日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

JMAマネジメントスクール > ビジネススキルアップ > 自部門で実践するDX入門セミナー

JMAマネジメントスクール > 組織開発 > 自部門で実践するDX入門セミナー

JMAマネジメントスクール > 事業戦略・新事業開発 > 自部門で実践するDX入門セミナー

セミナーID:151651

全社員がDX推進に取り組むための

自部門で実践するDX入門セミナー

対象:ビジネススキルアップ組織開発事業戦略・新事業開発DX

エリアオンライン:ライブ参加型

期間1日

コロナ禍で大きく変化した時代に取り残されないために

◆Zoomを使ったオンラインセミナーです◆

各種ガイド、パンフレットと日程が異なる場合があります。お申込みの際は必ず本ページの開催日をご確認ください。

開催概要

参加対象


・管理職・リーダーの方
・各部門のDX担当、業務改善担当の方
・全社のDX推進担当者


ねらい


 コロナ禍で世界の国々に比べて日本社会のデジタル化の遅れが顕著になり、日本政府もデジタル庁を発足させ、社会のデジタル化をより進めようとしています。そのような中、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が企業の喫緊の課題にもなっています。しかし、DXという言葉だけが先行し、実際にどのように自社でDX推進すればよいのかわからないというのが実情ではないでしょうか。
 本セミナーでは、既存のアナログ業務を単純にデジタル化するだけではなく、最新のデジタル技術を用いて、会社そのものを変革し、これからの時代に生き残り、成長していくための真のDXとは何か。そして、真のDXをどのように推進していけばよいのかをワークを通して学びます。
 また、最新のデジタル技術やその活用例に触れることで、自社・自部門にどのように活用すればよいのかのヒントを得ることができます。


参加者の声


・デジタル技術について代表的なところを確認できたことがよかった。「できるといいな」と感じていることは、大抵のことができることを理解できた。
・他社事例など、いくつもご紹介いただき、理解しやすかったです
・DXに取り組んでいくための取っ掛かりとして、どんな風に進めていくのが良いかについて大枠を学ぶことができた。
・突然任命されたDX推進担当者として、デジタル技術を駆使して業務に役立てていくのだろうというなんとなくのイメージのまま業務をしておりましたが、本日のセミナーを受講し、非常に目的とイメージがはっきりしました。
・ワークを挟んで頂いたことで、ひとつひとつ整理ができました。受講前は長時間のオンラインセミナーということで不安でしたが、終わってしまえばあっと言う間でした。
・受講する前は本当にDXって何?、わからない、怖いという状況で参加したが、本セミナーに参加することにより、その抵抗感がなくなった。
・攻めのDX、守りのDXの具体例などDXに関する詳細内容を非常にわかりやすく説明頂き、ワークも取り掛かりやすかった。
・今まで受講したセミナーの中で一番わかりやすく、演習も取り掛かりやすいもので、自分の知見を向上させるために有意義なセミナーでした。


オンライン受講のご案内


・テレビ会議ツール「Zoom」で配信します。事前に接続テストにアクセスいただき、動作をご確認ください。
・1申込につき1名様がご受講ください。(著作権の観点から1申込で複数の方のご受講はお受けしません)
・ビデオオンできる環境をご用意ください。イヤホンやヘッドセット、外部スピーカーを使用しての受講をおすすめします。
・お申込み時、参加される方のメールアドレスを必ず登録してください。
・テキストは事前に配布します。

・本セミナーの講義資料および配信映像の録画、録音、撮影など複製ならびに二次利用は一切禁止です。
・Zoomにおけるリモート制御ならびにレコーディング機能はホスト側にて停止させていただきます。

※お申込みの前に必ずオンラインLIVEセミナー規約をご確認ください。お申込み完了を以て規約に同意したことといたします。

プログラム

項目 内容
1日
9:45~16:45

Ⅰ.基礎知識編

1.コロナ禍でわかったデジタル化の必要性

(1)新型コロナに対処できた企業・できなかった企業

(2)新型コロナで明確になった日本の弱点

  • ワーク

新型コロナで影響で変わったこと・変わらなかったこと

(3)これからの社会がどのようになるのか

 国が目指している近未来の日本

(4)常識が非常識に、非常識が常識になる時代

2.デジタルトランスフォーメーション(DX)とは何か

(1)劇的な変化を起こすDXが企業の生死を分ける

(2)コロナ禍でDX推進も加速されている

(3)デジタル化が真のDXではない!真のDXとは?

(4)DX推進の好事例

(5)DXを阻む日本企業の壁

(6)年齢がデジタル化の壁にはならない!

ITを使いこなす90歳の総務部員がいる会社

  • ワーク

自社がどのようにDXに対応できるか考える

3.既存の産業を脅かすデジタル技術と他社導入事例

(1)5Gがもたらすネットインフラの革新

(2)人工知能(AI)はどこまでできるのか

(3)いま、SFの世界が現実になりつつある!

 最新ロボット事例と産業界での活用

(4)工場の可視化をすすめるIoT

(5)なんか怪しそうと思われている

 ブロックチェーンが未来の基盤技術になる!?

(6)いままでの常識が非常識になる

 仮想現実や3Dプリンタの世界

(7)自分の子ども達の世界はどのようになるのか!

Ⅱ.DX推進編

1.DX推進の心得

(1)DXはCX(会社を作り変えること)である

(2)自社の未来を脅かす可能性を洗い出す

(3)未来を予想し、今はない課題を想像する

(4)課題を解決するために自社のリソースや要素技術で何が使えるか考える

(5)ITが得意な若手が推進するのではなく、トップが推進しなければDXは実現できない

(6)DX推進のビジョンをトップの言葉で社員に語れ

  • ワーク

DX推進を行う目的やビジョンを考える

2.第1歩はデジタイゼーション(デジタル化)から

(1)ほぼすべての業務がデジタル化できる!

 デジタル化できる業務領域具体例

(2)自社業務の可視化ができないとデジタル化は進まない

(3)アナログデータの整理分類・業務マニュアル作成方法

(4)デジタル化推進具体事例解説

ⅰ)テレワーク導入

ⅱ)オフィス業務自動化導入

ⅲ)ホームページ・ECサイト導入

  • ワーク

自社において何がデジタル化できるか考える

3.自部門でDXをすすめるためには

(1)DXを阻害するものは何か?

(2)自部門でDX推進するためのチェンジマネジメント方法

(3)DX推進人材増殖計画のススメ

4.実践ワーク

※自社の状況に合わせたDX推進テーマについて企画検討を実施する

【テーマ1】現状業務をテレワーク化(非接触業務化)するにはどうするか

【テーマ2】現状業務をデジタル化するにはどうするか

【テーマ3】デジタル技術×自社リソース・強みで新しいビジネスモデルを考える


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

ご案内

講師紹介(敬称略)


櫻井 俊輔
ThreeX Design株式会社 代表取締役

 法政大学工学部卒業後、日立系ITベンダーにてシステムエンジニアとして就職。勤怠管理システムの顧客適用業務として要件定義・設計・開発・テストに従事。2002年、専門学校教員に転身し、教師業を通して相手が理解できる伝え方の研究を行う。システムエンジニア/プロジェクトマネージャを育成する3つの学科の学科長を歴任。その後、新興コンサルタントファームに所属し、35以上のITプロジェクトに参画。プロジェクト内の情報伝達を円滑にすることで多くのプロジェクトを成功に導く。コンサルティング業務の傍ら、人材育成業務にも従事。 人材教育体系の構築および、階層別研修・スキル研修などを企画・実施。
 IT歴30年、教育業歴17年の経験を活かし、2017年1月、株式会社次世代人材アカデミーを設立。2018年8月、株式会社次世代人材アカデミー札幌を設立。2019年6月、一般社団法人次世代人材育成協会を設立。また、IT企業 12社に対する3ヵ月間の新入社員研修や日本電子専門学校での講義をはじめ、一部上場企業、大手セミナー会社などで、10,000 時間以上の講義・セミナー実績を有す。

【著書】『 理系脳 』 のための 『 文系 』 を怒らせない技術


定員について


20名(参加人数が最少催行人数に達しない場合は、延期もしくは中止にさせていただく場合がございます。)

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

参加者区分

  • ※日本能率協会法人会員企業一覧を確認する
  • ※「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

※団体名を入力してください。

団体名: 

参加日程

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。
(複数チェック可)

・参加料にはテキスト(資料)費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。
  • 2021年度
  • 2022年度
開催期間会場タイトル参加料

開催期間

2021/12/08 (水)
オンライン
ライブ参加型

自部門で実践するDX入門セミナー

参加料

受付中

62,000円(税抜)
/ 68,200円(税込)

開催期間

2022/03/04 (金)
オンライン
ライブ参加型

自部門で実践するDX入門セミナー

参加料

受付中

62,000円(税抜)
/ 68,200円(税込)

開催期間

2022/04/01 (金)

2023/03/31 (金)
オンライン
ライブ参加型
3回開催予定
自部門で実践するDX入門セミナー

参加料

企画中

終了したセミナーを表示する

開催期間 会場 タイトル 参加料

開催期間

2021/09/16 (木)
オンライン
ライブ参加型

自部門で実践するDX入門セミナー

参加料

受付終了

以上の内容で申込み日程を追加する場合は、「申込み日程を追加」ボタンをクリックしてください。

〔追加済みの申込み日程〕

申込み日程を追加してください

申込み日程を追加する >>

申込み注意情報

※注意事項は必ずお読みください

すべての情報を見る

キャンセル規定及び、申込規定をご確認ください

Web申し込み以外の申し込み方法はこちらから

エクセルでのお申し込みは こちら

ファックスでのお申し込みは こちら

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、 お問い合わせフォーム または、FAX(03-3434-5505)からご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は破棄をお願いします。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。

    [キャンセル料・日程変更手数料]

    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    (会場参加・オンライン参加)
    日程変更手数料
    (年度内一回限り)
    (会場参加・オンライン参加)
    開催15日前〜開催8日前
    (開催当日を含まず)
    参加料の10% 無料
    開催7日前~前々日
    (開催当日を含まず)
    参加料の30% 合宿:11,000円(税込)
    通い/オンライン:5,500円(税込)
    開催前日および当日 参加料の全額 合宿:宿泊費全額
    通い/オンライン:7,700円(税込)
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

※ 残席わずか/満席の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのままお申込みいただけます。
JMAマネジメントスクールお問合せフォームは こちら   TEL : 03-3434-6271

セミナーID:151651

JMA151651

自部門で実践するDX入門セミナー

ページトップへページトップへ