【改訂版】

新事業開発実践力養成コース

新事業の事業計画、ビジネスプランはどのように作成すればよいか、何から
始めたらよいかが分からないという方の道標となるセミナーです。

①新事業開発のプランニング
②新事業開発の分析・推進
③新事業のスタートアップ

を3日間で学ぶことができます。

セミナー概要

新規事業の立ち上げを担当しているあなたは、このようなことにお悩みではありませんか?
もし該当するものがあれば、最後までお読みいただくことをお勧めします。

・新規の事業開発案件を進めてはいるが、前例踏襲で進めており、この方法があっているのか不安だ
・新規事業の立ち上げに向けて、具体的な進め方やツールを知りたい
・事業計画が整理されておらず、新商品の事業化に向けたビジネスモデルが不明確である
・新しい事業を広げたいと思っているが、まず何をすればいいのか分からない
・中小企業なので新しいことをやるにも人手が足りていないし、自身の力量不足も感じている
・自身も含め、新規事業を展開する社員の意識改革を行わなければならない
・新規事業に対して、どのように利益を確保し、採算性を確保するか悩んでいる
・社内のキーマンに協力してもらうための説得が苦手だ


様々な分野で技術革新が進んできた結果、自社の競合が思いもよらない会社となることが増えてきました。ITの会社が車の開発に乗り出しているのはいい例です。そのため、前例踏襲の事業だけで右肩上がりに成長することはほとんどない時代となりました。貴社における新規事業開発は、喫緊であり、必須の案件なのではないでしょうか。


もし、貴社の新規事業開発の案件を疎かにしてしまうとこのようなデメリットが生じてしまいます。

 ・昔上手くいっていたプロジェクト案件だけでは競合相手に負けてしまう恐れがあり、自社の衰退につながる
 ・新事業開発の体験が社内に蓄積されなければ、事業開発の成功率は低くなり、挑戦しようという風土も育たない
 ・新しいものに取り組む風土の醸成や社員の育成は難しく、新しいことをやってみようとする人材が不足してしまう


JMAでは、新規事業開発を体系的に理解し、論理的に遂行することのできる人材の育成を目的として、
「新事業開発実践力養成コース」を開催しています。

新事業開発実践力養成コースを受講した方々からは、このような言葉をいただいています。

・新事業開発の実践にはマーケティングの基礎も必要だが、このセミナーではその基礎部分も含めて学ぶことができ、大変有意義でした。自社で現在取り組んでいるプロジェクトがあるので、そこに当てはめて活動していきたいと思います。
(電気機器 5年以上)
・今まで自己流でビジネスプランを作っていたが、このセミナーを通じて普遍的な方法をまなぶことができたので、より具体的でより良いビジネスプランを作ることができそうです。自社に戻ってからは、実際の事業の立ち上げ時のプラン作成に用いたいと思います。
(医薬品 5年以上)
・講師の実経験を踏まえた話は実践的で、私が依然携わった新事業を振り返りながら受講することでより自信毎として考えながら受講できました。職場では評価者視点でのビジネスプランの評価や、大義名分を特に意識して業務に取り組みたいと思います。
(化学 3年目)

本セミナーを受講した方々は、セミナーで学んだことを活かすために、自社に戻ってから最初の一歩を歩み始めています。

ご興味のある方は、下記詳細を確認のうえ、お申し込みください。
あなたのご参加をお待ちしております。

開催概要

特徴


・新事業開発の計画~開発実践まで一連の流れを学びます。
・とくに新事業開発のポイントとなるビジネスプラン(事業計画)について基本を学び、作成の一連の流れの実務を学びます。
・はじめて担当する方への実務に沿ったキーワードの解説や、講師の経験にもとづいた事例やノウハウの紹介により、様々な考え方を学びます。
・講義と複数の演習を通じて知識と考え方の定着をはかり、実践力を養います。
・25年以上にわたって企業・団体で新製品・新規事業開発、サービス開発、事業立ち上げを実践している現役コンサルタントが講師を務め、その経験に基づいた研修をいたします。
・参加メンバー相互の情報交流を通じて、新事業開発の要点を身につけます。

対象


・新事業・新商品の関連部署に配属された方々
・他部門から新たに新事業・新商品関連部門に配属予定の方々
・ビジネス知識として、新事業・新商品企画開発の基礎を知っておきたい方々
・転職先が新事業・新商品関連企業や部門の方々

ご参加のおすすめ


新事業開発は事業のアイデアはあっても、事業開発の実践的なやり方が身についていないと上手くいきません。
しかし社内では新事業開発のノウハウがない、経験がない、人材がいないといった問題が多々あります。
こうしたことに対応し、新事業・新商品の要点をつかみ、実践的に新事業・新商品を開発していくスキルの習得を目的に本セミナーを開催いたします。特に新事業の事業計画、ビジネスプランはどのように作成すればよいか、何から始めたらよいかが分からないのが実情です。
新事業の企画開発部門に配属された方や技術・生産・研究開発などの方々が、新商品や新事業のビジネスプランを作成するうえで、その考え方・進め方について学びます。

プログラム


1日目【市場調査とビジネスモデル】  10:00~17:00


1.市場変化と新事業開発パターン
  ・最近の新事業事例
 【個人演習】
  ◆「事例テーマの事業構想」

2.新事業開発のアプローチ
  ・現市場での新規テーマ開発
  ・自社製品・技術を活かした新用途市場開発
  ・新分野への新規事業開発

3.市場調査による市場創出視点の抽出
  ・市場調査の種類と方法
  ・顧客調査・競合調査のポイント
 【グループ演習】 
  ◆「事例テーマの調査プランニング」
  ・演習   ・発表   ・講評

4.需要予測
  ・需要予測の手法とポイント
  ・需要予測のための調査

5.新事業のビジネスモデルの作成
  ・事業KFS(成功の鍵)の抽出方法
  ・新事業のビジネスモデルの構想
 【グループ演習】 
  ◆「事例テーマのビジネスモデル構想」
  ・演習   ・発表   ・講評

2日目【ビジネスプランと開発推進】  10:00~17:00


6.新事業のビジネスプランの要点
  ・事業環境動向
  ・事業構想
  ・展開シナリオ
 【グループ演習】 
  ◆「事例テーマのビジネスプラン」
  ・演習   ・発表   ・講評

7.収益計画
  ・収支シミュレーション
  ・不確実性の分析

8.新事業開発のためのオプション発想
  ・戦略オプション発想
  ・他社との連携

9.新事業のリスク分析
  ・新事業のリスクとは
  ・新事業のリスク分析
  【グループ演習】 
  ◆「事例テーマの収益計画とリスク分析」
  ・演習   ・発表   ・講評

10.事業性評価の視点
  ・新事業の評価視点
  ・撤退基準の考え方

11.新事業の開発推進
  ・市場開発と技術開発の統合推進
  ・事業開発マーケティング

3日目【新事業のスタートアップ】  10:00~17:00


1.外部の連携 スタートアップ企業との連携を例として
  ・スタートアップ企業の特徴
  ・スタートアップ企業の評価
  ・パートナリングの実践
 【グループ演習】 
  ◆「事例テーマの連携企画書の作成」
  ・演習   ・発表   ・講評

2.新事業のスタートアップ
  ・市場の要求に合わせてスペックを決める
  ・実証を行いスタートする
  ・スタートアップ事例

3.新事業の立ち上げ
  ・販路開拓
  ・プロモーション
  ・ビジネスモデルの見直し

4.新事業戦略の構築
  ・成長事業戦略
  ・事業投資戦略
  ・マーケティング戦略
 【グループ演習】 
  ◆「事例テーマの新事業戦略書の作成」
  ・演習   ・発表   ・講評

ご案内

講師


池田 裕一  (株)日本能率協会コンサルティング チーフ・コンサルタント

講師インタビューその1 


講師インタビューその2



会場について


開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

料金について


・上記金額にはテキスト(資料)費・昼食費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

定員


24名(10名に満たない場合は延期する場合があります。)
※参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。

プログラムについて


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

会場(東京)


日本能率協会・研修室(東京)


〒105-8522
東京都港区芝公園3-1-22
TEL: 03-3434-6271

交通アクセス


[地下鉄]
日比谷線 神谷町駅 3番出口より 徒歩7分
都営三田線 「御成門駅」 A1出口より 徒歩5分
都営浅草線・大江戸線 「大門駅」 A6出口より 徒歩12分

[JR線]
浜松町駅 北口出口より 徒歩15分

会場(大阪)

日本能率協会・研修室(大阪)


〒530-0001
大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENTオフィスタワー19階
TEL:06-4797-2050

交通アクセス


阪神梅田駅/地下鉄四つ橋線 西梅田駅 より徒歩1分
JR大阪駅 (桜橋口) より徒歩2分
JR北新地駅 より徒歩4分
地下鉄御堂筋線 梅田駅 より徒歩5分
阪急梅田駅 より徒歩12分

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)


日本能率協会法人会員企業一覧を確認する


  • 「日本能率協会法人会員参加料」は、お支払方法を「個人で振込」にした場合は適用されません。
    適用を希望される場合は必ず「会社から振込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

参加される方のお名前を入力してください。必須

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。(複数チェック可)

  • 東京開催
  • 大阪開催
開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
2018/05/23 水

2018/05/25 金
東京
(日本能率協会 研修室)
新事業開発実践力養成コース
参加料(全日程(3日間)参加)

受付中

156,000

新事業開発実践力養成コース
参加料(企画開発編(2日間)参加)

受付中

104,000

2018/09/05 水

2018/09/07 金
東京
(日本能率協会 研修室)
新事業開発実践力養成コース
参加料(全日程(3日間)参加)

受付中

156,000

新事業開発実践力養成コース
参加料(企画開発編(2日間)参加)

受付中

104,000

2019/02/25 月

2019/02/27 水
東京
(日本能率協会 研修室)
新事業開発実践力養成コース
参加料(全日程(3日間)参加)

受付中

156,000

新事業開発実践力養成コース
参加料(企画開発編(2日間)参加)

受付中

104,000

2018/10/31 水

2018/11/02 金
大阪
(日本能率協会 研修室)
新事業開発実践力養成コース
参加料(全日程(3日間)参加)

受付中

156,000

新事業開発実践力養成コース
参加料(企画開発編(2日間)参加)

受付中

104,000

終了したセミナーを表示する

開催期間会場タイトル参加料(税抜き)
2016/05/24 火

2016/05/25 水
東京
(日本能率協会・研修室)
新事業開発実践力養成コース
日本能率協会法人会員参加料
開催中止
新事業開発実践力養成コース
会員外参加料
開催中止
2016/09/28 水

2016/09/29 木
東京
(日本能率協会・研修室)
新事業開発実践力養成コース
日本能率協会法人会員参加料
受付終了
新事業開発実践力養成コース
会員外参加料
受付終了
2017/01/26 木

2017/01/27 金
東京
(日本能率協会・研修室)
新事業開発実践力養成コース
参加料
受付終了
2017/05/16 火

2017/05/18 木
東京
(日本能率協会・研修室)
新事業開発実践力養成コース
参加料(全日程(3日間)参加)
受付終了
新事業開発実践力養成コース
参加料(企画開発編(2日間)参加)
受付終了
2017/09/13 水

2017/09/15 金
東京
(日本能率協会・研修室)
新事業開発実践力養成コース
参加料(全日程(3日間)参加)
受付終了
新事業開発実践力養成コース
参加料(企画開発編(2日間)参加)
受付終了
2018/02/13 火

2018/02/15 木
東京
(日本能率協会・研修室)
新事業開発実践力養成コース
参加料(全日程(3日間)参加)
受付終了
新事業開発実践力養成コース
参加料(企画開発編(2日間)参加)
受付終了

 

以上の内容で参加者を登録する場合は、「参加者を登録」ボタンをクリックしてください。

次の参加者情報を登録する場合は ②~③ をご入力ください。


〔登録済みの参加者〕

参加者を登録してください


参加者を追加する >>

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、お問い合わせページよりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、FAX(03-3434-5505)または、お問い合わせページからご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は必ずJMAマネジメントスクールへご返送ください。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。
    キャンセルご連絡日キャンセル料
    開催8日前以前(開催当日を含まず)無料
    開催7日前~前々日(開催当日を含まず)参加料の30%
    開催前日および当日参加料の全額
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

パンフレット/参加申込書はこちら

プログラム内容についてのお問い合わせ先

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

 残席わずか/満席 の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのまま
  お申込みいただけます。

メニュー

お気に入り一覧 お気に入りに追加

ログインいただきますと、
お気に入り機能が利用可能となります。