~顧客提案を通じた新たな価値の創出~

BtoB事業のための新商品開発セミナー

開催概要

ねらい


BtoBビジネスの商品企画・事業企画・研究開発・技術開発などで新商品開発の知識が必要となる方々に、具体的にわかりやすく企画開発の基礎知識を学んでいただくとともに、具体的な事例や演習を交えて実務でも役立つスキルを習得していただきます。

対 象


法人向けビジネスや素材・部品・機器など生産財ビジネスにおいて
・研究開発や技術開発の中で新商品・新サービス企画・開発の知識・スキルが求められる方々
・商品企画や事業企画部門に配属または配属予定の方々
・ビジネス知識として、新商品企画・開発の基礎を知っておきたい方々
・中小・中堅企業において独自商品の企画が求められる方々

こんな課題をお持ちの方にお勧めします


・顧客要望のままに商品開発を進めることが多く、このままでは心配である。
・自社の価値をどのように商品開発と結び付け、どのように顧客に伝えれば良いのか分からない。
・価格でしか他社との差別化が図れていない。
・短期的な視点でしか判断できない社内において、長期的な視点で新たな商品を評価させたい。

参加のおすすめ


法人向けビジネスや素材・部品・機器など生産財ビジネス(BtoBビジネス)では、これまで既存の顧客の要求に応える形で商品やサービスを提供して企業規模を拡大してきました。しかし、既存商品だけではやがて成長が鈍化し成熟期に至ります。そこで必要となるのが新商品開発です。しかし、BtoBビジネスの新商品開発はBtoCビジネスとは異なることが多くあり、一般書籍や一般セミナーでは十分に学ぶことができません。
本セミナーでは、BtoBビジネスに携わる商品企画・事業企画・研究開発・技術開発などの方々に新商品企画・開発の進め方を体系的に解説します。また、新商品・新サービスは短期的な企画開発とともに中長期的な企画開発も求められ、将来の商品をいかに企画するかについても、具体的にわかりやすく学んでいただきます。講師は、各社の新商品・新サービス開発をリアルタイムで支援している現役のコンサルタントが豊富な経験から事例を解説し、受講生にご理解いただく、より実務的な内容となっております。

プログラム


第1日目


事業環境分析と顧客価値構想

1 新商品開発の必要性
(1)BtoB企業の置かれている状況
(2)企業各社の新商品開発事例

ミニ演習:他社事例研究

2 事業環境分析

(1)顧客環境分析
  ●顧客研究
  ●顧客マップ
(2)競合環境分析
  ●競合研究
  ●競合との差別化要素
(3)市場環境分析
  ●事業環境認識
  ●気づきシート
  ●環境俯瞰図

グループ演習1:
・環境俯瞰図の作成・代表者演習結果発表
・まとめ 質疑

3 顧客価値構想

(1)顧客研究
  ●ターゲット顧客設定
  ●顧客プロセス分析
(2)ニーズ分析
  ●顧客価値分析
  ●上位ニーズ分析
(3)コンセプト検討
  ●ソリューション構想
  ●商品コンセプト構想

グループ演習2:
・顧客価値分析の作成・代表者演習結果発表
・まとめ 質疑


第2日目


仮説提案と企画開発

4 仮説提案
(1)仮想カタログ
(2)リバウンド分析
  ●顧客訪問
  ●リバウンド分析

5 商品企画書の作成
(1)企画課題ばらし
  ●企画課題ばらし
  ●必要機能の棚卸
(2)BtoB商品企画

6 事業性の評価
(1)市場性の評価
(2)自社適合性の評価
(3)ビジネスモデルの評価
  ●独自性、持続性、収益性
(4)リスクの評価

7 提案開発
  ●提案書の作成
  ●顧客提案
  ●市場開発と技術開発の統合推進
  ●テストマーケティング

【2日間の振り返り】
プログラム参加のおすすめ
テキストの一部
新商品開発の全体像

※昼食は12:30~13:30の予定です。

ご案内

講 師


池田 裕一(いけだ ひろかず)
㈱日本能率協会コンサルティング 技術戦略センター チーフ・コンサルタント


機械販売会社の財務部門を経て、1990年(株)日本能率協会コンサルティングに入社。
以降、一般企業を対象とした新商品・新規事業企画、新サービス開発、事業立上げなどのコンサルティング、研修、講演にあたる。
【著 書】
「新製品・新事業の育て方」同友館
「限界を突き破る戦略的事業連携」日刊工業新聞社
「はじめての新事業開発マニュアル 」海文堂出版
「新規事業・新用途開発技法とテンプレート」日本能率協会総合研究所 ほか

野田 真吾(のだ しんご)
㈱日本能率協会コンサルティング 技術戦略センター チーフ・コンサルタント


ソフトウェア開発企業を経て、2004年(株)日本能率協会コンサルティング入社。 企業の研究開発部門を中心に、技術・商品戦略、組織マネジメントなど幅広い領域においてコンサルティングに取り組んでいる。
【著 書】
「成熟をブレークスルーする新たな成長の波を生み出す革新的商品創出への挑戦」
(JMAマネジメントレビュー 2008/4)
「Product Compass ~成熟市場を打破するビジョン主導型商品革新実践手法~」(JMAC MCB)
「技術者の目利きする力~日々の気づきを引き出し創造性を高める」
(コスメティックジャパン Vol.2 No.9 2012/10他)

プログラムについて


※内容は変更される場合があります。また進行の都合によりプログラムの時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

料金について


テキスト・昼食費は含まれております。
本事業開催最終日の消費税率を適用させていただきます。


定 員


36名 (4名に満たない場合は延期する場合があります。)

会場(東京) ※2018年1月より住所が変わります。








日本能率協会・研修室(東京)


〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル
日本能率協会研修室 15階・16階
TEL: 03-3434-6271


交通アクセス


東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口より 徒歩2分
東京メトロ半蔵門線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営三田線 神保町駅 A8出口より 徒歩5分
都営新宿線 神保町駅 A1出口より 徒歩7分

2018年1月以降

日本能率協会・研修室(東京)


〒105-8522
東京都港区芝公園3-1-22
TEL: 03-3434-6271

交通アクセス


[地下鉄]
日比谷線 神谷町駅 3番出口より 徒歩7分
都営三田線 「御成門駅」 A1出口より 徒歩5分
都営浅草線・大江戸線 「大門駅」 A6出口より 徒歩12分

[JR線]
浜松町駅 北口出口より 徒歩15分

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)


日本能率協会法人会員企業一覧を確認する


  • 「日本能率協会法人会員参加料」は、お支払方法を「個人で振込」にした場合は適用されません。
    適用を希望される場合は必ず「会社から振込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
2018/06/07 木

2018/06/08 金
東京
(日本能率協会 研修室)
BtoB事業のための新商品開発セミナー
参加料

受付中

104,000

2018/11/19 月

2018/11/20 火
東京
(日本能率協会 研修室)
BtoB事業のための新商品開発セミナー
参加料

受付中

104,000

終了したセミナーを表示する

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
2016/11/15 火

2016/11/16 水
東京
(日本能率協会・研修室)
BtoB企業のための新商品開発セミナー
参加料
受付終了
2017/03/01 水

2017/03/02 木
東京
(日本能率協会・研修室)
BtoB企業のための新商品開発セミナー
参加料
開催中止
2017/06/05 月

2017/06/06 火
東京
(日本能率協会・研修室)
BtoB事業のための新商品開発セミナー
参加料
受付終了
2017/11/21 火

2017/11/22 水
東京
(日本能率協会・研修室)
BtoB事業のための新商品開発セミナー
参加料
受付終了

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
    開催前日および当日参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

パンフレット/参加申込書はこちら

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

関連する公開セミナーはこちら

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。