日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

日本能率協会(JMA)が主催する公開セミナー  JMAマネジメントスクール

JMAマネジメントスクール > 開発・設計・技術 > 開発・技術戦略リーダー養成コース

セミナーID:100293

"新事業・新プロジェクト"を実現する

開発・技術戦略リーダー養成コース

対象:開発・設計・技術

エリア東京

期間6日間以上

各種ガイド、パンフレットと日程が異なる場合があります。お申込みの際は必ず本ページの開催日をご確認ください。

ねらい・特色

技術戦略と事業戦略の両輪を回すプロデューサー型人材の育成
● 技術戦略と事業戦略理論の基礎を短期で学ぶ
● 『仮想事業化プロジェクト』開発の演習により、戦略構築の考え方と立案手法を習得
● 技術者から戦略リーダーへの意識転換を促す

参加対象

部  門:研究・開発・設計・生産技術
職  種:研究・エンジニアリング・戦略企画スタッフ
職  位:係長・課長(候補者含む)
実務経験:入社 6年~15年程度(30歳~45歳程度)

本コースの目的

 本コースは次世代型人材育成をめざす選抜型教育です。
 サラリーマンの域を超えて、自分の思いを会社・社会に還元できる高い意識を養っていただきたいと考えます。
 カリキュラムには、事業の原理原則から事業化の手順・ポイントについて、異業種他社メンバーとのケース・ディスカッションを通じて学ぶ場を豊富に用意しております。
 更には、グローバルでの事業をどのように考えたら良いか、ローカルフィッティング・パートナーシップ等の考え方もケースを通じて学んでいただきます。
 日本を超えてグローバルで活躍できる人材を目指して、高い志で参加されることを期待します。

コースファシリテータ
㈱日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント 細矢泰弘

本コースの特徴

本コースの特徴


1. 技術戦略とビジネス戦略の両立を目指したプログラム
自社資源を有効に活かして開発した技術を市場に展開し、新事業に結びつけることのできる、プロデューサ型人材の育成を目指します。
■技術戦略と事業戦略理論の基礎を短期で学ぶ
■戦略構築の考え方と立案手法を習得
■技術者から戦略リーダーへの意識転換を促す

2. 共同テーマ研究による実践的演習
『仮想事業化プロジェクト』開発の演習により、事業戦略立案のための分析テクニックやプロジェクト推進の基本手法を学び、ビジネスセンスを磨いていただきます。

3. 相互研鑽による意識改革とネットワーク構築
異業種他社のメンバーとの交流で、日常の業務では経験できない新たな価値観や視点の気付きを得られます。研修を通じて得られたネットワークは、将来の貴重な財産となります。


プログラム構成


■ 講義&ディスカッション
大学教授、コンサルタントからなる、当該領域の一流の講師陣による専門性の高い講義と、密度の濃いディスカッションにより、現状の重要な課題について理解を深めていただきます。
■ 共同テーマ研究
全期間を通して『仮想事業化プロジェクト』推進のグループ演習を行うことで、より実践的な手法、考え方が身に付きます。最終日にその成果発表と意見交換を行い、議論をより深めていただきます。

成果物(アウトプット)


1. チーム研究(事業化開発構想書)
2. 受講者によるレポート作成
(個人の振り返りと講師からのフィードバック)

プログラム

プログラム
※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。
あらかじめご了承ください。
※詳細はリンク先をご参照ください。

ご案内

料金について


※テキスト(資料)費が含まれております。
※本事業開催最終日の消費税率を適用させていただきます。

table
参加者区分早期申込参加料
【 8/31】(水)申込締切
通常参加料
日本能率協会法人会員450,000円(税抜)
495,000円(税込)
510,000円(税抜)
561,000円(税込)
上記外490,000円(税抜)
539,000円(税込)
560,000円(税抜)
616,000円(税込)



2022年度 講師プロフィール


細矢 泰弘
㈱日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター シニア・コンサルタント

島田 啓一郎
ソニーグループ㈱ 特任技監

高嶋 隆太
東京理科大学 理工学部経営工学科 教授

浅川 和宏
慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 教授

木内 文昭
㈱マクアケ 共同創業者 / 取締役

竹林  一
京都大学経営管理大学院 客員教授
オムロン㈱ イノベーション推進本部 シニアアドバイザー

※詳細はこちら



定員


30名

参加者の声(2021年)

●全体を通じて、新事業を考えるにしろ、まずは自分自身(自社の強み)を見極めることが大事と感じた。選択肢が無数にあるなかで、それが判断や取捨選択の軸になるのだと思う。
●これまであまり考えてこなかった内容(技術戦略や事業戦略、戦略構築の考え方等)で、研修については非常に新鮮で興味をもって受講できたと思う。
●異業種の方々とのコミュ―ケーションでは業務課題の共有や、共同テーマ研究ではいろいろと意見交換でき良い刺激になりました。
●いろいろな講師の方々の話を聞いて一番大事なのは自分がどうしたかのかと考えをもっていないといけないと非常に感じました。
●一番の学びとして感じている事が、事業を判断する経営側の視点を考えるきっかけを得られたことです。これまでは技術者として自身が提案したいことをどう伝えるかを考え提案をしていた部分が有りました。しかし、技術目線だけではなく事業全体を考えたシナリオが必要であることを理解しました。実現につながる提案の中には今後の成長や組織の戦略など考慮すべきことが多くあることも知ることが出来き、響かなかったこれまでの自分が行ってきた提案を思い返すと、視野の狭さや視点の低さがあった事を感じます。改めて事業を考え提案することがどういうことなのかを学ぶ良い機会となりました。
●技術戦略と事業戦略は両輪であるということで、ある事業の成否の一つには、技術開発の要否を早期に見極めることが必要。技術屋として“見る目”を持っているかがポイントだが、それを養うには日々事象に関心を持って、引き出しを増やす工夫だと感じた。
●会社や部署、立場によって考えていることや常識と思うことが異なるのは実感した。ただ、会社が違っても課題といったところは同じように考えている人も多く話してみて考えを共有するというのは非常に重要だと思った。
●講義内容については、多くの講師がデジタル化など世の中の変化と関連付けており、世の中の変化をどう活かすか考え、実践していくことの重要さを感じた。
●講義やチームでの活動を通して、情熱をもってやり続けること、人と接することが重要だと感じました。今回のチーム活動においても、1人が実際にベトナムの生活用品が売っているお店に行き、売っているお菓子のジャンルの調査や試食をしていました。それに影響を受けて他のメンバーも積極的に調査にでかけるようになりました。机上だけで分析ではなく、自分の五感で感じて調査するということの大切さも学ぶことができたと思います。
●最初の講義で、細谷先生に自由に意見を言える雰囲気、安心感を与えることが大切であると言われたことが、今回の研修を通じて意見を言い合える雰囲気の重要性を実感できた。チームによるワークを経験し、チームの雰囲気が自由闊達な意見交換を行える雰囲気であれば、テーマに対して前向きな意見が多数出るだけでなく、出た意見を基に他のメンバーから様々な角度で新たな意見が出てくるため、結果としてより良いプロジェクトにつながることを学んだ。
●技術戦略と事業戦略理論を仮想事業構想から体系的に学ぶことができ、目の前の課題解決だけではなく、どのように技術を進歩させ将来的に事業として成長させるのかを描き示す視点を持つ必要性を強く感じた。
●当事者意識をしっかり持つことができれば、学んだ内容を活かすなど考え方も変化してくると思う。講座の中でも言われたが、自身が将来リーダーシップを発揮して事業を引っ張っていく側になると考えて動く必要があると感じた。
●新規事業の創出には既存の技術を技術的な機能で評価するのではなく、特性を捉えることで顧客に提供できる価値に変換することが重要であるという話が印象的であった。技術者として、つい技術的な視点に寄ってしまうことがあるが、先進的な技術であるかも大事だが、その技術が顧客や事業にどういう価値を提供できるかという視点も大切にしたい。

会場(東京)

日本能率協会・研修室(東京)


〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
TEL: 03-3434-6271


交通アクセス


東京メトロ日比谷線 神谷町駅 3出口 より徒歩7分
都営三田線 御成門駅 A1出口より徒歩5分
都営大江戸線 大門駅 A4・A5・A6出口 より徒歩12分
JR山手線 浜松町駅 より徒歩15分

※開催会場は変更する場合があります。
 その場合は別途ご案内いたします。

お申込み

参加者区分(割引参加料を適用します。当てはまる条件をお選びください。)

参加者区分

  • ※日本能率協会法人会員企業一覧を確認する
  • ※「日本能率協会法人会員参加料」は、申込区分を「個人申込(個人参加)」にした場合は適用されません。適用を希望される場合は必ず「法人申込」をお選びいただき、会社情報をご登録ください。

※団体名を入力してください。

団体名: 

参加日程

下記項目からお申込みされる日程の参加料欄にチェックを入れてください。
(複数チェック可)

・参加料にはテキスト(資料)費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。
※定員なり次第、締め切りさせていただきます。
開催期間会場タイトル参加料

開催期間

2022/10/11 (火)

2023/03/02 (木)

会場

東京
(日本能率協会 研修室)
開発・技術戦略リーダー養成コース

参加料

満席

以上の内容で申込み日程を追加する場合は、「申込み日程を追加」ボタンをクリックしてください。

〔追加済みの申込み日程〕

申込み日程を追加してください

申込み日程を追加する >>

申込み注意情報

※注意事項は必ずお読みください

すべての情報を見る

キャンセル規定及び、申込規定をご確認ください

Web申し込み以外の申し込み方法はこちらから

エクセルでのお申し込みは こちら

ファックスでのお申し込みは こちら

海外からの参加お申込みについて

海外からの参加お申込みは、 お問い合わせフォーム よりご連絡ください。

キャンセルについて

参加者のご都合が悪い場合は、代理の方がご出席ください。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通り、所定の手続きをお取りいただきます。

  1. キャンセルの場合は、 お問い合わせフォーム または、FAX(03-3434-5505)からご連絡ください。
    折り返し所定の手続きについてご連絡いたします。
  2. お送りした参加証・請求書は破棄をお願いします。
    キャンセル料が発生する場合は別途、請求書をお送りいたしますので、
    お振込期限までにお支払いください。
  3. すでにお振り込み済みの場合は、差額をご返金いたします。返金口座をご連絡ください。
  4. キャンセル料はお振込みの有無にかかわらず下記のとおりです。

    [キャンセル料・日程変更手数料]

    キャンセルご連絡日 キャンセル料
    (会場参加・オンライン参加)
    日程変更手数料
    (年度内一回限り)
    (会場参加・オンライン参加)
    開催15日前〜開催8日前
    (開催当日を含まず)
    参加料の10% 無料
    開催7日前~前々日
    (開催当日を含まず)
    参加料の30% 合宿:11,000円(税込)
    通い/オンライン:5,500円(税込)
    開催前日および当日 参加料の全額 合宿:宿泊費全額
    通い/オンライン:7,700円(税込)
  5. 無断でご欠席された場合も参加料の100%を申し受けます。

※一部セミナーにおいて上記キャンセル規定と異なる場合がございますので、
ご確認のうえお手続きをお取りいただきますようお願い申しあげます。

プログラム内容についてのお問い合わせ先

産業振興センター  お問合せフォームはこちら  TEL : 03-3434-1410

残席確認やお申込みについてのお問い合わせ先

※ 残席わずか/満席の表示がないもの、開催が1週間以上先のものについてはご確認いただかなくともそのままお申込みいただけます。
JMAマネジメントスクールお問合せフォームは こちら   TEL : 03-3434-6271

セミナーID:100293

JMA100293

開発・技術戦略リーダー養成コース

ページトップへページトップへ