JMAマネジメントスクール > 生産 > 製品価値の向上とコストダウン実現セミナー

セミナーID:150811

成果(コスト削減)とアイデアで連携する

製品価値の向上とコストダウン実現セミナー

対象:生産

エリア東京

期間2日間

製品価値は機能とコストのバランスで決まる!

開催概要

対象


・上流プロセス段階からのコストダウン実現を目指す、 開発設計・開発購買・生産技術部門のマネジャーおよびスタッフの方
・コスト改革・原価企画の躍進に携わる方 
・事業戦略立案をされている方 など


本セミナーのポイント


開発・設計者は顧客ニーズにあった高品質でコストの安い最適な製品を常に求められています。本セミナーではこれらを最適な製品を効率的に進めていくためのコンセプトを「VE改善ソフト」を使用しながら具体的に解説していきます。
最適な製品を開発するためには製品の目的機能を明確にし、それにかける最適な原価である理想原価(目標原価)を求め、コストダウン余地(コストダウンの可能性金額)から原価の特徴を捉えたコストダウンの手段を考えることが必要です。また、製品価値を損ねないように製品機能とコストのバランスを追求するVEの考え方を応用していきます。この中でとくに画期的なアイデアをシステマチックに発想するTRIZの使い方も合わせて、実際のコストダウンの現場で使用している「VE改善ソフト」を活用しながら、解説していきます。
最後に、製品機能において、ウエイトが高くなってきた感性機能(意匠機能・魅力機能)へのコストのかけ方、VE・TRIZのコストダウン事例を紹介いたします。


セミナーで習得できること


・事前にコストダウン余地(コストダウンの可能性金額)を予想するアプローチ
・製品原価の理想原価(あるべき原価)の設定方法
・製品の価値を機能とコストのバランスで考えるVE手法
・1製品に1,000のアイデアを出す実践的な6つのステップの考え方
・システマチックアイデアを発想する実践的なTRIZの使い方
・ウエイトが高くなってきた感性機能へのコストのかけ方


参加者特典


演習で使用する、簡易版「V E 改善ソフト」をお持ち帰りいただきます。

プログラム

項目 内容
1日目
10:00~17:00

1.原価の基礎を学ぶ
―コストダウンに欠かせない原価の知識―

(1) 会社のお金の動きと利益

(2) 材料費、労務費、経費とは何か

(3) 材料費の計算のやり方

(4) 加工費の計算のやり方

2.コストダウンのねらい所と改善余地の考え方
―事前にあるべき原価を想定する必要性―

(1) まずは製品別・事業別原価データを収集する

(2) 設計が改善すべき対象製品の選定方法

(3) 製品の材料費のコストダウン余地を分析する

(4) 製品の加工費のコストダウン余地を分析する

3.製品の最適構造を追求するVEとは
―目的機能にかける最適コストの追求―

(1) VE(価値工学)とは何か

(2) 目的機能追求と機能定義の目的

(3) 機能とコストのバランスを機能評価でみる

(4) 各機能の改善の方向性を決定する

  • ソフトを使ったグループ演習1

製品の機能評価追求

2日目
10:00~17:00

4.アイデア発想のポイントと実践のステップ
―1つの製品にアイデアを1000件出す方法―

(1) アイデア発想の目的とポイント

(2) アイデア発想の実践的な6つのステップ

(3) 使えるアイデアに育てるには

5.世界の発明原理TRIZ(トゥリーズ)を使ったコストダウン
―アイデアを効率的にシステマチックに出すツール―

(1) TRIZとは何か

(2) 創始者アルトシューラーの発見とTRIZの特徴

(3) 技術的矛盾を解消する対立マトリックスの使い方

(4) 対立マトリックスを実務で使いこなす

(5) アイデア発想に6000ある世の中の科学的原理・法則を活用する

  • ソフトを使ったグループ演習2

画期的なアイデアの発想

6.感性VEの考え方とコストダウン事例紹介
―感性機能へのコストのかけ方とコストダウンの実践―

(1) 感性機能と評価の考え方

(2) 感性機能を織り込んだ感性VEの考え方

(3) VE・TRIZを活用したコストダウン事例紹介

(4) コストダウンの実践にあたり

ご案内

講師


大塚 泰雄
JMA専任講師 ㈱MEマネジメントサービス 常務取締役

標準原価管理システムの立案・構築・実施、TRIZを活用したコストダウン教育、開発設計段階のVE改善、部品の標準化と開発費の低減、工場レイアウト・現場の作業改善(IE)を通じて総合的コストダウンを展開し、企業の実績を改革するコンサルティング業務が活動の中心である。その他、公開セミナー、社内教育などの活動も行う。

【著書】
『技術者のための原価企画』『理想原価への挑戦』『実践原価企画』
『よくわかる金型の原価管理とコストダウン』『見える化でわかるムダつぶしコストダウン』他多数


会場について


開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。


料金について


・参加料にはテキスト・昼食費は含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。


定員について


参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。


プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連リンク

ものづくりポータルサイト

会場(東京)

日本能率協会・研修室(東京)


〒105-8522
東京都港区芝公園3-1-22
TEL: 03-3434-6271

交通アクセス


[地下鉄]
日比谷線 神谷町駅 3番出口より 徒歩7分
都営三田線 「御成門駅」 A1出口より 徒歩5分
都営浅草線・大江戸線 「大門駅」 A6出口より 徒歩12分
[JR線]
浜松町駅 北口出口より 徒歩15分

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

参加者区分

  • ※日本能率協会法人会員企業一覧を確認する
  • ※「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

※団体名を入力してください。

団体名: 

参加日程

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。
(複数チェック可)

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)

開催期間

2020/03/18 水

2020/03/19 木

会場

東京
(日本能率協会 研修室)

製品価値の向上とコストダウン実現セミナー

参加料

受付中

105,000

終了したセミナーを表示する

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)

開催期間

2019/03/12 火

2019/03/13 水

会場

東京
(日本能率協会 研修室)

製品価値の向上とコストダウン実現セミナー

参加料

開催中止

以上の内容で申込み日程を追加する場合は、「申込み日程を追加」ボタンをクリックしてください。

〔追加済みの申込み日程〕

申込み日程を追加してください

申込み日程を追加する >>

申込み注意情報

※注意事項は必ずお読みください

すべての情報を見る

キャンセル規定及び、申込規定をご確認ください

Web申し込み以外の申し込み方法はこちらから

エクセルでのお申し込みはこちら

ファックスでのお申し込みはこちら

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず) 無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず) 参加料の30%
    開催前日および当日 参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

産業振興センター  お問合せフォームはこちら  TEL : 03-3434-1410

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

※ 残席わずか/満席の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのままお申込みいただけます。
JMAマネジメントスクールお問合せフォームはこちら  TEL : 03-3434-6271

セミナーID:150811

JMA150811

製品価値の向上とコストダウン実現セミナー

ページトップへページトップへ