発表用資料になりがちな特性要因図。モグラたたき、形式的対応、タコつぼ化などをなくす

事例研究  グループワークで特性要因図作成演習

(3) 散布図の縦軸(x軸)と横軸(y軸)がきっちり決まると関連性がよくみえる「暑くなるとビールは売れるのか?」という関係性

事例研究  散布図作成演習

(4) グラフは日々管理にこそおすすめ。日々管理で作業者の意識づけができる

事例研究  グラフ自体はエクセルで簡単に作成できるが、どの場面でどのグラフを使うと分かりやすいかが大切

(5) パレート図をつくること「どこに着目するか」がわかる、層別した中から重要視する項目を抽出するパレート図の使い方

事例研究  パレート図作成演習

(6) ヒストグラムでは、バラツキの大きさで改善の方向性を決める、バラツキの幅から正規分布を見る

事例研究  ヒストグラム作成演習

(7) 分析を精緻なものにする管理図Xbar-R管理図のつくり方

事例研究  C管理図作成演習

4. QCストーリー作成を助ける論理的思考法

・前提・仮説・検証のフレームワーク

・Whatツリー、Whyツリー、Howツリー

5. まとめ


※プログラム内容は、変更される場合があります。
また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

※昼休みは12:00~13:00を予定しております。



②管理・間接・スタッフ部門向け

項目 内容
1日
10:00~17:00

1.QC的問題解決アプローチとは

・QCを正しく理解し、問題解決ストーリーを体得する

・管理・間接部門、スタッフ部門での改善の進め方

・歯止め、標準化で後戻りさせない、誰でもできる化

2.製造業と異なる管理・間接部門、スタッフ部門での取り組み方

・数値データではなく言語データを収集する

・定量的分析ではなく定性的に分析する

3.管理・間接部門、スタッフ部門で使えるQC7つ道具、新QC7つ道具を理解する

(1) 演習 チェックシートで“悪さ”をチェックし、積極的にムダをみつける

(2) 演習 グラフは日々管理にこそおすすめ。日々管理で作業者の意識づけができる

(3) 演習 層別した中から重要視する項目を抽出するパレート図の使い方

(4) 演習 カードを用いて意見を発散・集約する親和図法

(5) 演習 発表用資料になりがちな特性要因図。モグラたたき、形式的対応、タコつぼ化などをなくす

(6) 演習 連関図法で相互作用的要因を追究する

(7) 演習 なぜなぜ分析で原因を追究する

(8) 演習 マトリックス図法で要素間の関連性を見つける

(9) 演習 系統図法でヌケ・モレを予防する

(10) 演習 アロー・ダイヤグラムで重点管理対象作業を明確化する

(11) 演習 PDPC法で阻害要因への対処を検討する

4.QCストーリー作成を助ける論理的思考法

・前提・仮説・検証のフレームワーク

・Whatツリー、Whyツリー、Howツリー

5.まとめ


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

ご案内

講師


石川 秀人
コンサルソーシング株式会社
エグゼクティブ・コンサルタント

一部上場大手メーカー勤務後、(社)日本能率協会、(社)中部産業連盟、トーマツコンサルティング(株)などを経て、2005年にトヨタグループOBらと現コンサルティングファームを設立し、現在に至る。
TPSベースの現場改善、5Sなどのテーマで国内外のコンサルティング、および、後援会・セミナー等で活躍中。
【著 書】
「最新トヨタ式の基本と実践がよ~くわかる本」、「最新5Sの基本と実践がよ~くわかる本」、
「製造現場の見える化の基本と実践がよ~くわかる本」(以上 秀和システム)等。

定員について


参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。

会場(大阪)

日本能率協会・研修室(大阪)


〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-8-17 大阪第一生命ビルディング6階
TEL:06-4797-2050


交通アクセス


JR大阪駅より徒歩2分
地下鉄御堂筋線 梅田駅より徒歩3分
阪神大阪梅田駅より徒歩1分
阪急大阪梅田駅より徒歩8分

※開催会場は変更する場合があります。
 その場合は別途ご案内いたします。

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

参加者区分

  • ※日本能率協会法人会員企業一覧を確認する
  • ※「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

※団体名を入力してください。

団体名: 

参加日程

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。
(複数チェック可)

・参加料にはテキスト(資料)費が含まれております。
・昼食の提供はございません。(各自でご用意ください)
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。
  • 大阪開催
  • オンライン
開催期間会場タイトル参加料

開催期間

2022/10/04 (火)

会場

大阪
(日本能率協会 研修室)
*2営業日前まで受付
QC実践セミナー
<製造業・製造現場向け>
参加料

受付中

50,000円(税抜)
/ 55,000円(税込)

開催期間

2022/11/10 (木)
オンライン
ライブ参加型
*4営業日前まで受付

QC実践セミナー
<製造業・製造現場向け>
参加料

受付中

50,000円(税抜)
/ 55,000円(税込)

開催期間

2023/01/19 (木)
オンライン
ライブ参加型
*4営業日前まで受付

QC実践セミナー
<管理・間接・スタッフ部門向け>
参加料

受付中

50,000円(税抜)
/ 55,000円(税込)

開催期間

2023/02/08 (水)
オンライン
ライブ参加型
*4営業日前まで受付

QC実践セミナー
<製造業・製造現場向け>
参加料

受付中

50,000円(税抜)
/ 55,000円(税込)

終了したセミナーを表示する

開催期間 会場 タイトル 参加料

開催期間

2022/06/02 (木)
オンライン
ライブ参加型
*4営業日前まで受付

QC実践セミナー
<管理・間接・スタッフ部門向け>
参加料
受付終了

開催期間

2022/06/08 (水)
オンライン
ライブ参加型
*4営業日前まで受付

QC実践セミナー
<製造業・製造現場向け>
参加料
受付終了

以上の内容で申込み日程を追加する場合は、「申込み日程を追加」ボタンをクリックしてください。

〔追加済みの申込み日程〕

申込み日程を追加してください

申込み日程を追加する >>

申込み注意情報

※注意事項は必ずお読みください

すべての情報を見る

キャンセル規定及び、申込規定をご確認ください

Web申し込み以外の申し込み方法はこちらから

エクセルでのお申し込みは こちら

ファックスでのお申し込みは こちら

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、 お問い合わせフォーム または、FAX(03-3434-5505)からご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は破棄をお願いします。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。

    [キャンセル料・日程変更手数料]

    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    (会場参加・オンライン参加)
    日程変更手数料
    (年度内一回限り)
    (会場参加・オンライン参加)
    開催15日前〜開催8日前
    (開催当日を含まず)
    参加料の10% 無料
    開催7日前~前々日
    (開催当日を含まず)
    参加料の30% 合宿:11,000円(税込)
    通い/オンライン:5,500円(税込)
    開催前日および当日 参加料の全額 合宿:宿泊費全額
    通い/オンライン:7,700円(税込)
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

関西事務所  お問合せフォームはこちら  TEL : 06-4797-2050

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

※ 残席わずか/満席の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのままお申込みいただけます。
JMAマネジメントスクールお問合せフォームは こちら   TEL : 03-3434-6271

セミナーID:100679

JMA100679

QC実践セミナー

ページトップへページトップへ