【新規開催!】IEの基礎要素を実践的に学ぶ

現場のムダを見える化する分析手法習得セミナー

開催概要

対象


・製造部門スタッフ    
・生産技術部門スタッフ
・工場管理部門スタッフ  
・改善の進め方に関して学びたい方


本セミナーのねらい


 改善による成果を大きくするためには、生産現場でどのようなムダが発生していて、どの程度の大きさなのかを把握することが重要です。
 このため、改善に関わる人にとって「ムダを見つける目」と「ムダを定量的に把握するための技術」を身に着けることが必須といえます。
 IE(Industrial Engineering)は、生産現場におけるムダを見いだし、定量化するとともに生産性を高めるための技術です。
 本セミナーでは、IEの基礎要素をビデオ演習などを通じて実践的に学び、現場の生産性向上のために重要なスキルを習得できる内容となっています。

    プログラム


    1日目 10:00~17:00



    1 現場に潜むムダの見える化の意義
     ① 現場に潜むムダの種類
     ② IEとは
     ③ IEによるムダの見える化と改善のアプローチ
     ④ IEスキルを身に着けることの意義

    2 現場のムダを見つける目と定量化/改善の基本
     ① 改善マインドとモーションマインド
     ② ワークユニット(作業を扱いやすい単位に区分する)
     ③ タイムスタディー
     【ビデオ演習】 作業を扱いやすい単位に区分する
     【ビデオ演習】 作業を時間でとらえる
     ④ 改善アイデアの出し方と改善のまとめ方
     【ビデオ演習】 改善策をまとめてみる

    3 ライン作業に潜むムダの見える化と改善
     ① ライン作業とライン作業に潜むムダ
     ② ピッチダイヤグラムによるムダの見える化
      ・ピッチダイヤグラムとは
      ・ピッチダイヤグラムの作成手順
     【演 習】 TCT(ターゲットサイクルタイム)の計算
     【演 習】 ピッチダイヤグラムを作成する


    2日目 10:00~17:00


    4 連合作業に潜むムダの見える化と改善
     ① 連合作業と連合作業に潜むムダ
     ② 連合作業分析(M-Mチャート)によるムダの見える化
      ・連合作業分析とは
      ・連合作業分析の作成手順
     【演 習】 M-Mチャートを作成する
     【ビデオ演習】 M-Mチャートを作成する
     【ビデオ演習】 連合作業のムダをなくす改善策を検討する
     ③ M-Mチャートの段取改善への適用

    5 モノ・ヒトの移動によるムダの見える化と改善
     ① モノの移動によるムダの発生
     ② 経路分析によるモノの移動経路の見える化
     【演 習】 経路分析をする
     ③ ヒトの移動によるムダと改善
     【演 習】 フローダイヤグラムを作成する
     【演 習】 レイアウトを改善する

      ご案内

      講師


      峯村 隆久
      株式会社セフィーロ 代表取締役社長 人・組織GIコンサルタント

      三菱重工業、日本能率協会コンサルティングを経て、2013年に株式会社セフィーロを設立。改善技術の適用とマネジメントの強化、組織・人財面での改革により、生産性向上、コストダウン、品質向上といったテーマのコンサルティング・研修を行っている。近年では、企業競争力強化をねらいとした組織マネジメントの研修、コンサルティングに力を入れ、数多くの企業で支援をしている。

      【主な論文】 ・「働きがい/自律的組織/企業競争力をつなげる理論」(産業・組織心理学会 2013年)
      ・「企業での自律的人財づくりから導き出した新たな欲求理論」(産業・組織心理学会 2015年)


      会場について


      開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。


      料金について


      ・上記金額にはテキスト・昼食費は含まれております。
      ・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。


      定員


      20名(10名に満たない場合は、中止または延期することがあります)
      ※参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。


      プログラムについて


      ※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

        会場(東京)

        三田NNビル


        〒105-0014
        東京都港区芝4丁目1?23 三田NNビル地下1階 
        TEL 03-5443-3233 FAX 03-5443-3235

        交通アクセス


        交通のご案内
        JR田町駅 徒歩5分
        都営三田線 三田駅直結(A9出口)
        都営浅草線 三田駅 徒歩3分

          お申込み

          参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

          「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。
          適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

          参加される方のお名前を入力してください。必須

          下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

          開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
          2019/08/07 水

          2019/08/08 木
          東京
          (日本能率協会 研修室)
          現場のムダを見える化する分析手法習得セミナー
          参加料

          受付中

          115,000

          2020/03/16 月

          2020/03/17 火
          東京
          (日本能率協会 研修室)
          現場のムダを見える化する分析手法習得セミナー
          参加料

          受付中

          115,000

          終了したセミナーを表示する

          開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
          2018/10/24 水

          2018/10/25 木
          東京
          (三田NNビル 地下1階・研修室)
          現場のムダを見える化する分析手法習得セミナー
          参加料
          受付終了

           

          以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

          次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


          〔登録済みの参加者〕

          参加者を登録してください


          参加者を追加する >>

          海外からの参加お申込みについて

          海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

          キャンセルについて

          参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
          代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

          1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
            折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
          2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
            キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
            お振込期限までにお支払いください。
          3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
          4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
            キャンセルご連絡日キャンセル料
            開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
            開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
            開催前日および当日参加料の全額
          5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

          ※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
          ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

          メニュー

          お気に入り一覧お気に入りに追加

          ログインいただきますと、
          お気に入り機能が利用可能となります。