【CSR・経営企画担当 必須プログラム】ビジネスと社会課題解決を両立させ、‘らしさ’で競争優位を創り出す 待望の戦略メソッド

「CSRブランディング」研修(超入門編・実践編)

本セミナーはこのような方々にお勧めします。
● あらためて、短期間で戦略的な「CSR経営」の理論や実践手法を学びたい方
● 先進のCSRや企業ブランディングを第一線で活躍する講師から学びたい方
●「 先進のCSR」や「CSV」を戦略的に活用したい方
● CSRは社内で定着した感はあるが、いまだ、‘守りのCSR’や‘社会貢献’の色彩が強いと感じている方

開催概要

対象


【1】 経営者・次世代経営層、経営幹部の方々 
   ※規模の大小、業種業態を問いません
【2】 コーポレート/マーケティング部門の責任者・担当者
  ( 経営企画、広報、IR、CSR、法務、総務、人事、ブランドマネジメント、マーケティング担当部門)

開催にあたって


現代のように変化の激しい経営環境においてこそ、企業は現代社会の要請や期待を的確に捉え、持続的な成長・中長期の企業価値向上に結びつけていく経営が求められています。
CSR(企業の社会的責任:Corporate Social Responsibility)は、ここ数年で格段の進化を遂げてきています。従来の「社会貢献活動」や「リスク対応型CSR」から、「価値共創型CSR」へと進展し、さらには、コーポレートブランドや企業価値向上につながる「CSRブランディング」という、戦略的なステージにまで広がりつつあります。
本研修では、ビジネスと社会課題解決を両立させ、‘自社らしさ’を発揮することによって競争優位を創り出す「CSRブランディング」という考え方やその実践手法を学べる内容になっております。CSR・ブランディング・コミュニケーションのそれぞれの分野に精通した、経験豊富な講師が熱くわかりやすく解き明かします。皆様のご参加をお待ちしております。

本セミナーの特長


【1】‘先進のCSR’や‘CSV’を体系的・本質的に理解できます。
【2】また、ブランディングの基本を身につけ、「CSRブランディング」の推進・浸透に必要なナレッジ・ノウハウを学べます。
【3】「CSRブランディング」メソッドに基づくワークショップを通じて、知識が整理され、自社内で実践的活用が図れます。
【4】「CSRブランディング」による競争優位を、中長期の企業価値向上につなげる施策を学べます。

参加者の声


●CSRに関係する部門におりますが、「CSRで、どのように企業価値が上がるのか?」「CSRとCSVのどこがどう違うのか?」「経営や事業部門の負荷になるのでは?」と思っていたところがあったので、あいまいな領域がスッキリして、あらためてモチベーション向上につながりました。
●「CSR」「ブランド」「事業戦略」のつながりの考え方がよく理解できました。これまでの一つひとつの知識が融合し、インスパイアされました。異業種の方々との交流も非常に刺激的でした。今後の自分の行動のヒントをいただきました。
●CSRの「社内浸透」が、喫緊の課題でした。戦略的な社内浸透術である「インターナル・ブランディング」という手法は、ロジカルでわかりやすく、今後の大きな糧となりました。

各業界から多数の企業が参加
TOTO、アステラス製薬、キリンホールディングス、コスモ石油、旭硝子、LIXIL、クボタ、ニチレイ、ノーリツ、秋田銀行、大塚製薬工場、竹中工務店、日立製作所、明治、熊本県酪農業協同組合連合会、三井化学、三菱自動車工業、住友商事、住友林業、昭和産業、森永乳業、西日本鉄道、綜合警備保障、中国電力、電通、東急不動産ホールディングス、日産自動車、日東電工、日本電気、文化シヤッター、野村総研、本田技研工業、テレビ東京 他

プログラム


1日目【超入門編】 10:00~17:00


【1】 2016年度のCSRトピックス
 1-1 時代のキーワードとCSR
 1-2 身近にある“CSRの視点”

【2】CSRの超基礎と「攻めのガバナンス」
 2-1 CSRの最新潮流~‘企業評価の新しいモノサシ’とは
 2-2 今さら聞けない?目からウロコの‘CSRの本質’
 2-3 時代を味方につける「新しい経営のあり方」とは
 2-4 ESG(非財務情報)重視の時代~財務・非財務の統合思考へ
  ・ ココだけははずせない!「会社法」のポイント
  ・ 今、この時代の経営の視座
  ・ 持続的成長・中長期の企業価値向上をめざす‘車の両輪’
   ~日本版スチュワードシップ・コード/コーポレートガバナンス・コード

【3】進化するCSR
 ~「慈善活動/義務的CSR」から「価値共創型CSR」、そして「CSRブランディング」へ
 3-1 「先進のCSR」とマーケティングの親和性 ~CSRは、コストから投資へ
 3-2 コトラー「マーケティング3.0」とポーター「CSV(Creating Shared Value)」
 3-3‘ 事業による社会課題解決’で、新しい価値を創造する

【4】「CSRブランディング」 とは何か
~ビジネスと社会課題解決を両立させ、‘らしさ’で競争優位を創り出す!戦略メゾット
 4-1 脈々と培ってきた経営に、今の時代の‘3つのキードライバー’を注ぎ、磨きをかける
 4-2「 CSRブランディング」の概念フレーム ~ y=ax+b
 4-3‘CSRブランド力’の効能

【5】企業ブランディング入門
 5-1‘ブランド’とは何か
 5-2「 ブランド」 の捉え方の変遷
 5-3 企業ブランド力の恩恵
 5-4 企業ブランディングを実現するCSR

【6】「ブランド・アイデンティティ( らしさ)」と‘約束(ブランドプロミス)

【ワークショップ(1)】
「自社のCSR気づきシート」を作成し、
 ●「 CSRブランディング」の戦略ファクター:‘らしさ’の競争優位性を見極める
 ● 自社の「創業のスピリット」「理念・ミッション・ビジョン」「得意技と個性」を検証し、「自分らしさ」に気づく

【講評・感想】

2日目【実践編】 9:30~17:00


【7】 今、なぜ‘コーポレート・レピュテーション(企業の評判)’なのか
 7-1 正しく知っていますか?「レピュテーション」のこと
 7-2「 コーポレート・レピュテーション」は、企業価値を高める‘無形資産’
 7-3 クライシスとレピュテーション~普段から‘金貨’を貯めておく
 7-4 事例にみる、レピュテーションのインパクト

【8】CSR発想のコーポレート・コミュニケーションとは
 8-1 先進のCSR視点からみる、コーポレート・コミュニケーションの意義
 8-2 情報開示・情報発信と「レモンの原理」
 8-3 企業ブランドは、社会から見た信頼と愛着の旗印

【ワークショップ(2)】
「CSRブランディング」の事例研究
 ⇒「事業活動×CSR×ブランド(らしさ)」のフレームを身に付ける

【9】 戦略的 社内浸透術!「インターナル・ブランディング」のすすめ
 9-1 理念、ミッション、ビジョンの重要性
 9-2「 CSRマインド」が、全員参加のプラットフォーム
 9-3‘社内啓発活動’の実践事例とノウハウ・ドゥハウの伝授
  ‘インターナルブランディング’の観点から、あなたの「プレゼン・スキル」を磨き上げる

【10】 企業価値を高める 「CSRブランディング」
 ~ 時代を味方につけ、次代にも輝き続ける企業であるために
 10-1 財務視点による、「CSRブランディング」が企業価値向上に結びつくメカニズム
 10-2 投資家に伝えたい!‘非財務情報と中長期の企業価値向上’の戦略ストーリー
 10-3 企業と社会の持続的な相乗発展を目指して

【講評・感想】


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

ご案内

1日目 10:00~17:00
2日目  9:30~17:00

講師


細田 悦弘(ほそだ えつひろ)
キヤノンマーケティングジャパン(株) CSR本部 CSR企画推進部 主席
一般社団法人日本能率協会 主任講師 / 中央大学大学院 戦略経営研究科 フェロー

1982年入社後、営業からマーケティング部門まで経験し、1997年に宣伝部へ配属。
宣伝制作およびメディアプランニングに従事する。
2004年よりブランドマネジメントを担当した後、2007年CSR推進部長を経て、
現在は、キヤノンマーケティングジャパングループのCSR推進活動に携わっている。
CSR・ブランディング・コミュニケーション分野において、豊富な経験を持ち、
企業や大学等での講演・研修講師・アドバイザーとしても活躍しており、
理論や実践手法のわかりやすい解説・指導法に定評がある。

●一般社団法人日本能率協会 主任講師、中央大学大学院 戦略経営アカデミー 講師
●経営品質協議会 認定セルフアセッサー
●一般社団法人日本能率協会「持続可能な社会づくりに向けた“新しい経営のあり方”研究会」メンバー
●社内外のブランド・CSRに関するセミナー講師の実績多数

研究領域
CSR、ブランディング、コミュニケーション、メディア史

主な著書等
『企業ブランディングを実現するCSR』(産業編集センター)共著
東洋経済・臨時増刊 『CSR特集』(2008.2.20号)
環境会議 『CSRコミュニケーション』(2010年秋号)
日本能率協会『JMAマネジメント」(2013年10月号)
東洋経済・就職情報誌 『GOTO』(2010年度版)
日経ブランディング(2006年12月号) など

会場について


※開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

料金について


・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

定員


参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。

プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連リンク

【ISO WEB】
http://isoweb.jma.or.jp

会場(東京)

日本能率協会・研修室(東京)


〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル
日本能率協会研修室 15階・16階
TEL: 03-3434-6271


交通アクセス


東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口より 徒歩2分
東京メトロ半蔵門線 神保町駅 A0出口より 徒歩10分
都営三田線 神保町駅 A0出口より 徒歩10分
都営新宿線 神保町駅 A0出口より 徒歩10分
1日 2日間

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

開催期間 会場 タイトル 参加料(税抜)
2016/10/06 木

2016/10/07 金
東京
(日本能率協会・研修室)
「CSRブランディング」研修【超入門編】【実践編】
2日連続申し込み(通常参加料)
開催中止
2016/10/06 木東京
(日本能率協会・研修室)
「CSRブランディング」研修【超入門編】
「超入門編」の1日参加(通常参加料)
開催中止
2016/10/07 金東京
(日本能率協会・研修室)
「CSRブランディング」研修【実践編】
「実践編」の1日参加(通常参加料)
開催中止
2017/02/09 木

2017/02/10 金
東京
(日本能率協会・研修室)
「CSRブランディング」研修【超入門編】【実践編】
2日連続申し込み(通常参加料)

75,000

2017/02/09 木東京
(日本能率協会・研修室)
「CSRブランディング」研修【超入門編】
「超入門編」の1日参加(通常参加料)

39,000

2017/02/10 金東京
(日本能率協会・研修室)
「CSRブランディング」研修【実践編】
「実践編」の1日参加(通常参加料)

39,000

終了したセミナーを表示する

開催期間 会場 タイトル 参加料(税抜)
2016/07/12 火

2016/07/13 水
東京
(日本能率協会・研修室)
「CSRブランディング」研修【超入門編】【実践編】
2日連続申し込み(通常参加料)
お申込み受付を終了しました。
2016/07/12 火東京
(日本能率協会・研修室)
「CSRブランディング」研修【超入門編】
「超入門編」の1日参加(通常参加料)
お申込み受付を終了しました。
2016/07/13 水東京
(日本能率協会・研修室)
「CSRブランディング」研修【実践編】
「実践編」の1日参加(通常参加料)
お申込み受付を終了しました。

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は②~③をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず) 無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず) 参加料の30%
    開催前日および当日 参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

パンフレット/参加申込書はこちら

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。